■17.9/16(土)~18(祝) 美女と旅する、珍八景!滝湯と泥湯体験。みちのくワイルド秘湯体験ツアー。

みちのく川温泉シリーズ第二弾!

自然の滝がそのまま温泉!秋田の秘湯中の秘湯、川原毛大湯滝。

自然の渓流と滝がそのまま入れる温泉という秋田県湯沢市の秘湯、川原毛温泉の大湯滝を堪能しませんか?

ここは大自然を流れる渓流そのもの温泉であり、高低差20mの滝となって降り注ぐという温泉好きからすれば桃源郷と断言しても過言ではない非常にワイルドな秘湯です。

お宿は、その川原毛大湯滝から車で15分の所にある「泥湯温泉」湯治の宿としても非常にレトロな、これまた秘湯中の秘湯の温泉が楽しめます!

東北の温泉は日本有数の名湯揃いです。

名湯といえば湯治場であり秘湯。
東北にはそうした、本物の温泉を知ることが出来る名湯が多いのです。

特に秋田県は奇跡の湯治場として知られる玉川温泉や、 後生掛温泉のある八幡平周辺と、日本を代表する秘湯群である乳頭温泉郷周辺に、名湯が集中しています。

この秋に、まだ予定立てられていない方!滅多に行けない「東北秘湯・混浴の旅」ゼヒ一度、ご参加ください♪

♪.:*:’゜☆.:*:’゜♪.:*:’゜☆.:*:・’゜♪.:*:

■開催場所:
9/16(土) 秋田・泥湯温泉の温泉旅館
9/17(日) 秋田・八幡平の温泉旅館
(参加予約の方には宿泊場所お知らせします)

■参加費:男性50,000円・女性20,000円
(2泊分の宿泊費・宴会飲み物代含む)

※どちらか1泊のみ参加の場合は、半額(男性25000円・女性は10000円)になります。

☆集合:マイカー相乗りの方は、東北新幹線「一ノ関駅」にて9/16(土)10時集合。 (東北メンバーさんの車に相乗りして回ります)

・関東方面からマイカー出しの方、相乗り希望の方) 深夜出発になりますが、個別でご相談させて頂きます。

◎9/15(金)深夜24時に、JR新宿駅西口前より出発予定です。

※東北方面の方で、マイカー相乗り可能な方歓迎いたします。 ※マイカー相乗りの場合は同乗者同士のワリカンでお願いします。

■参加人数:20名(女性3~5名含む)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

◇湯巡り・観光コース:一ノ関駅から出発のコース

16日)10時)JR一ノ関駅出発~R342~12時)川原毛大湯滝駐車場到着~ 「湯の川」にて昼食弁当~(16時)「泥湯温泉」チェックイン

17日)9時)「泥湯温泉」出発~R13湯沢横手道路~秋田自動車道「横手」入口~「大曲」出口 ~R105~(12時~15時) 乳頭温泉郷「鶴の湯温泉」「黒湯温泉」「蟹場温泉」立ち寄り湯(予定)後、八幡平方面に出発。(16時半)宿にチェックイン

18日)9時)宿を出発~R341~八幡平アスピーテライン~ 11時)蒸けの湯温泉・藤七温泉「彩雲荘」立ち寄り湯~東北道「松尾八幡平」入口~「盛岡」出口~(14時)JR盛岡駅にて解散(東京方面に帰ります)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

「川原毛地獄」津軽の恐山と同じ、日本三大霊場のひとつですよね

そのふもとには、秘湯「川原毛大湯滝」

5010034_1920_1[1]

滝の湯全体が大自然の温泉です。

07913676[1]

ここにマッ裸で入るのは勇気がいるかも(>_<)

pict-DSC_4368

巻いたバスタオルがはだけるくらい強烈な水量

pict-DSC_4395

酸性のお湯なので水中メガネが必須!

pict-DSC_4406

川の湯は本当に流れる川がお湯

pict-RIMG2150

まさしく桃源郷。極楽、極楽。

pict-DSC_4187

pict-DSC_4198

深いところでは、泳げちゃうよ!

pict-DSC_4212

pict-DSC_4222

pict-DSC_4277

昭和の匂いがそのままな、泥湯温泉

外の露天風呂は混浴

pict-DSC_4588

pict-DSC_4520

いわずと知れた乳頭温泉郷。
乳白色の湯で有名な「鶴の湯旅館」は東の横綱格。

img_622021_58367348_0[1]

tsuru1[1]

黄金色の湯で有名な「妙の湯」

img_1162844_31031934_1[1]

DSC01595

無色透明の「蟹場温泉」

ganiba001[1]

藤七温泉は泥湯で有名!「泥パック」は美肌効果抜群! 景観も抜群!

