■17.9/16(土)~18(祝) 美女と旅する、珍八景!滝湯と泥湯体験。みちのくワイルド秘湯体験ツアー。

みちのく川温泉シリーズ第二弾!

自然の滝がそのまま温泉!秋田の秘湯中の秘湯、川原毛大湯滝。

自然の渓流と滝がそのまま入れる温泉という秋田県湯沢市の秘湯、川原毛温泉の大湯滝を堪能しませんか?

ここは大自然を流れる渓流そのもの温泉であり、高低差20mの滝となって降り注ぐという温泉好きからすれば桃源郷と断言しても過言ではない非常にワイルドな秘湯です。

お宿は、その川原毛大湯滝から車で15分の所にある「泥湯温泉」湯治の宿としても非常にレトロな、これまた秘湯中の秘湯の温泉が楽しめます!

東北の温泉は日本有数の名湯揃いです。

名湯といえば湯治場であり秘湯。
東北にはそうした、本物の温泉を知ることが出来る名湯が多いのです。

特に秋田県は奇跡の湯治場として知られる玉川温泉や、 後生掛温泉のある八幡平周辺と、日本を代表する秘湯群である乳頭温泉郷周辺に、名湯が集中しています。

この秋に、まだ予定立てられていない方!滅多に行けない「東北秘湯・混浴の旅」ゼヒ一度、ご参加ください♪

♪.:*:’゜☆.:*:’゜♪.:*:’゜☆.:*:・’゜♪.:*:

■開催場所:
9/16(土) 秋田・泥湯温泉の温泉旅館
9/17(日) 秋田・八幡平の温泉旅館
(参加予約の方には宿泊場所お知らせします)

■参加費:男性50,000円・女性20,000円
(2泊分の宿泊費・宴会飲み物代含む)

※どちらか1泊のみ参加の場合は、半額(男性25000円・女性は10000円)になります。

☆集合:マイカー相乗りの方は、東北新幹線「一ノ関駅」にて9/16(土)10時集合。 (東北メンバーさんの車に相乗りして回ります)

・関東方面からマイカー出しの方、相乗り希望の方) 深夜出発になりますが、個別でご相談させて頂きます。

◎9/15(金)深夜24時に、JR新宿駅西口前より出発予定です。

※東北方面の方で、マイカー相乗り可能な方歓迎いたします。 ※マイカー相乗りの場合は同乗者同士のワリカンでお願いします。

■参加人数:20名(女性3~5名含む)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

◇湯巡り・観光コース:一ノ関駅から出発のコース

16日)10時)JR一ノ関駅出発~R342~12時)川原毛大湯滝駐車場到着~ 「湯の川」にて昼食弁当~(16時)「泥湯温泉」チェックイン

17日)9時)「泥湯温泉」出発~R13湯沢横手道路~秋田自動車道「横手」入口~「大曲」出口 ~R105~(12時~15時) 乳頭温泉郷「鶴の湯温泉」「黒湯温泉」「蟹場温泉」立ち寄り湯(予定)後、八幡平方面に出発。(16時半)宿にチェックイン

18日)9時)宿を出発~R341~八幡平アスピーテライン~ 11時)蒸けの湯温泉・藤七温泉「彩雲荘」立ち寄り湯~東北道「松尾八幡平」入口~「盛岡」出口~(14時)JR盛岡駅にて解散(東京方面に帰ります)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

「川原毛地獄」津軽の恐山と同じ、日本三大霊場のひとつですよね

そのふもとには、秘湯「川原毛大湯滝」

5010034_1920_1[1]

滝の湯全体が大自然の温泉です。

07913676[1]

ここにマッ裸で入るのは勇気がいるかも(>_<)

pict-DSC_4368

巻いたバスタオルがはだけるくらい強烈な水量

pict-DSC_4395

酸性のお湯なので水中メガネが必須!

pict-DSC_4406

川の湯は本当に流れる川がお湯

pict-RIMG2150

まさしく桃源郷。極楽、極楽。

pict-DSC_4187

pict-DSC_4198

深いところでは、泳げちゃうよ!

