■2015年9月度、みちのくオフ会レポート1

=みちのく秘湯の旅=
日本には素晴らしい名湯・秘湯があるんだが、遠方であったり、交通が不便であったり、個人では、よほどのきっかけがない限り、行きにくい場所が多いのも事実。
「なちゅらる」では、「日本秘湯を守る会」の加盟旅館や、人気の温泉宿など、「秘湯の会」以外の宿も組み合わせ、毎月のように全国の名湯・秘湯でオフ会を開催し、混浴露天風呂で男女を問わず一緒に湯に浸かり、コミュニケーションを深めるとともに、日常のストレスを発散させている。
言わば、大人のための「究極の癒しのツアー」って言っても過言ではなく、毎回30名~多い時には、50名位の方がツアーに訪れる。
通常、独身男性の参加が多いのだが、意外と所帯持ちの男性もたくさん訪れる。
奥さんに何と言って出かけるのですか? と聞くと大抵は、
「妻に内緒!」だそうである。
「会社の慰安旅行」「ゴルフ接待旅行」「町内会の集まり」が主な理由だそうだが、中には、医者や弁護士のような方は、「セミナーや、学会の集まり」だと言って出かけているようだ。
150904_AA_1277[1]
まぁ「混浴ツアーに行く」と言って、ふつう「行ってらっしゃい!お土産お願い」なんて言われて来るような、出来た妻などいないだろうから、毎回のように参加される所帯持ちの男性は、いったいどんな理由で毎回奥さんに断って出かけるのか、非常に興味がある(笑)
昔は、郵送で送ったりしていた時には、わざわざ局留め郵便で送ったりなんかして気を遣ったものであるが、最近はインターネットも発達し、オフ会に参加される男性には、PCアドレス(最近スマホでも詳細が見れる)に案内文を送っているので、参加要項を、わざわざ家に送ることなどしない。よって家族にバレルことは、まずないのである。
さて、最近のオフ会に訪れるユーザーさんたちも、年ごとに趣味・嗜好が変わってきており、以前は山奥の秘湯や混浴風呂に出かけるだけでも満足してたのが、今では様々な人の要望に応えていくためには、「なちゅらる」ではあえて、「混浴ツアー」をエンタティメント化せざるを得ない状況になってきている。
よその温泉愛好会では、どうしているか知らないが、うちでは一般女性に “混浴に行こう!” と参加を呼びかけても、まず素人女性など滅多に来る訳ないので、温泉取材ロケ(ブログ等で発信)を名目で、モデルさんや、役者の卵、学生さんに参加してもらっている。
もちろん実際に温泉取材ロケも行われており(すでに50回以上動画配信中)
ロケに参加するモデル・レポーターさんは、実際に「オフ会」でも、参加者と一緒に夕食や、2次会参加だけでなく、一緒に温泉にも入ってくれたりして、メンバーさんとのコミュニケーションを図っている。
pict-DSC00410
pict-DSC01319
年々モデル・レポーターも増えていき常に新しい子も応募されるため、今では誰をどのツアーに連れて行こうか悩むことも多い。
ただし連れて行くからには楽しくないとメンバーさんからブーイングが来ることも多いため、やはりコミュニケーション能力の高い女性でないとツアーが 盛り上がらないので、いつもよく参加する女性は、気さくで愛想の良い子が多いのである。
次回に続く

関連記事

  1. ■2012年6月度、伊豆・混浴オフ会レポート3

  2. 08年10月度、奥飛騨混浴オフ会旅行記

  3. 奥塩原新湯温泉は、濃厚ミルクのようにスベスベお肌になれる極上にごり湯♪(レポーター:星野七星)

  4. ■2016年6月度、アイアムアヒーロー!!混浴カップリング&ホラー体験ツアーin 伊豆レポートPart.1

  5. 2012年10月度、奥飛騨オフ会レポート2

  6. ■2014年6月度、伊豆コテージ貸切り、ねるとんカップリングオフ会レポート!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

禁断の秘湯「沼尻元湯」に温泉アイドルがタオル1枚混浴レポート(レポーター:天灯リケ)

温泉アイドル3人旅!絶景の露天風呂に行ってきました~!!(レポーター:高原リオ・花音・みゆう)

「秘湯女子図鑑」野湯シリーズ第一弾。河原を掘ったら温泉が湧いてきた!こんな大らかな野湯が日本にあったなんて!?長野県・切明温泉河原の湯(レポーター:天灯リケ)

神奈川・箱根温泉「箱根パークス吉野」新世紀エヴァンゲリオンの聖地巡礼レイとアスカがレポート「箱根温泉」(レポーター:高原リオ・天灯リケ)

女子大生りんかとOL蘭のWAKUWAKU温泉レポート💛by 温泉モデル櫻野凛華・卯月 蘭

混浴ツアー

混浴ツアー

●LINEオープンチャット「温泉アイドルと旅してみませんか」

会員登録

お問い合わせ