底にある泥をすくって、顔や体に塗るとお肌がスベスベに…。

pict-RIMG2338

pict-RIMG2375

お互い泥の塗りあいっこ(*^▽^*)

pict-RIMG2377

pict-RIMG2365

pict-RIMG2361

泥人間に変身!(;’∀’)

pict-RIMG2351

蒸けの湯温泉

荒涼とした山あいのあちこちから湯気が立ち上り、(写真じゃちょっと分かりづらいかも)見るとほったてな野天風呂が点在している。

pict-DSC01557

pict-DSC01558

pict-RIMG2248

ぼーっと景色を眺められるのは混浴露天風呂ならではの醍醐味!

pict-DSC_4676

pict-DSC_4630

360度パノラマの混浴露天風呂ですが、遮るものがあえてないので、逆に開放感を満喫できます(*’▽’)

pict-DSC_4639

pict-DSC_4646

2泊3日東北の秘湯の数々、ゼヒ体験して下さいネ♪♪

*.★。o:☆’;*。:*.★。:*.☆

◆参加お申し込みは、下記のお申し込みフォームからお願いします!◆
なお参加に関する詳細は、「なちゅらる」専用LINEにて(スパムメールが非常に多くセキュリティの問題のため)

LINE ID:ai-cube(マイケルの名前で登録)

※参加費ご入金後、LINE申請お願いします。当日の詳しいスケジュールは、専用トークラインにてお知らせします。

●LINEお持ちで無い方は、連絡のつくメルアドの方にお送りしますので、携帯アドレスしかない方は、URL付きメール受信拒否設定を解除しておいて下さい。

■17.9/16(土)~18(祝) 美女と旅する、珍八景!滝湯と泥湯体験。みちのくワイルド秘湯体験ツアー。

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

■2015年9月度、みちのくオフ会レポート7「藤七温泉編」

  ■藤七温泉「彩雲荘」レビュー

八幡平アスピーテ・ラインとは、八幡平(はちまんたい)の高原を横断する、山岳ワインディング・スカイライン。主要地方道23号西根八幡平線ともいう。
map_b[1]
B0602300-1_im[1]
ここは「東北随一の極上ワインディング」で、「十和田八幡平国立公園の中にあり、全国屈指の自然美を兼ね備えた、絶景ドライブルート」とのこと。
DSC_5233hachimantai-s[1]
それなら行かなくちゃならないよなぁ、と、ふけの湯を後にして、次の目的地とした。

このハイウェイは、雑誌にもよく紹介されており「コーナーごとに変化するパノラマ」と、称されている通りで、次のカーブを曲がるのが楽しみな道である。
132205184126213230909[1]
西端は国道341号に、東端は東北道・松尾八幡平インターに接続する。

ちなみにアスピーテとは、盾を伏せた形の火山のことで、流動性の高い溶岩によって作られたため、なだらかな台形状になっているもの。アフリカのキリマンジャロや長野の霧ヶ峰なんかもそうらしい。
v031108[1]
全線2車線道。冬期は閉鎖されるようだ。
aspite_501[1]
休憩用の駐車スペースも随所に用意されていて、観光向けにも親切な道。ぜひ、雄大な景色も楽しみたい。
500_10809972[1]
DSC_5247hachimantai-s[1]
pict-DSC_4728
Rちゃんのポートレート撮影
pict-DSC_4721
pict-DSC_4723
そのアスピーテ・ラインから、2キロばかり外れた所に位置するのが、秘湯でお馴染みの「藤七温泉・彩雲荘」。
saiunso019[1]

海抜1,400mという高山に位置し、東北でいちばん高いところにある秘湯である。
03306cd2110077534_4[1]
当然、アスピーテラインが冬季閉鎖になるため、彩雲荘も冬の間は閉館している。

売店兼、受付で入浴料を支払う。ここにも黒たまごが売っている。
DSCF3806[1]
出口から左が混浴メインのゾーン。
pict-DSC_4730
pict-DSC_4731
彩雲荘には、5つの混浴露天風呂 ・ 混浴内風呂 ・ 2つの女性専用露天風呂 ・ 男性専用露天風呂 ・男性専用内風呂 ・ 女性専用内風呂と、全部で11もの湯船があり、源泉かけ流しの100%天然温泉。源泉が91℃と高温すぎるため加水しているそう。
pict-RIMG2400
【混浴露天の脱衣所入り口】ここも大小さまざまな、男性シンボルが出迎えてくれる。
img_4[1]
男性のシンボルで、ポールダンスを踊るHちゃん。(リアルすぎるじゃねぇか!)
pict-DSC_4733
pict-DSC_4734
男女別の脱衣所があり、そこから内湯を通って外の露天風呂に出て行けるのだが、なぜか女湯の露天風呂も外から丸見え。脱衣所でタオルを巻いて入らないと、混浴露天風呂の方から見られ放題。
藤七温泉[1]
奥の囲いの見える方が女性専用露天風呂
T30132_980x400_533627613c8ff[1]
うちの女性陣は、もともとバスタオル巻きで入ったりしないもんで、この程度の秘湯は最初っから慣れたもの。

