■13年3月度「伊豆・河津桜と稲取温泉混浴オフ会」レポート4

■13年3月度「伊豆・河津桜と稲取温泉混浴オフ会」レポート4

■伊豆高原 城ケ崎温泉「花吹雪」
帰りは、OKBのモデルさんと、一部の男性メンバーと一緒に、
伊豆城ケ崎温泉「花吹雪」という旅館に昼食を兼ねて立ち寄り湯
に行くことにした。
旅館の前でみんなで記念写真を撮った後、めいめいが車に乗り込み
国道135号線を北上し、伊豆高原 に向かうことに。
ところが道中アクシデントに見舞われる。
例の村神さんの23年愛用し続けたスカイラインGT-Rが、
ついにオーバーヒートしたのである。
p1[1]
ていうか、よく23年も持ったものである。
以前からバッテリーが上がったり、ライトがつかなかったり、
ウィンドウガラスが開かない、扉が閉まらないっていった
普通の車ではおよそあり得ないアクシデントを
頻繁に起こしていたのだが(それでも乗り続ける神経には恐れ入る)
ついに、この日はオーバーヒートである。
まして村神さんの車には、OKBの女の子たちが2名乗っている。
花吹雪の昼食懐石は12時から予約しており、
3人が到着しないことには、ていうか正式に女の子が
到着しないことには、メンバーからブーイングが出てしまう。
最近は関東地区の女の子たちのマネージャー替わりとして村神さんが
モデルの女の子たちを家まで送迎してくれているもんだから、
村神さんの車が出ないとなると、替りの車がなかなか
思うように見つからない。
村神さんに現状の状態を聞いてみると、
いつもは快調なはずの車が・・・・60㌔から速度が上がらない。
次々と後続車に追い越されていき、回転数も悪くなり
・・・・ついに煙が・・・・
車を端に止めてJAFに電話してたため、
1時間後に、青いJAFの車が後ろに止まり、とりあえずレッカー移動。
近くの修理工場で見てもらってもやっぱりアウトだったとのこと。
急きょ前を走っていた別のドライバーさんにお願いして、
とりあえずは女の子二人だけ乗っけて、温泉宿に向かうことに。
ひとり残された村神さんは、一応修理工場に車を預けて、
タクシーで現場に向かったのであった。
結局、村神さんは、その後ステップワゴンを買うことに・・・・
愛車のスカイラインは、その23年の歴史を閉じることになったのであった。
村神さんの車のアクシデントで、どうなるかと思ったが、
無事にメンバーも揃い、昼食タイム。
城ケ崎温泉「花吹雪」
Y316736162[1] Y316736165[1]

ここは伊豆高原の森に佇む料理自慢の温泉宿である。
桜に因んだ料理や伊豆の幸をふんだんに使った風趣料理は、
離れの宿の座敷で堪能できる。
まずは、昼食懐石料理。
Y316736257[1]
京都127
そして貸切露天風呂へ。
26[1]
Y316736229[1]
お風呂がすべて貸切というのがいい。(全部で7か所もある)
部屋のタオルを持っていかなくても、
各お風呂にタオルなどすべて用意されているので、
散歩しながらふらっと立ち寄れる。
立地も広い敷地内に森の中の宿泊棟とお風呂が点在する形で、
ふつうの旅館にはない自然を楽しめる。
もちろん入浴だけの利用もOK。
ここで、メンバーさんとOKBのモデルさんとの間で、
楽しく混浴しながら、日頃疲れた身体を癒されて無事に帰ったのであった。
DSC_0005
DSC02730
DSC02689
DSC02693
ただ一人のアクシデントに見舞われた人を除いて…。
■伊豆高原・城ヶ崎温泉 花吹雪 
住所:静岡県伊東市八幡野磯道1041
電話:0557-54-1550
交通:東京駅から伊豆高原駅まで踊り子号で約2時間
伊豆高原駅下車徒歩約13分
立ち寄り湯利用時間:11:00~14:00
貸切(50分入れ替え制)
入浴料金:御1客1,500円
※お料理とセットの場合入浴料金は御1客1,200円
泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物・硫酸塩温泉
効能: 神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え症、慢性皮膚病、
病後回復期、疲労回復等

関連記事

  1. シャルソンならず、シャルコンとは? 2016年10月度、西伊豆オフ会レポートPart.1「恋人岬編」

  2. ■2010年2月度「丹後カニオフ会」旅行記.1

  3. 岐阜・濁河温泉旅行記

  4. ■2011年6月度「伊豆混浴オフ会」旅行記.その2

  5. ■2015年9月度、みちのくオフ会レポート4「角館」「乳頭温泉編」

  6. ■2012年9月度、みちのくオフ会レポート11

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。