天然のジャグジー!川原毛大湯滝レポート

これがホントの天然温泉!川原毛大湯滝です!!

数ある野湯の中でも、抜群の知名度を誇るのがこの川原毛大湯滝。 見ての通り、どこからどう見ても、滝なのですが・・・ そう、滝なのです。 実際に浸かってみるまでは、凛華にも信じられなかったのですが、正真正銘の温泉なのです。 場所は、秋田県湯沢市。 なんと、この湯沢市は第99代首相に就任した菅義偉氏の出身地なのです。しかも生まれ育ちは秋田県秋ノ宮村(現・湯沢市秋ノ宮)。この川原毛大湯滝のすぐ近く。 9月の4連休に行ったものだから、地元は首相誕生に大フィーバーでした(^-^) 川原毛大湯滝は、日本三大霊地の一つである、川原毛地獄で湧いた湯が流れている巨大な滝そのものが温泉という非常に豪快な温泉なのです。 いたる所にこういう看板があります。(デンジャラス近づくなということです) 温泉は豪快ですが、初めて行くときのアクセスは難解です。 地獄に行くと言うからには、まずは閻魔大王のいる三途の川の橋を渡っていきます。 「温泉アカデミー倶楽部」専属レポーターの櫻野凛華ちゃん 川原毛地獄の西側に温泉はありますが、近辺で有名な『泥湯温泉』側から向かおうとすると遠回りになるので、北にある県道51号から林道を南下していきましょう。この林道の終点が駐車場になるので、迷わず到着できるはず! すると川原毛地蔵菩薩の前の駐車場に到着。川原毛地獄から歩くのに比べて大きくショートカットになります。高低差もあり、帰りのことを考えるとここに車を停めるのが間違いないでしょう。

駐車場から見た川原毛地獄

以前からうわさに聞いていたババヘラアイス。この川原毛大湯滝駐車場にもあると聞いていたのですが、コロナの影響なのかババヘラのおばあちゃんはいませんでした。残念…( ;∀;)

もちろん秋田まで来てババヘラに出会ったなら食べない理由はありません。見てくださこの美しい盛り。バラの花をあしらった盛り方のため、専門用語で「バラ盛り」と呼ぶそうです。味は昭和を感じる素朴さ。だがそれがいいとのこと。

では今から、川原毛大湯滝に出発します!

こちらの山道を歩き始めます。

すぐに橋があり、川からは湯気も。看板には「この付近熱湯につきご注意下さい」とあり、期待が高まります。

しばらくゆるやかな道を歩いていきます。

滝の音が聞こえてきて木陰を降りて行くと、眼下に小屋が。そろそろでしょうか。

視界が開けると、目の前に滝!そして気持ちよさそうに川に浸かる人が大勢!!

これが川原毛大湯滝です。もう圧巻としか言いようがありません。 ここまで来たらもちろん入るしかないですね(^-^)。

奥の小屋が更衣室(男女別になっています)なので、ここで着替えても良いですが最初から水着着用を強くオススメします。

入浴できる時期は常に入れ替わり立ち代り観光客が訪れて写真撮影もしていますので、残念ながら全裸は薦められません(^-^;

ちょうどこの時の湯音は40度くらいで最適。寝転んで寝湯のように楽しんでもいいですし、深め(とはいえ1m弱です)の滝壺にしっかり浸かるのもいいでしょう。

浮き輪が有れば天然のジャグジーが楽しめます💛         

reiちゃんも、今から滝壺に飛び込みまーす!!

滝の勢いで、浮き輪がどんどん流されます!

もちろん大自然の打たせ湯として滝行に励んでみるのもいいですが、かなりの水圧です。極楽なのか修行なのかよく分かりませんが最高なことだけは確かです。

ちなみにここのお湯、臭いはそこまで強くありませんが目に染みると結構痛いです。 滝に向かって左側から中腹まで登ることができ、こちらがおひとり様用の打たせ湯になっています。水しぶきが目に染みるので長くは入れませんが滝を目の前に眺めながらの入浴は天国です。

場所を移動して、水深の浅い場所では寝湯のようにして楽しむことも出来ます。 お湯も熱すぎず温すぎず、温かな日差しに頬を撫でる心地よい風に、うかうかしているとそのまま眠ってしまいそう。

足湯、打たせ湯、寝湯など、入りようによって楽しめるっていうのも面白かった。 滝湯といえば他に、北海道の『カムイワッカ湯』が有名ですが、あちらは登山の技術が必要だったりとハードルが高いのに対し、この『川原毛大湯滝』は小さいお子さんでも不安なく来ることが出来て楽しめます。 お湯に入らない、滝を見に来ている観光客のお客さんも多くいたので、天気が悪かったり、気温が低かったりしても楽しめるのもポイントです。 首都圏からは遠いですし、公共の交通機関もありませんので、「行くぞ!」と思わない限り訪れることはないかと思いますが、野湯としては安全に楽しめるし、混浴とはいえ水着着用、足湯だけもOKなど、女性もさほど抵抗感なく楽しめると思います。

秋田に来られた際は、時間をとって、ちょっと足を伸ばしてみることを是非是非、おススメしちゃいたいと思います!

■川原毛大湯滝
住所:秋田県湯沢市高松字高松沢国有林内
電話番号:0183-55-8180(湯沢市役所観光物産班)
所用時間(車):須川IC(湯沢横手道路)から車で30分
駐車場:あり 営業時間:00:00~24:00(日没後は入らないように)
定休日:なし
入浴料:無料
泉質:酸性―含二酸化炭素・鉄(Ⅱ)―塩化物泉
効能:きりきず、やけど、慢性皮膚炎、慢性婦人病他
「地獄」と呼ぶにふさわしい全国屈指の強酸性泉です(^o^)

・・・・・・・・・・・

櫻野凛華ちゃんとReiちゃんと旅する温泉ツアーは「温泉アカデミー倶楽部」より
●大人の非日常体験「なちゅらる」
https://konyokuroten.com/
※こちらからイベント参加可能です。

●女子力アップのお役立ちマガジン「Nana Channnel」
https://nana-channel.com/
※こちらからも参加可能です。

●温泉アカデミー倶楽部(Youtube)
https://www.youtube.com/watch?v=9WFg4T1wkHA
※チャンネル登録してネ!
●Facebookチャンネル「温泉アカデミー倶楽部」

 

関連記事

  1. ■10年7月度「渋温泉混浴オフ会」旅行記.2

  2. 奥志賀・万座・草津混浴旅行体験記

  3. ■2011年8月度、「伊豆カップル温泉旅行記」その1

  4. ❖舞台公演のお知らせ!!

  5. 奥飛騨混浴オフ会ルポ

  6. 温泉アイドルが行く!「現役ナース“あかね”の混浴巡礼記」群馬・水上温泉郷編 part.2

Youtube「秘湯女子ちゃんねる」人気動画(チャンネル登録してネ♪)

【箱根小涌園 ユネッサン】箱根に混浴露天風呂があったなんて!?(櫻野凛華)

【奥湯西川温泉 上屋敷 平の高房】温泉アイドル混浴〇裸レポート(櫻野凛華)

【混浴貸切り温泉】温泉アイドル 絶景の混浴〇裸レポート 岐阜・新穂高温泉「焼乃湯」(櫻野凛華)

日光温泉 ホテル「カジュアルユーロ」(二葉メロ)

第4回東京テルマエ学園「女子部」、福島県「沼尻元湯」レポート(後編)(佐竹ひな・文月雨音)

温泉モデルオンラインの リモート混浴★こんなデートができるなんて💛

ホストになるには

記事モデル・読者モデル募集!

お問い合わせ