■09年10月度「奥飛騨混浴オフ会」旅行記.2

■09年10月度「奥飛騨混浴オフ会」旅行記.2

信州のそばの名産地といわれているところは
うまいそばの代名詞「霧下そば」が穫れる高原が多い。                      平成合併で新松本市に編入された旧安曇村にある                       乗鞍高原もそんなそばの名産地の一つである。

乗鞍岳の東麓に広がる乗鞍高原は、標高2,000m以上の 
場所にあり、朝夕の寒暖の差が激しい気候と、水はけの良い
火山灰地なので、美味いそばが実る好条件を備えている。

そば畑は広い高原に点在しているのだが、そばやとしては
番所(ばんどころ)地区にある。
さて、その番所のそばやとしても有名な「いがや」

いがや外観

m[1].jpg

われわれ御一行は、有名な「そば定食」を食べてみたので、                 レポートをまじえ紹介しよう。                                    何せ、このそばやも食べるのに待ち行列が出来るほど
人気のそばやなのである。

番所のそば処「いがや」

●番所のそば処

番所(ばんどころ)のそばやは、旧野麦街道(国道153号線)の
沢渡(さわんど)の手前にある前川渡(まえかわど)を左折し、    
県道乗鞍線を少し走るところにあるバス停「番所」の近くにある。

番所は、乗鞍高原三滝巡りで紹介した「番所大滝」があるところだ。
首都圏から行くなら中央道の起点「高井戸」から長野道「松本インター」   
まで208km・2時間40分ほどかかるが、そこから約1時間を見込めば    
いいから、12時前には着ける。    

●いがやは地元区営のそばや

「そば処 いがや」についた時は、昼食時間の間だったが、
現地合流のメンバーがあらかじめ席を確保していてくれたので、         
団体12名だったのだが、直ぐに食堂の座卓に座る事が出来た。        

店内の食堂は、木造の板張りで、開け放たれた窓からは
涼風が爽やかで、明るい心地良い部屋だった。  
窓からは水車小屋が見え、晴れていると乗鞍岳も見えるというが、
あいにく山景色は雲の中だった。

「いがや」は地元の(株)大野川区営企業が経営するそばやで、 
そこの名物「そば定食」を全員注文した。

いがやのそば定食:煮物と鱒のぶどう葉寿司

いがやの、そば定食(1200円)は、ざるそばの他に地で獲れた
野菜の煮物と鱒のぶどう葉寿司が付いているセットメニューだ。

最初にシャキシャキとした青い野沢菜が出てくる。
次が煮物、それから押し寿司(鱒のぶどう葉寿司)。
それを食べ終わった頃、最後にそばが出てくる。
挽き立て・打ち立て・茹でたての三立ての
そばを食べられるという趣向だ。

img_3424-1[1].jpg 

野菜の煮物

小鉢に盛られた煮物は、地の野菜畑で穫れた人参や
牛蒡・大根などの野菜を薄味で味付けしてある。
これもなかなか旨い。

鱒のぶどう葉寿司

大きなぶどう葉でくるんだ押し寿司は、すし飯の中に焼いた
川魚「鱒(ます)」の身をほぐし入れてある。
夏~秋にかけてしか食べられない期間限定の料理で、
そば定食にしか付かない逸品だ。
これもなかなかいける。

素朴な地粉100%の田舎そば

いがやのそばは、店の周りの畑で穫れた玄そば
(脱穀後の、まだ黒っぽい殻をかぶったままのそばの実)
を隣の水車小屋で挽いたいわば"挽きぐるみ"のそば。
これを地元のおかみさんが、昔からの農家に伝わる手法を使った
"繋ぎを使わず打つ蕎麦粉100%(十割そば)の田舎そば"だ。
打つ人によって微妙に味が違うらしいが旨いそばだった。

それを乗鞍岳から流れてくる冷たい水で一気に締めることで、
シャキッとした茹で立てのそばが食べられるという訳だ。

出てきたそばは、色は黒くて太いが、腰が強く、
口の中にそばの香りが広がり、素朴ではあるが、
いかにもそばらしい味がする、美味しいそばであった。

そばつゆも何か懐かしい愛情のこもった味とでもいおうか、
それがそば定食の煮物・押し寿司・手作りの漬け物
全てに感じ取れる、おふくろの味を通り越して
おばあちゃんの味であった。

人気のそばおやき

団体で入ったからか?そばを食べた後サービスで、
そばおやきをつけてくれた。
後で聞いたのだが、このそばおやきは、そばより
早く売り切れるという人気のメニューなのだそうだ。

img_3417[1].jpg

そばがきを焼いたような、中には具も無く、
文字どおりそばだけのおやきである。
ネギ味噌を載せこんがりと焼いただけなのだが、
香ばしくて素朴な味は、そば定食で満腹なのに
ペロリと美味しく頂いてしまった。

●名称:そば処・いがや
●住所:〒390-1506 松本市安曇3972-2
●電話:0263-93-2169
●営業:10時30分~15時・定休日:第3水曜日
●交通:長野道松本IC~国道158号(前川渡)
    左折県道乗鞍線番所バス停を左折
●地図:
Yahoo!地図情報 – 長野県松本市安曇(大野川)の周辺地図

次回につづく

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」
PCmail:
natural@herb.ocn.ne.jp
携帯メール:do-pal@docomo.ne.jp
HP http://www.do-pal.com/nature/
携帯HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=011211
混浴オフ会ブログ「

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す