「人民ネット」に、なちゅらるが紹介されました!

台湾の人民ネットのニュースによると、最近日本の若い女性の間で
“混じって入浴する”混浴現象が起きているとのこと。
ただ面倒なのは、よくない分子が女性を注視してかき乱すので、これを日本で“ワニ”と称させられます。

――たとえば衣服を脱ぐ間に女性が到来するのを待ち伏せするワニや、
温泉に入りながら、女性が入って来るたびに話し出す“おじさんのワニ”などをその一例です。

日本のWebサイトでは、日本の温泉の随筆家の「山崎ひろみ」さんが“ワニ”に出会ったことがしばしばあり、
“衣服を脱ぐ間に、服を脱いで出てきた後に1名の男性がじっと見ており、しっかりと私の後ろに付いていき、
温泉に浸かる後も付いてきます。また別の男性は私のそばに行って座ります。
男性たちは温泉のあちらこちらを観察しており、こういった男性の習性を“冬眠するワニ”といいます。

また日本の関東の某温泉旅館は、“面倒なのは大学生のような若い男性客が、
女性客が温泉に入ってくるたびに、混浴露天風呂に入って来て女性客に話しかけに行くので、
旅館のご主人が、その兆候がでるたびに警告に行くとのこと。

特に週末は、20歳余りの若い女性の客がたくさん来るので、旅館側が更に慎重になるとのこと”。

日本最大級の混浴サークル“なちゅらる”管理人の“只野温泉氏”は
各種の“ワニ”の存在に対して心配しており、メンバーさんに対しても警告しております。
“私達の輪は人と人との交流を促進するのために、このサークルが存在しており、
エロ目的の人やわいせつ行為をするような人の加入を拒絶します。”

との紹介コメントが発せられたようです。

特にお隣の中国や台湾では、ツアー客から「日本の混浴温泉」に入りたいという
男性の観光客からのリクエストが多く、ツアー会社を悩ましているみたいです。

ルールとマナーを守って入るのなら問題ないかと思いますが、
好奇心によるエロ目的のためだけに来られると、
世界各国に悪い影響を与え、日本の混浴文化がますます廃れていきます。

正しい混浴とは何か?

一度「混活サミット」の「混活講座」に参加し、「混活認定試験」も受けて頂ければ
正しい混浴知識が身に付き、日本古来の混浴文化を継承できるものと思っております。

●第2回混浴サミットを開催します。
http://konyokuroten.com/?p=9918

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す