小さい方の露天風呂は、けっこう熱いので入ってられない。そこで比較的広い方の露天風呂に入ることにする。
caption[1]
上の方にもこじんまりした露天風呂がある。
srimg0182[1]
露天風呂からは、岩手山が一望できて景色も開放感も抜群!
029a115[1]
少し青っぽく白濁したお湯は、硫黄の匂いが強く温度は若干ぬるめの適温だった。

最初は青白く綺麗に澄んでいた湯も、人が浸かると泥炭が舞い上がりアッという間に灰白濁湯に変身する。
131321787831213212630_DSCF1582[1]
ところが野湯なだけに湯温は入る場所によって違う。

底が泥状になっており、泥をすくおうと、うっかり湧出ポイントに近づいてしまったら、

「ウォー!アチーーっっ」

泥の溜まっている箇所はおそらく70度以上はあるだろう。

それでも泥をすくって、皆で顔や体に塗りたくっていた。
pict-RIMG2353
pict-RIMG2338
pict-RIMG2375
pict-RIMG2376
お互いで泥の塗りあいっこ(*^▽^*)
pict-RIMG2377
pict-RIMG2363
pict-RIMG2365
pict-RIMG2361
全身泥を塗りたくるHちゃん。
pict-RIMG2347
pict-RIMG2351
お尻は関係ないでショ…!(^-^;
pict-RIMG2344
誰だ!ワニ男と書いたやつは…。
pict-RIMG2346
pict-RIMG2355
泥を塗った後は甲羅干し
pict-RIMG2390
pict-RIMG2372
色も泥パックの色そのもので、まさに天然泥パック!!

泥を全身に塗ると、なぜか水着を着ているような気分になり、裸でいることが恥ずかしくなくなってくる。(ホンマかいな)
pict-RIMG2370
映画「プレデター」でも、こんなシーンがあったような…(笑)
Predator-02[1]

入浴客もそこそこいたのだが、全裸のグループが入ってきたものだから四方八方ガン見状態…。(^-^;

中には女の子の前で仁王立ちで(アソコもおっ立てて)全身泥を塗りたくっている輩まで出てくる始末…。

空はピーカンで、周りも風景もキレイなため、開放的になったHちゃん。

ボルトのポーズで決めてます!
pict-RIMG2392
pict-RIMG2381
こうすると泥が乾いてきて
pict-RIMG2386
pict-RIMG2387
泥を洗い流した後は、スベスベキレイな身体に変身!
pict-RIMG2395
まさに、ライザップ (笑)
pict-RIMG2393 - コピー

ちなみに泥炭に混じって沢山の糸ミミズも混浴しているらしい。
当然泥パックしていたメンバーたちには、このことを話していない…(^_^;)

とにかく藤七温泉のお湯は個性的で、底からぷくぷくと泡が湧き出していて元気なお湯にパワーをもらえるのである。
pict-RIMG2403

■藤七温泉「彩雲荘」のDETA

住所:岩手県八幡平市松尾寄木北の又
問い合わせ:090-1495-0950
立ち寄り入浴料:600円
立ち寄り入浴時間:8:00~19:00
定休日:11月~4月中旬
泉質:単純硫黄泉
効能:神経痛・皮膚病・糖尿病・婦人病・高血圧・消化器病・動脈硬化…etc.
公式HP:http://www.toshichi.com/

みちのく秘湯・混浴シリーズの3日間、本当に楽しかった。

ワイルドな秘湯や、泥湯、濁り湯に自炊の宿とバラエティに飛び、おまけに天候もよく、女性陣は若くて可愛い陽気な子ばかり。それに何よりもいつもと違って少人数のツアーだったために、のんびりまったりとプライベート感が充実した今年一番のベストセレクションだった。

  • みちのくシリーズ終わり

◎ 次回は、10/24~25に開催の、紅葉の奥飛騨温泉秘湯ツアー。紅葉を眺めながらの大自然の豪快な混浴露天風呂は必見!付近の野湯や、飛騨高山観光巡りも行う癒しのツアーです。

