❖❖アメ風呂女学園「OKB47」デビュー

■アメ風呂女学園「OKB47」デビュー

アメ風呂女学園とは、アメブロで発信する温泉レポーターたちの養成所。
そして、そこに所属するOKB47(OKBのOは温泉・K:混浴・Bは美女の略称)とは、
全国47都道府県から「なちゅらる」に参加する女の子たちで作られた
アイドルユニットのことである。
普段は、「なちゅらる」にメンバー登録された約300名の素人女性メンバーたち。
普段の職業はOLさんや学生、看護士や役者やタレントの卵、
フリーター、主婦たちで構成されている。
(もはや完全にAKB48と、「あまちゃん」をパクッているのだが…)
そしてOKBのメンバーは日頃「なちゅらる」に参加するユーザーさんの為に、
ひと肌を脱ぎ、一緒に混浴しながら親睦を深めているのである。
H25.3伊豆 128
H25.3伊豆 126
H25.3伊豆 125
E008
E001
オフ会とは、だいたいチェックインからチェックアウトまでの間の事を言う。
この間は、OKBのメンバーは男性陣とのコミュニケーションを深めているのだが、
それ以外の時間帯は、付近の秘湯や混浴の露天風呂におじゃまして、
レポート取材を行っている。
そのレポートシーンは、当「なちゅらる」が企画した温泉紹介動画サイト
「OKBが行く、ミス混浴・秘湯の旅」
http://video.fc2.com/a/content/20130512fgCyzbZq
※有料配信中(動画視聴は18歳以上に限る)
映像送信型性風俗特殊営業届出済 受理番号:86720号 大阪府公安委員会
にて配信していたのだが(実はシリーズ第60回を超える)、
有料配信だと誰も見てくれない。
おそらく宣伝もしていないし、世の中には無料サイトや
安い視聴料でいくらでも女の子の裸が見れるサイトが有るからだろう。
今は定期的に、なちゅらるのブログレポートや、
ブログ「アメ風呂女学園、OKB47が行く秘湯・混浴レポート」
にて定期的にオフ会の様子や、混浴・秘湯の紹介をし続けているのである。
「アメ風呂女学園」
http://ameblo.jp/oasis-natural/
※こちらは秘湯・露天風呂のレポートが中心のブログ。
本当はブログでも、女の子の顔出しで出したい所なんだが、
(そうすれば、もっと人が集まって来るんだろうが…)
実際のモデルさんはすべて素人さんの為、顔を出すこと自体NG。
実際アイドル並に可愛い20代の子たちが多いのだが、
(そのレベルの高さは雑誌やTVでも取り上げられたほど)
そこはツアーに参加して実際確認してみない事にはどうしようもない。
(実際、オフ会にリピーターさんが多いのは、そのため)
モデルさんたちだけが、メンバーさんからの希望で、
一緒に飲んだり、語り明かしたり、二人だけで温泉にも入ったり、
写真まで撮らせてもらったりして、ファンサービスに努めている。
いわば芸能界のアイドル的存在であるため、参加する女の子によって
オフ会の参加人数も変動したりするのである。
(実際のアイドルは、まずこのような事はしない)
以前は混浴時のみならず、オフ会にすらカメラの持ち込みを
禁止していたのだが(過去に盗撮事件も合ったため)
最近はスマホの防水機能が発達し、携帯を風呂に持ち込む
輩も出てきたため、今ではカメラ持参を認めている。
ただし一般参加の女性も参加しているので、混浴時のカメラ持ち込みはNG。
(もちろん携帯やスマホも)
モデルさんにのみ、貸切の露天風呂等での撮影は許可している。
(但しモデルさんへのタッチ・わいせつ行為や、画像流出・閲覧・売買の為の
撮影は禁止。撮影したい方は、撮影承諾書に事前にサインしてもらってから
モデルさんの許可を取って撮影している)
◆OKB秘湯レポート写真ギャラリーより
00225.4福島 084
京都126
DSC_0595 DSC_0331
059DSC_0072
DSC03221 DSC03218
DSC03132 DSC03146
DSC01184 DSC01528
DSC01042 DSC01049
060 053

関連記事

  1. 秘湯、岩手県「松川温泉・松川荘」の混浴露天風呂とは?

  2. ■2016年6月度、アイアムアヒーロー!!混浴カップリング&ホラー体験ツアーin 伊豆レポートPart.3

  3. 岐阜・濁河温泉旅行記

  4. 石川県・金沢市を聖地巡礼!カニと温泉巡り「佐竹ひな」レポート 2017.2月

  5. 聖地巡礼「飛騨地方」が今熱い!! 2016年11月度、美女と一緒に奥飛騨の紅葉と秘湯を満喫オフ会レポートPart.3「奥飛騨の紅葉と、槍の郷」編

  6. ★2008年度、混浴オフ会開催プラン

    • ゆーき

    本日フジテレビの番組をみて、興味がわき是非参加させて頂きたいと思いメールさせていただきました。
    よろしくお願い致します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。