聖地巡礼「飛騨地方」が今熱い!! 2016年11月度、美女と一緒に奥飛騨の紅葉と秘湯を満喫オフ会レポートPart.3「奥飛騨の紅葉と、槍の郷」編

新穂高温泉には、数々の混浴できる露天風呂が存在する。
宿泊した「佳留萱山荘」以外にも、「新穂高の湯」「槍見館」「深山荘」「穂高荘山のホテル」etc
その中でも翌朝、立ち寄り湯したのは、「深山荘別館 槍の郷」
pict-DSC00427

そう、あの有名な混浴露天風呂を要する「深山荘」から 1キロくらい手前に位置する、別館の温泉宿である。
大きな露天風呂のある新穂高の宿「深山荘」の別館とのことだが、最近は「槍の郷」として独立した名で呼ばれている。
有名な無料露天風呂「新穂高の湯」のすぐ近くにもあり、 新しくてちょっと洋風な感じの外観である。
日帰り入浴できるのは貸切露天風呂のみ。
貸切露天は蒲田川沿いに3つあり、「山伏の湯」「子宝の湯」「タルの湯」と分かれている。
まず入浴料2000円を払って「山伏の湯」に入ることに。
dsc_7474
pict-RIMG2523
pict-RIMG2524
なぜか、この露天風呂。 湯船のど真ん中にブランコがある!
pict-DSC_2347
家族連れ用なのか、 おまけに浮き輪や、エアーマットまである。
pict-DSC_3081
dsc_7430
dsc_7427 

さしずめ、温泉というよりは温水プール。

ちなみにこんな風に利用してならない。
dsc_7451
なぜ何のために置いてるのか判らないが、子供にはウケるからだろう…。
もう一つの「子宝の湯」には、岩を組んだ大きな湯船に木製の唐傘のような屋根がかけられ、丸太の樋から湯がどぼどぼと注がれている。
湯は一瞬とても熱く感じるが、入ってしまうと気持ちのいい適温。
湯は弱い硫黄臭、薄い硫黄味で滑らかな肌触り、茶色っぽい細かい湯の花も漂っている。
湯口の湯は湯量たっぷり、ちょい熱めだが触れない温度ではない。
pict-DSC_3021
pict-DSC_3023
打たせ湯もある。
pict-DSC_3029
pict-DSC_0055
pict-DSC_0023
pict-DSC_0026
貸切露天風呂からも見られる紅葉!
pict-DSC_0178
そして子宝の湯と言えば・・・男性のシンボルのオブジェが・・(笑)
pict-200711.8.20yarimikan%20(13)[1]
笠を取るとかなりリアル。
pict-DSC_2352

このオブジェ。抱っこすると子宝に恵まれるらしい。

本当のところは謎だが、女の子たちは入れ代わり立ち代わり抱っこすることに(笑)
pict-DSC_2351
みなさん、これで良い子宝に恵まれることでしょう…。
他にも「タルの湯」というカップル専用の貸切風呂もある。
DSC_0004
DSC_0003
なんだかラブホテルっぽい貸切露天風呂のオンパレード。

また、ここの温泉、日本初登場の「尻湯」がある。
pict-RIMG2623
dsc_7480
pict-DSC_3520
この穴の上にお尻の穴を置くのだそうだ。
siriyu[1]

pict-DSC_3521

pict-DSC_3522  
足湯に浸かりながら、尻の穴も温められる。
(痔には良いとのこと…)
長時間座ることはできないが、なぜか落ち着く。
このすぐ横には、熱い温泉でできた、その名も「地獄玉子」と冷水でよく冷えたラムネが無人販売している。
pict-DSC_3524
pict-DSC_3523
■新穂高温泉「槍の郷」
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾4-8
電話:0578-89-3434
日帰り:立ち寄り入浴可能
時間:10:00~16:00
料金:大人500円、小人300円
貸切風呂(40分):2000円(4名まで、1名追加500円)
貸切露天風呂「山伏の湯」-貸切露天風呂「タルの湯」-貸切露天風呂「子宝の湯」
ジャグジー露天風呂 – 内風呂 – 足湯・尻湯・飲泉場
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩、塩化物温泉(低張性中性高温泉)
効能:神経痛・リウマチ・肩こり・腰痛・婦人病・更年期障害・水虫・やけど
湯の色:無色透明・粘土質の灰白色の濁り
飲用:可
におい/味:かすかな硫黄臭・無
アクセス:長野自動車道を「松本I.C」で降り、国道158号線を高山方面へ約78Km
「高山I.C」にて下車し、国道158号を約57Km
動画配信サービス「秘湯女子図鑑」槍の郷編

超~絶景!北アルプス大橋!

新穂高ロープウェイに向かう途中、中尾温泉の方へと登っていき、
中尾高原と鍋平高原を結ぶ全長150mの橋が「北アルプス大橋」高さが70mもあり、橋の中央あたりから真下を覗き込むと、足がすくみそうになるくらい。橋から見る周りの景色は超~絶景です!橋のすぐたもとには鍋平公園があり、北アルプスを眺める展望台もあります。橋からはちょうど正面に笠ケ岳、左手に鍚枝岳を見ることができ、天気の良い日の景色は本当に素晴らしいです。これからの紅葉の頃は、また一段と素晴らしい景色が楽しめる事と思います。

■北アルプス大橋
pict-img_0[1]
超~絶景!北アルプス大橋!
奥飛騨の紅葉は素晴らしい
m_c9d8766349b52005ca9d466bae1c10311
a95427e67024cc472a04bec88bb48c1d1
112090_31
紅葉はシーズンの峠を越してはいたものの、それでも北アルプスの峰々などとのコントラストは一見の価値ありでした。
錫杖岳(シャクジョウダケ)や笠ヶ岳などが望め、そして槍ヶ岳も顔を覗かせてくれています。
pict-DSC_0290
pict-DSC_0297
あまりにも見事な景色なので、ここでひなちゃんのポートレイト撮影会(^○^)
pict-makeup_20161112192939_save
pict-makeup_20161112192851_save
pict-makeup_20161112192651_save
pict-img_20161126_105115
ちなみに現在の気温5℃(かなり寒~い!!)
pict-makeup_20161112144936_save
pict-makeup_20161112144907_save
pict-makeup_20161112144745_save
 いつも入浴シーンばかりじゃありませんョ!(^-^;
ポートレート撮影スポットとしても最高の場所でした(^O^)/
聖地巡礼「飛騨地方」が今熱い!! 2016年11月度、美女と一緒に奥飛騨の紅葉と秘湯を満喫オフ会レポートPart.3「奥飛騨の紅葉と、槍の郷」編 終わり
 ◆オフ会に参加されたい方はこちらまで
https://konyokuroten.com/
◆動画配信サービス「秘湯女子図鑑」を見たい方はこちらまで!
https://onsen-photo.com/

関連記事

  1. ■2016年9月度、信州・渋温泉オフ会、真田幸村のゆかりの地を巡る旅Part3「渋温泉」編 

  2. ◆2016年4月度、群馬 水上の秘境で湯めぐり三昧ツアー「宝川温泉・汪泉閣」編

  3. ■09年10月度「奥飛騨混浴オフ会」旅行記.2

  4. ■09年9月度「万座・草津・宝川・法師温泉オフ会」旅行記.4

  5. ■2011年12月度 「草津・尻焼温泉混浴オフ会」レポート.1

  6. 「人民ネット」に、なちゅらるが紹介されました!