■2013年11月度、九州縦断、混浴・秘湯旅行記.2

◆2013年11月度、九州縦断、混浴・秘湯旅行記.2

■筌ノ口温泉「新清館」
E7AD8CE3838EE58FA3E6B8A9E6B389E696B0E6B885E9A4A8E381A8E585B1E5908CE6B5B4E5A0B4-thumbnail2[1]

次に訪れたのは、岳の湯温泉から30分離れたところにある
「筌ノ口温泉」の共同湯の隣にある「新清館」の露天風呂。
ここはネットで調べて素晴らしいと聞いていたので、
今回宿泊することにした・・・
森の中にある大きな熱い露天風呂は爽快である・・・
E7AD8CE3838EE58FA3E6B8A9E6B389E696B0E6B885E9A4A8E99CB2E5A4A9E9A2A8E59182-thumbnail2[1]

特にわれわれが入ったのは「こぶしの湯」(混浴)だったのだが、
だれも居なく本当に貸切状態・・・。
脱衣場の建物も趣があり・・・旅館の外観はあっさりとしたコンクリート造だが、
中は意外と民芸調で落ち着いている・・・
pict-DSC01191
混浴の露天風呂は本館から森の中を少し歩いてゆく場所にあり、
一見露天風呂があるとは判りにくい。
DSC00853
脱衣所から見える景色に、思わず「おお~っ」。
DSC00844

黄土色の露天風呂が広がっている。はっきりそれと分かる金気臭。
深さはさほどでもなく、横になって頭がちょうど出る程度。底は平坦。
ただし縁には踏段の石があり、気をつけないとつまづきます。
濁っているので底が見えない。
一番奥の湯口からはお湯がどんどん流入。湯口のお湯は透明に見える。
周囲は背の低い木立に覆われ、上空の開放感もなかなかいい感じ。
pict-DSC01166
pict-DSC01171
pict-DSC01151
皆露天風呂へ入るため、内湯の方は貸切状態。
湯はとても新鮮で析出物がすばらしい。
析出物の感じと泉質が長野県にある加賀井温泉「一陽館」
に似ていると思った。
pict-DSC01142

湯はかなり熱めで身を沈めるまで時間がかかったが
入ってしまえば身体がなれるのは早い。
お湯加減も快適。
秘境というにふさわしい山間の風情のある旅館です。
かつ、インテリアにもセンスが感じられて、清潔感もありました。
休憩所のインテリア
DSC01750
ひと風呂浴びた後の夕食
さて料理はというと、少なめのプランのものを選んだのですが、
それでも郷土料理のバリエーション豊かで、特に、馬刺しは絶品。
筌ノ口16
乾杯は三重のYASUさんに!
pict-DSC01087
pict-DSC01081
pict-DSC01098
やはり女性と一緒の宴会は楽しい(#^.^#)
pict-DSC01092
pict-DSC01093
pict-DSC01096
pict-DSC01089
宴会の後は再びみんなで混浴に…(^-^;
pict-DSC_0079
pict-DSC_0082
pict-DSC_0083
女の子に肩を揉んでもらい極楽極楽(*^▽^*)
pict-DSC_0086
pict-DSC_0092
pict-DSC_0100
近くに日本一の歩行者吊り橋で有名な「九重“夢”大吊橋」があり、
観光客がごった返していたのだが、なぜかこの素朴な温泉だけが
観光客の目に触れず、ひっそりとたたずんでいるかのようであった。
泉質+景観の両方を兼ね備えた天下一品の露天風呂は
ぜひ一度行ってみてほしいと思います。

「筌ノ口温泉「新清館」
■住所:大分県玖珠郡九重町大字田野1427番地の1
■アクセス:大分道九重ICより、県道40号を南へ9キロ
■営業時間:日帰り入浴は7時30分から夜の10時まで
■泉質:炭酸水素塩泉
■効能:神経痛、筋肉痛、胃腸病など
■日帰り入湯料:大人500円
http://www4.ocn.ne.jp/~shinkan/

関連記事

  1. ★2008年度、混浴オフ会開催プラン

  2. ■2015年8月度、美女と一緒にワイルド野湯体験!福島混浴ツアーレポートⅡ「水戸屋旅館編」

  3. 「君の名は」の舞台になった「飛騨市・古川町」を再び訪れる💛温泉アイドル「佐竹ひな」レポート編 2017.1月

  4. ■09年9月度、群馬「万座・草津・宝川・法師温泉」 オフ会旅行記.2

  5. ■08.5月度「GW奥飛騨混浴オフ会」 レポート

  6. ■2015年3月度、那須・塩原温泉ツアーレポートⅢ「大丸温泉旅館」編

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。