「沼尻元湯 湯畑」(福島県)温泉アイドルの二人が、デンジャラスな源泉地の野湯で混浴レポート!!

皆で入れば恥ずかしくない!「沼尻元湯」混浴レポート
レポーター:温泉アイドル、佐竹ひな・文月雨音(ふづきあまね)

立ち入り禁止の場所に、こんな桃源郷が!!


温泉アイドルの「文月雨音」と「佐竹ひな」です。
今回は、福島にあるとってもワイルドな野湯体験ツアーに行くことになりました。
山道を抜ければ、こんな素敵な桃源郷のような野湯が!!
安達太良山麓に湧く、とっても素敵でデンジャラスな野湯それが「沼尻元湯」
・沼尻元湯とは?
福島県の安達太良山を流れる硫黄川の上流に毎分10,000リットルも湧出していて、 ふもとの沼尻温泉や近くの中ノ沢温泉の源泉になっているのが 「沼尻元湯(ぬまじりもとゆ)」です。
源泉が流れ出した川自体が温泉になっており、大迫力の野湯気分が味わます。


それと沼尻元湯へは、歩いて行かないと行けない場所にあります。
まずはじめに書いておきますが、この源泉地帯は硫化水素ガスの発生地帯であり、 無風時には有毒ガスが溜まる事もある危険地帯だということです( ゚Д゚)
すでに上流の方では死亡事故も起きています。

ここはふもとの「沼尻温泉」「中の沢温泉」の源泉となっております。
危険区域キワキワの源泉地帯ですので、本当はオススメしたくないのです。
行く時は現世でやり残したことの無い状態で行ってください。
沼尻スキー場のところから、こちらのダート道を車で上ると登山口になります。(4駆でないと底を擦っちゃいます…)
こちらが登山口の駐車場です。

沼尻元湯に行くには2つのルートがあるのですが、 右のルートは登山道のきついルート。


景色は非常に良いのですが時間がかかるのと、沼尻元湯付近は急な坂道になって軽装備では、危険とのこと。
わたしたちは比較的楽な左のルートを選択することにしました。

こちらも登山道なのですが、源泉から引くパイプの横に併設された道で 登山道という感じはしません。



所々に幅15センチくらいの鉄板しかない橋があり、そこを通り抜けていかなければなりません。登山に慣れていない女性や、 スニーカーシューズを履いていかないと歩けないようなワイルドな箇所がいくつもあります。
歩いて行くと絶景ポイントが何か所かあります。

歩き始めてすぐに左前方に「白糸の滝」が見えてきました。特にここは絶景のポイントです。


途中から道の横には沼尻温泉と中の湯温泉街まで伸びる源泉が流れている配管が置かれています。

途中何度も登山客の人たちとすれ違うので、挨拶をすることに。
たぶん温泉に入りに行こうっていう女性って、私たちくらいなもんだねーって笑っていました(^-^;
沼尻元湯までの道のり(源泉配管の上に板が敷かれています)

途中、源泉の吹き出る箇所も有ります、結構デンジャラス!( ゚Д゚)


そろそろ、源泉に近づきました。


「ここが温泉です、素晴らしいですね」



早速、女性用の着替えのためのテントを立てました。

さっそく晴れ女「佐竹ひな」が「天気の子」にあやかって「てるてる坊主」つけた傘で、今日1日雨が降らないようにとお祈りすることに。


びっくりしましたよ!ここにも鳥居があるなんて(゚Д゚)ノ(天気の子観れば、その意味が判ります)

これで万全です!すると前日までの雨が嘘のように晴れわたりましたよ(*´з`)
さっそく、衣服を脱いで入る事にしました。

着替え用のテント、せっかく用意してくれたのですが、裸族3人、もう誰も見ていないからと、そこらの岩の上に服を脱いでスッポンポンになっちゃいました!(^^)!
硫黄川に近づくとかなりの硫化水素臭が漂ってきます。
咳き込んだり、目にしみるようでは危険なのですが、風も吹いていて有毒ガスの心配はなさそうです。