参加されたい方は、こちらまで!
http://konyokuroten.com/?p=12468

 

 

 

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

◆15.9/19(土)~21(祝) シルバーウィーク。美人女子大生と行く!みちのくワイルド秘湯体験オフ会

  ★みちのく川温泉シリーズ第二弾!
◆15.9/19(土)~21(祝) シルバーウィーク。美人女子大生と行く!みちのくワイルド秘湯体験オフ会

★今年2度目の東北秘湯ツアー。

東北の温泉は日本有数の名湯揃いです。

名湯といえば湯治場であり秘湯。
東北にはそうした、本物の温泉を知ることが出来る名湯が多いのです。

特に秋田県は奇跡の湯治場として知られる玉川温泉や、 後生掛温泉のある八幡平周辺と、日本を代表する秘湯群である乳頭温泉郷周辺に、名湯が集中しています。

滝の温泉で余りにも有名な「川原毛大湯滝」等、変わり種の温泉の数々。

シルバーウィークに、まだ予定立てられていない方!滅多に行けない「東北秘湯・混浴の旅」ゼヒ一度、ご参加ください♪

♪.:*:’゜☆.:*:’゜♪.:*:’゜☆.:*:・’゜♪.:*:

■開催場所:
9/19(土) 秋田・泥湯温泉の温泉旅館
9/20(日) 秋田・八幡平の温泉旅館
(参加予約の方には開催場所お知らせします)

■参加費:男性50,000円・女性30,000円
(2泊分の宿泊費・宴会飲み物代・保険料含む)

※1泊のみ参加の場合は、半額(25000円)になります。

☆集合:マイカー相乗りの方は、東北新幹線「一ノ関駅」にて9/19(土)11時半集合。 (現地にてレンタカー借りる予定です)

・関東方面からマイカー出しの方、相乗り希望の方) 深夜出発になりますが、個別でご相談させて頂きます。

※東北方面の方で、マイカー相乗り可能な方歓迎いたします。 ※マイカー相乗りの場合は同乗者同士のワリカンでお願いします。

■参加人数:15名(女性3~5名含む)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

◇湯巡り・観光コース:一ノ関駅から出発のコース

13日)11時半)JR一ノ関駅出発~R342~14時)川原毛大湯滝到着~ 「湯の川」~(17時半)「泥湯温泉」到着・宿泊

14日)9時)「泥湯温泉」出発~R13湯沢横手道路~秋田自動車道「横手」入口~「大曲」出口 ~R105~角館~R46~(12時~16時) 乳頭温泉郷「鶴の湯温泉」「黒湯温泉」「蟹場温泉」
立ち寄り湯後、八幡平方面に出発。チェックイン

15日)9時)宿を出発~R341~八幡平アスピーテライン~ 11時)藤七温泉「彩雲荘」・蒸けの湯温泉~東北道「松尾八幡平」入口~「盛岡」出口~(14時)JR盛岡駅にて解散

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

秘湯「川原毛大湯滝」

5010034_1920_1[1]
07913676[1]
マッ裸で入るのは勇気がいるかも
DSC01630
秘湯ムード満点の泥湯温泉
554[1]
いわずと知れた乳頭温泉郷。
乳白色の湯で有名な「鶴の湯旅館」は東の横綱格。
img_622021_58367348_0[1]
tsuru1[1]
turunoyu005[1]
黄金色の湯で有名な「妙の湯」
img_1162844_31031934_1[1]
DSC01595
無色透明の「蟹場温泉」
ganiba001[1]
 藤七温泉は泥湯で有名!「泥パック」は美肌効果抜群! それに景観も抜群!
秋田6
DSC01539

東北の秘湯の数々、ゼヒ体験して下さい♪♪

*.★。o:☆’;*。:*.★。:*.☆。o:★’;*。:*.☆

◆参加お申し込みは、
natural@herb.ocn.ne.jp
tadanoonsen@gmail.com 
oasis-natural@docomo.ne.jp

下記のお申し込みフォームからもOK! 

★お申し込みの際には、参加イベント名・お名前・年齢・ご住所・ 携帯番号・ 携帯アドレス・ マイカー出しOKかどうか、 相乗りOKもしくは 相乗り希望かどうかの、 ご連絡ください。 

★参加費ご入金後、詳しい案内状・当日のレジュメ記載されたメンバー向けページの paswordお知らせします。 

■9/19(土)~21(祝) シルバーウィーク!女子大生と行く、みちのくワイルド秘湯体験オフ会 参加フォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!