九州混浴オフ会旅行記3 (別府編)

■九州混浴オフ会旅行記(別府編)3

その温泉の名は地図には記されていなかった。
昔2度ほど来た事があるのだが、どうにも行き先が不安である。
途中、クアハウスの駐車場の管理人に道を聞いたほど、判りにくい所に
この秘湯は位置する。

別府から明礬温泉に向かって車を走らせ、大アーチ橋をくぐると、
200mほどで左に入る道がある。右手が明礬薬師寺への入口なのだが、
そのまま山への舗装道を上がっていく。

しばらくすると砂利道になり、その後、急に視界が開け、
左に別府市街を見下ろす場所に出る。
そこに2叉路があり、まっすぐと左に分かれているが、ここはまっすぐ進む。

しばらく行くと道は悪路になり、大きな窪みもある。
Y氏のボルボでは、車高が低いためか、頭を打つほどの
ひどいゆれである。この道だと、4駆か小さな軽自動車しか
通れないのではないだろうか。

なんとか無理して進むと、やがて行き止まりとなる。
そこには車が5~6台駐められるスペースがあり、ここが終点。
大きな石碑の横の車止めを超え、小川の淵を歩いて登っていく。

途中、川の中を歩くような場所もあるが、そのまま進むと、
10分ほどで見晴らしの良い所に出る。そこから左手の方にあるのが
鍋山の湯(黒湯)である。

ここには、100mほどの距離をおいて黒湯と泥湯があり、まずは黒湯に入る。
もちろん脱衣所などはないので、その辺りの岩の上に脱いだ服を置いて湯に浸かる。
湯船は2つあり上の方は熱め、下の方はぬるめ。灰色というよりは、
ほとんど黒に近い湯で、他では見たことのない色だ。

IMGP2001.JPG

その後に泥湯の方に入りに行く。
いちいち着替えるのも面倒なので、みな着替えだけ持って
スッポンポンのまま入りにいく。
誰も見ていない大自然の秘湯ならではの技である。

ここの泥湯は4箇所より出ているようだ。
浴槽の下より熱い湯?泥?が湧き出ているようなので
急にお尻や足の間から熱湯が噴出す。
皆、熱い熱いといって、お湯の中をうろうろしているのが滑稽である。

また底の泥をすくって顔や腕に塗ると、酸性が強いのか、
乾いた後は肌がすべすべしてくる。
美肌成分が強いのか、女の子も顔や腕に泥パックしだした。

IMGP2003.JPG
IMGP2005.JPG
IMGP2006.JPG

そして何と言っても素晴らしいのが、ここからの眺望である。
周りはすべて山、そして遥か下には別府湾の海が見える。

IMGP2009.JPG

温泉のすぐ上では、地獄のように噴気が「シュー!」と音をたてて噴き出しており、
まさに最高のロケーションである。

IMGP2010.JPG
IMGP2012.JPG

行くのがちょっと大変だが、秘湯マニアなら是非おさえておきたい一湯だろう。

ここで1時間あまり天然の秘湯体験した後、車で姫路から来たO氏と、
飛行機で大分空港に着き、O氏の車に便乗してきた埼玉のS氏と合流し、
初日最大の目的地「別府保養ランド」を目指すのであった。

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す