■2015年10月度、岐阜・奥飛騨温泉レポートⅢ(新穂高温泉「槍の郷」編)

新穂高温泉には、数々の混浴できる露天風呂が存在する。

宿泊した「佳留萱山荘」以外にも、「新穂高の湯」「槍見館」「深山荘」「穂高荘山のホテル」etc

その中でも翌朝、立ち寄り湯したのは、「深山荘別館 槍の郷」
pict-DSC00427

そう、あの有名な混浴露天風呂を要する「深山荘」から 1キロくらい手前に位置する、別館の温泉宿である。

・温泉美人「槍の郷」動画
https://www.youtube.com/watch?v=XREVvWNIcD8

大きな露天風呂のある新穂高の宿「深山荘」の別館とのことだが、最近は「槍の郷」と独立した名で呼ばれている。

有名な無料露天風呂「新穂高の湯」のすぐ近くにもあり、 新しくてちょっと洋風な感じの外観である。

日帰り入浴できるのは貸切露天風呂のみ。

貸切露天は蒲田川沿いに3つあり、「山伏の湯」「子宝の湯」「タルの湯」と分かれている。

まず入浴料2000円を払って、「山伏の湯」に入ることに。
pict-RIMG2523
pict-RIMG2524
なぜか、この露天風呂。 湯船のど真ん中にブランコがある!
pict-DSC_2347
キャーキャーっと、ブランコに乗って大騒ぎの指原似のHちゃん。
pict-RIMG2529
pict-RIMG2531
pict-RIMG2528
pict-RIMG2536
家族連れ用なのか、 おまけに浮き輪や、エアーマットまである。
pict-DSC_3073
pict-DSC_3081

さしずめ、温泉というよりは温水プール。

なぜ、何のために付けたのかは判らないが、女性陣には非常にウケた…。

 浮き輪で遊ぶ女子たち。
pict-RIMG2553

男性陣の手でバルーン送りならず、浮き輪送りが始まった(笑)
pict-RIMG2544
pict-RIMG2538
pict-RIMG2541
ギネスに挑戦!!浮き輪に何人入れるか?(笑)
pict-RIMG2556
pict-RIMG2550  

もう一つの「子宝の湯」には、岩を組んだ大きな湯船に木製の唐傘のような屋根がかけられ、丸太の樋から湯がどぼどぼと注がれている。

湯は一瞬とても熱く感じるが、入ってしまうと気持ちのいい適温。

湯は弱い硫黄臭、薄い硫黄味で滑らかな肌触り、茶色っぽい細かい湯の花も漂っている。

湯口の湯は湯量たっぷり、ちょい熱めだが触れない温度ではない。

pict-DSC_3021
pict-DSC_3023
pict-DSC_0007
pict-RIMG2566
打たせ湯もある。
pict-DSC_3029

pict-DSC_0055
pict-DSC_0023
pict-DSC_0026
pict-DSC_0029
貸切露天風呂なので囲いはあるが、バックには紅葉の素晴らしい景色が!
pict-DSC_0166
pict-DSC_0178
pict-DSC_0191
pict-DSC_0263
pict-DSC_0249
そして子宝の湯と言えば・・・男性のシンボルのオブジェが・・(笑)
pict-200711.8.20yarimikan%20(13)[1]
笠を取るとかなりリアル。
pict-DSC_2352

このオブジェを抱っこすると子宝に恵まれるらしい。

本当かどうかは知らないが、女の子たちは入れ代わり立ち代わり抱っこすることに(笑)
pict-DSC_2351
これぞ、ポールダンス(笑)
pict-RIMG2558
pict-RIMG2559
pict-RIMG2565
みなさん、これで子宝に恵まれることでしょう(^^ゞ

他にも「タルの湯」というカップル専用の貸切風呂もある。
DSC_0004
DSC_0003
なんだかラブホテルっぽい貸切露天風呂のオンパレード。

また、ここの温泉、日本初登場の「尻湯」がある。
pict-RIMG2623
pict-DSC_3520
この穴の上に座ると非常に気持ちがいい。
siriyu[1]

pict-DSC_3521

pict-DSC_3522  
足湯に浸かりながら、お尻の穴も温められる。
(痔には良いかも…)

長時間座ることはできないが、なぜか落ち着くのだ。

ここに座って見える景色は、穂高連峰 槍ヶ岳。
pict-DSC_0092
このすぐ横には、熱い温泉でできた、その名も「地獄玉子」と冷水でよく冷えたラムネが無人販売している。
pict-DSC_3524
pict-DSC_3523

■新穂高温泉「槍の郷」

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾4-8
電話:0578-89-3434
日帰り:立ち寄り入浴可能
時間:10:00~16:00
料金:大人500円、小人300円
貸切風呂(40分):2000円(4名まで、1名追加500円)
貸切露天風呂「山伏の湯」-貸切露天風呂「タルの湯」-貸切露天風呂「子宝の湯」
ジャグジー露天風呂 – 内風呂 – 足湯・尻湯・飲泉場
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩、塩化物温泉(低張性中性高温泉)
効能:神経痛・リウマチ・肩こり・腰痛・婦人病・更年期障害・水虫・やけど
湯の色:無色透明・粘土質の灰白色の濁り
飲用:可
におい/味:かすかな硫黄臭・無
アクセス:長野自動車道を「松本I.C」で降り、国道158号線を高山方面へ約78Km
「高山I.C」にて下車し、国道158号を約57Km

■北アルプス大橋
pict-img_0[1]

新穂高温泉の中尾高原より新穂高ロープウェイ第2乗り場へ向かう鍋平高原とを結ぶ大橋。

全長150m、高さ70mの絶景ポイントでドライブルートとしても人気のスポットである。

特に、秋の紅葉がそれはそれはみごととしか言い様のない風景となります。ここの周辺だけでしばらくは過ごせるほど。北アルプスの雄大さが手にとる様です。

中尾と鍋平の両高原の谷間に架かる大橋からの景観は格別です。

紅葉はシーズンの峠を越してはいたものの、それでも北アルプスの峰々などとのコントラストは一見の価値ありでした。

錫杖岳(シャクジョウダケ)や笠ヶ岳などが望め、そして槍ヶ岳も顔を覗かせてくれています。
pict-DSC_0290
pict-DSC_0297
美女と一緒に記念撮影
pict-DSC_0311
あまりにも見事な景色なのでポートレート撮影会が始まりました!
pict-DSC_0317
pict-DSC_0324
pict-DSC_0334
pict-DSC_0347
pict-DSC_0387
pict-DSC_0502
pict-DSC_0513
ここでしか味わえない景色です。天気も快晴で山岳撮影、ポートレート撮影スポットとしても最適な場所でした(^O^)/

15年10月度、奥飛騨ツアー編終わり

●混浴体験ツアーに参加されたい方はこちらから!
http://konyokuroten.com/

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!