■2012年5月度、奥飛騨温泉オフ会レポート3

奥飛騨温泉オフ会レポート.3

 

■新穂高温泉「槍見館」

翌朝チェックアウト後の立ち寄り湯は、新穂高温泉にある「槍見館」。

07.08.09_01[1].jpg

数年前にリニューアルされた建物は、山宿というより中高年や女性客が好む落ち着いたフォークロアな雰囲気の宿。

lrg_10449325[1].jpg

庄屋の建物を移築したそうで、重厚な木材の力強さに圧倒される。

shinhodaka-yarimi0421[1].jpg

ロビー脇には囲炉裏の広間、ロビーから続く蔵が離れの入り口、山からの引き水で冷やされている飲み物類の絵になるロビーに、廊下の調度品など、古い家具や骨董品の趣味が良い宿である。

185c660c91d6c7666011c5561e50de9a[1].jpg

ここには大小合わせ7つの貸切と混浴の露天風呂がある。

露天風呂は蒲田川に沿って建物の下にあり、両端の出口双方から行くことができる

露天風呂のはしごをしながら小道を散策するのが楽しいかと思うが、立ち寄り湯では、いちいち着替えなくてはならないのが面倒くさい。

1248303849[1].jpg

DSC01105.JPG

バスタオル一丁で移動できればベストなんだが、せめて浴衣でもあれば、はしご湯出来るのにと思った。

泉質は肌に柔らかい単純泉。全てのお風呂が源泉かけ流し。

さていろいろ見学して吟味した結果、貸切風呂の「森の湯」へ。

DSC01508.JPG

ウッディな湯小屋の中に木造の浴槽と打たせ湯、そしてブランコに滑り台、、、と書くとまるでラブホのような造りになっているのだが、そんないかがわしさはまったく無く、かわいい動物の絵飾りがあったり、観察小屋風に小窓から外を覗けるようになっていたりして、なかなかいい雰囲気。

DSC01502.JPG

DSC01503.JPG

DSC01501.JPG

大の大人でも、こうして喜んでいる位なのだから、ここは小さいお子さんを連れて行ったほうがもっと喜ぶと思う。

DSC01107.JPG

DSC01116.JPG

槍見館の立寄り料金は700円なのだが、値段の割には充分に楽しめる温泉である。しかし、新穂高温泉の各露天風呂は、どこもオリジナリティがあり感心させられる。

「森の湯」Youtube映像 http://www.youtube.com/watch?v=GkdjpDMVqnA

最後に立ち寄り湯したのは「穂高荘 山のホテル」

ケーブルカーに乗って、下に降りれば広大な混浴露天風呂がある名物ホテル。

DSC00437.JPG

1110karukaya_047.JPG

混浴の大露天風呂には、すでに入浴客がいたので、貸切露天風呂の方に移動した。ここは貸切露天風呂の割には、かなり広い。

20人前後が同時に入っても、まだ余裕があるのである。

12-05-OKUHIDA-080.jpg

12-05-OKUHIDA-083.jpg

なお、この様子は「OKBが行く!ミス混浴・秘湯の旅レポート"春の奥飛騨編"」にて公開!

視聴方法は http://www.konyokuroten.com/

 

☆★╋╋…‥・━╋…・・☆★・★☆・・‥…╋━・‥…╋╋★☆

混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」 

PCmail:natural@herb.ocn.ne.jp
携帯メール:do-pal@docomo.ne.jp
WEBサイト http://www.konyokuroten.com
携帯HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=011211
混浴オフ会ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/konyokuonsen/
facebook・mixi 「混浴オフ会に参加しませんか?」
http://www.facebook.com/profile.php?id=100000479644204#!/profile.php?id=100002124906485
※「只野温泉」で検索下さい。お友達になりましょう!

 

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

“■2012年5月度、奥飛騨温泉オフ会レポート3” への1件の返信

コメントを残す