■関東地区、日帰り秘湯ツアーレポート

❖3月度、関東地区日帰り秘湯ツアーレポート
前日のパーティが終わる頃、
関東地区日帰りツアーのリーダーを務める○上さんが、
パーティ会場に迎えに来てくれた。
日帰りツアーに参加のユカちゃんを乗せて行くためである。
今回の日帰りツアー舞台は「水上温泉」。
朝10時に JR「水上駅」に集合のため、関越道の交通渋滞を避けるには
6時頃に出発しなければ間に合わない。
東京経由だと電車がまだ走っていない時間帯に家を出なければ
ならないので、前夜からの出発なのである。
車に乗り込んだ我々は、
水上駅近くの道の駅で仮眠を取った後、10時に水上駅集合。
今回の日帰りツアー参加者は男性9名・女性1名。
まずは、集合場所にて全員とあいさつした後、
最初の目的地、水上温泉「ホテル サンバード」に向かった。
「ホテル サンバード」は水上駅から車で20分あまり、
目の前には、水上高原藤原スキー場がある。
もう3月も終わりというのに、この付近はまだまだ雪が
どっさり積もっており、 辺り一面雪景色。
review_2123_1[1]
スキー場がメインのため、ベースに建つホテルサンバードが温泉ホテルだな
と意識したことがなかったが、インターネットで12種類の貸切露天風呂が
あることが判った。
折りからの雨の中、ホテルサンバードに到着すると、
日帰りでの貸切露天風呂は11時から利用可能だそう。
利用料は入浴料込みで40分3,500円。
11種類の貸切露天風呂があるのは、「温泉道楽」と名付けられた別棟。
pict-DSC00127

ホテルサンバードのフロントのある棟から外の渡り廊下を渡って奥にある。
pict-DSC00128
フロントで入浴料を支払ってから貸切露天の個室の鍵を受取る方式だが、
この鍵が貸切棟入館の鍵ともなっていて、鍵が無い限り棟内に入る
ことすらできないようになっている。
なので実際に見てからどの露天風呂にするか選ぶことは不可能で、
フロントにある写真一覧で浴室を選択しなければならない。
我々が選んだのは、「春草の湯」と「陽だまりの湯」
pict-DSC00125
pict-DSC00126
p2[1]

湯船には脱衣籠が4つあるが、全員の分はなく、
2つの湯に5人ずつ分散して入ることに。
スキー場に面しているが、目隠しの塀が高いので殆ど景色は見えない。
雨が降っていたので屋根付きだったのが幸いではあるが
正直40分3,500円はあっという間である。
11時40分には上がらなければならないため、
どこか近くの混浴温泉にでも行こうか?という事になったのだが、
この近くで10人は入れる混浴露天風呂というと、
宝川温泉の「汪泉閣」と湯の小屋温泉「龍洞」くらいしかない。
汪泉閣においては10人どころか100人は同時に入れるほどの
巨大混浴露天風呂があり、本当はそこに行きたかったのだが、
sya02[1]
だんだんと風雨が強まるにつれ露天風呂が広ければ広いほど
雨ざらしになり、特に女の子にとっては濡れて可愛そうという事で、
屋根付きの貸切露天風呂のある「龍洞」の方に行くことにした。
サンバードから龍洞までの道のりは車で10分ほどの近い距離にある。
昔の龍洞は、貸切露天風呂がたくさんある宿という事で有名な
温泉旅館だったのだが、 当時は日帰り入浴は受け付けていなかった。
まして、この旅館、一泊の宿泊費がなにせ最低2万円からという高い料金設定のため、
今までは泊まることすらなかった。というか、オフ会の候補にさえ上がらなかった。
旅館の造りは一見、和風デザインを生かしたなかなか風景に溶け込む風流なデザイン。
131675010783513312741[1]
o0450033811840005589[1]
貸切風呂として17ヵ所の露天風呂があり、その全てが立ち寄り湯OKという。
しかも一人1000円払うと半分の露天を使用出来、2000円だとフルに使用可。
という変わった料金体系。
日帰り入浴は4時間と言われて、そんなに入ってないよな・・・と思ったわりには
なんだかんだと3時間半入ってしまいました!
4時間も滞在できるなんて、素晴らしいほどリーズナブルな設定である。
貸切入浴の仕組みは、風呂場の入口に見取り図があり、
そこで入りたい風呂を選んで 下に掛かっている貸切中の札を持って行き、
浴室入口に札を掛けて入浴する。
見取り図に札がかかっていない浴室は入浴中であることがひと目わかり、
シンプルだが優れたシステムである。
pict-DSC00150
o0520039111840007315[1]
ここでのお薦め露天貸切風呂は『天女』『河童』の2か所。
特に『天女』は20名は入れる露天風呂で、
夜にはライトアップされ情緒ある趣の湯。
一人での入浴はもったいないほどの広さだという。
Lh0sQe[1]
ひとつひとつ貸切露天風呂を楽しむ我々。
4時間の間、全部の貸切露天風呂を制覇するのは難しい(^-^;
caption[1]
pict-DSC00130
pict-DSC00132
pict-DSC00135
pict-DSC00139
pict-DSC00140
pict-DSC00133
pict-DSC00143
pict-DSC00145
旅館を出たのは16時過ぎ。
1日たくさんの貸切露天風呂に入ることができた。
皆さんご苦労様でした…(^^ゞ
■温泉名:湯の小屋温泉・秘湯の宿 龍洞
住所:群馬県利根郡みなかみ町藤原6192
TEL:0278-75-2086
日帰り入浴:1000円(10か所)・2000円(17か所)
時間:10時~18時(4時間まで)
泉質:単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
効能:美肌、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、
ホームページ http://www.ryuudou.com
 

関連記事

  1. ■2011年9月度、奥鬼怒・那須・塩原温泉混浴オフ会旅行記 その1

  2. 聖地巡礼「飛騨地方」が今熱い!! 2016年11月度、美女と一緒に奥飛騨の紅葉と秘湯を満喫オフ会レポートPart.2「佳留萱山荘」編

  3. ■09年3月度伊豆オフ会レポート1

  4. 08年8月度黒部峡谷混浴オフ会 旅行記

  5. ひよっこ温泉アイドルが行く!「佐竹ひなの愛コン日記」山形・新高湯温泉、露天風呂体験編

  6. 秘湯女子図鑑

    「秘湯女子の会」公式Twitterと、LINE「温泉アイドルと繋がりたい」のおしらせ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。