どこの箇所も大自然の野湯のため、入っている人全員がスッポンポン。

源泉は、とても熱くて触れない位の高温なのだが、最近は雨が多いためほどよく湯温が低下し入りやすいとのこと。
川底から源泉が湧くのではないので、尻焼温泉や 川湯温泉「仙人風呂」のように、 お尻が熱っ!ってこともありません。
きれいに白濁したお湯は、ちょうど適温で硫黄の匂いが強い。 底をすくうと、大量の湯の花が採集できます。

身体につけるとお肌がスベスベになるのですよ!
ふー、やっと落ち着いた(;´Д`)

こんな、大自然の中なので 誰も見ていないから恥ずかしいということはないとのこと。
無粋にも水着やタオル巻き入浴だと勿体ないですネ…(^^ゞ
ただ、お湯自体は強酸性湯なので少しピリピリするので、目に入らないよう気を付けなければならないです。
わたしたちは、2時間ほど沼尻元湯の野湯を堪能したのでした(*^^*)
温泉DETA
沼尻元湯(ぬまじりもとゆ)
住所:福島県耶麻郡猪苗代町大字沼尻(沼尻スキー場奥)
営業時間: 日の出~日没定休日
※11月~5月迄の間は雪のために入れません。
駐車場:あり(無料)
泉質:酸性-カルシウム・アルミニウム-硫酸・塩化物泉
効能:胃腸病・糖尿病・神経痛・リウマチ・皮膚疾患…etc.
バスタオル巻き:OK(水着も可)
・・・・・・・・・・・

◆可愛い女子と混浴温泉旅行!非日常体験を味わいたい方はこちら
全国秘湯・露天風呂愛好会「なちゅらる」★毎月定期オフ会開催!
https://konyokuroten.com/

◆素人女性が秘湯に体当たりレポート!
有料動画配信サービス「秘湯女子図鑑」
http://onsen-photo.com/

◆自称「湯ちゅうば~」素人美人が全国の秘湯を体験レポート「秘湯女子ちゃんねる」(無料配信)※チャンネル登録してネ!
https://www.youtube.com/channel/UCvF-xaKF848nLaV3AHWEBMQ


◆学園アイドルが、温泉復興のために、ひと肌脱ぎます!
人気絶頂コメディ小説「東京テルマエ学園」

https://tokyo-terumae.com/

関連記事

  1. ■2012年4月度、湯西川温泉オフ会レポート4

  2. ■2011年12月度「草津・尻焼温泉混浴オフ会」レポート.3

  3. 10月度、ハロウィンコスプレパーティ!!

  4. シャルソンならず、シャルコンとは? 2016年10月度、西伊豆オフ会レポートPart.1「恋人岬編」

  5. ■2015年6月度 伊豆・ゾンビ体験プロジェクトin 下田。お風呂で合コンカップリングツアーレポート.2

  6. ■2015年5月度、奥飛騨・白骨温泉ツアーレポートⅣ「佳留萱山荘編」

禁断の秘湯「沼尻元湯」に温泉アイドルがタオル1枚混浴レポート(レポーター:天灯リケ)

温泉アイドル3人旅!絶景の露天風呂に行ってきました~!!(レポーター:高原リオ・花音・みゆう)

「秘湯女子図鑑」野湯シリーズ第一弾。河原を掘ったら温泉が湧いてきた!こんな大らかな野湯が日本にあったなんて!?長野県・切明温泉河原の湯(レポーター:天灯リケ)

神奈川・箱根温泉「箱根パークス吉野」新世紀エヴァンゲリオンの聖地巡礼レイとアスカがレポート「箱根温泉」(レポーター:高原リオ・天灯リケ)

女子大生りんかとOL蘭のWAKUWAKU温泉レポート💛by 温泉モデル櫻野凛華・卯月 蘭

混浴ツアー

混浴ツアー

●LINEオープンチャット「温泉アイドルと旅してみませんか」

会員登録

お問い合わせ