■2015年5月度、奥飛騨・白骨温泉ツアーレポートⅡ「深山荘別館 槍の郷編」

   ■2015年5月度、奥飛騨・白骨温泉ツアーレポートⅡ「深山荘別館 槍の郷編」


次に立ち寄り湯したのは、「深山荘別館 槍の郷」
pict-DSC00427

そう、あの有名な混浴露天風呂を要する「深山荘」から
1キロくらい手前に位置する、別館の温泉宿である。
大きな露天風呂のある新穂高の宿「深山荘」の別館。
有名な無料露天風呂「新穂高の湯」のすぐ近くにあり、
新しくてちょっと洋風な感じの外観である。
日帰り入浴できるのは貸切露天風呂のみ。

貸切露天は蒲田川沿いに3つあり、
まずは「山伏の湯」に入浴。
まず入浴料2000円を払って貸切露天風呂に入ることに。
「なにこれ」
「キャー、ブランコがある~!」
なぜか、この露天風呂。
湯船のど真ん中にブランコがあるではないか!
pict-DSC_2342
pict-DSC_3501
ブランコに乗ってると羞恥プレイそのもの(笑)
pict-DSC_2347
おまけに浮き輪や、エアーマットまである。
pict-DSC_3081
望ちゃん、頭隠して胸隠さず
pict-DSC_3508
pict-DSC_3509
pict-DSC_3512

さしずめ、温泉というよりは温水プール。
なぜ、何のために付けたのかは判らないが、
家族連れにはウケるのだろうが、
家族で入るには広すぎるほどの露天風呂。
しかし女性陣には非常にウケた…。
「子供連れだと喜ぶんだろうな!」
おふざけで、ブランコに乗る安爺。
めがけるは、女性陣のお尻…(;´Д`)
pict-DSC_3496
pict-DSC_3497
なんともはやユニークな露天風呂である。
pict-DSC_3494
もう一つの「子宝の湯」は、岩を組んだ大きな湯船に
木製の唐傘のような屋根がかけられ、
丸太の樋から湯がどぼどぼと注がれている。
湯は一瞬とても熱く感じるが、
入ってしまうと気持ちのいい適温。
湯は弱い硫黄臭、薄い硫黄味で滑らかな肌触り、
茶色っぽい細かい湯の花も漂っている。
湯口の湯は湯量たっぷり、
ちょい熱めだが触れない温度ではない。
pict-DSC_3021
pict-DSC_3023
打たせ湯もある。
pict-DSC_3029
ところが子宝の湯だけあって、
なんと脱衣所に男性のシンボルが・・(笑)
pict-200711.8.20yarimikan%20(13)[1]
笠を取るとかなりリアル。
pict-DSC_2352

この○ンコいや、オブジェを抱っこすると
子宝に恵まれるらしいという言い伝えがあるとのこと。

本当のところはどうかは判らないが、
女の子たちは入れ代わり立ち代わり抱っこすることに(笑)

pict-DSC_2351
擦るとリアルすぎる…。
pict-DSC_3069
他にも「タルの湯」というカップル専用の貸切風呂もある。
DSC_0004
DSC_0003
なんだかラブホテルっぽい貸切風呂のオンパレード。
また、ここの温泉、日本初登場の「尻湯」がある。
pict-DSC_3520

この穴の上に座ると非常に気持ちがいいとのこと。
痔の人には良いかも…

siriyu[1]
足湯に浸かりながら、お尻の穴も温められる。
pict-DSC_3521
pict-DSC_3522
穴の上にきっちりと尻の穴にあてて座らないと
効能にならないのだが。

全裸だと恥ずかしくないのに、
なぜか女の子は恥ずかしがって座ってくれない(笑)
(なんだかここの温泉、羞恥プレイだらけ…)

pict-DSC_3518
このすぐ横には、熱い温泉でできた、その名も「地獄玉子」と
冷水でよく冷えたラムネが無人販売している。
pict-DSC_3524
pict-DSC_3523
■新穂高温泉「深山荘別館  槍の郷」
【住所】岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾4-8
【電話番号】0578-89-3434
【泉質】ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
【入浴料】2000円(4人まで入れる)
【立ち寄り湯時間】10:00~16:00
【露天風呂】貸切3、男女各1(貸切可)
http://www.yarinosato.co.jp/
次回に続く
■混浴オフ会に参加されたい方は、
https://konyokuroten.com/

関連記事

  1. 2012年10月度、奥飛騨オフ会レポート2

  2. ■2015年8月度、浴衣美人と京都おさんぽデート!京町家貸切り浴衣パーティ&撮影レポート

  3. ■13.1/26(土)~27(日)「信州・乗鞍・白骨温泉スキー&混浴オフ会」レポート1

  4. 岐阜・濁河温泉旅行記

  5. ■13.8月度、信州・切明温泉オフ会レポート1  切明温泉「河原の露天風呂」

  6. 石川県・金沢市を聖地巡礼!カニと温泉巡り「佐竹ひな」レポート 2017.2月

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。