pict-DSC_4212

pict-DSC_4222

pict-DSC_4277

昭和の匂いがそのままな、泥湯温泉

外の露天風呂は混浴

pict-DSC_4588

pict-DSC_4520

いわずと知れた乳頭温泉郷。
乳白色の湯で有名な「鶴の湯旅館」は東の横綱格。

img_622021_58367348_0[1]

tsuru1[1]

黄金色の湯で有名な「妙の湯」

img_1162844_31031934_1[1]

DSC01595

無色透明の「蟹場温泉」

ganiba001[1]

藤七温泉は泥湯で有名!「泥パック」は美肌効果抜群! 景観も抜群!

底にある泥をすくって、顔や体に塗るとお肌がスベスベに…。

pict-RIMG2338

pict-RIMG2375

お互い泥の塗りあいっこ(*^▽^*)

pict-RIMG2377

pict-RIMG2365

pict-RIMG2361

泥人間に変身!(;’∀’)

pict-RIMG2351

蒸けの湯温泉

荒涼とした山あいのあちこちから湯気が立ち上り、(写真じゃちょっと分かりづらいかも)見るとほったてな野天風呂が点在している。

pict-DSC01557

pict-DSC01558

pict-RIMG2248

ぼーっと景色を眺められるのは混浴露天風呂ならではの醍醐味!

pict-DSC_4676

pict-DSC_4630

360度パノラマの混浴露天風呂ですが、遮るものがあえてないので、逆に開放感を満喫できます(*’▽’)

pict-DSC_4639

pict-DSC_4646

2泊3日東北の秘湯の数々、ゼヒ体験して下さいネ♪♪

*.★。o:☆’;*。:*.★。:*.☆

◆参加お申し込みは、下記のお申し込みフォームからお願いします!◆
なお参加に関する詳細は、「なちゅらる」専用LINEにて(スパムメールが非常に多くセキュリティの問題のため)

LINE ID:ai-cube(マイケルの名前で登録)

※参加費ご入金後、LINE申請お願いします。当日の詳しいスケジュールは、専用トークラインにてお知らせします。

●LINEお持ちで無い方は、連絡のつくメルアドの方にお送りしますので、携帯アドレスしかない方は、URL付きメール受信拒否設定を解除しておいて下さい。

■17.9/16(土)~18(祝) 美女と旅する、珍八景!滝湯と泥湯体験。みちのくワイルド秘湯体験ツアー。

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

■2015年9月度、みちのくオフ会レポート5 「蒸ノ湯温泉編」前編

■蒸ノ湯温泉「ふけの湯」レビュー

今回、みちのく秘湯ツアーで「一度は行きたい温泉」リストのひとつ、噂の「ふけの湯温泉」に泊まることにした。

八幡平の山また山を越えに越え、ようやくたどりつく、秘湯・ふけの湯。

それはまさに秘湯と呼ぶにふさわしい場所にあるのだ。

標高1100メートルの所にあり、秋田県最奥に立ち八幡平最古(宝永年間開湯)の歴史を誇る名湯として知られる。

地熱を利用した「蒸かしの湯」として湯治で賑わったことから蒸の湯の名がついた。また、敷地内に異成分の源泉が数種類あるのも珍しい。

八幡平アスピーテライン沿いに「蒸ノ湯休憩所」という小屋が出てきたらそれが目印。
201406oohukaonsen01[1]
すぐそばにふけの湯の看板と曲がり道があり、そこからもうちょい山道を下って行くと宿にたどり着く。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
蒸ノ湯温泉の建物
ふけのゆ玄関%20(2)[1]

いかにも湯上りの人たちが、タオルを持って駐車場を歩いている。

その方向を見ると、駐車場の敷地奥に温泉案内の看板が!
DSC_0097[1]
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「分かりづらっ!」 でもまぁ、そこはなんたって秘湯ですから。

とてもおおざっぱな地図だが、建物とは駐車場をはさんで反対側に、野天風呂があるとのこと。

ふと見るとそこは・・・ 

まさに温泉天国!
pict-DSC01557
pict-DSC01558
pict-RIMG2248

荒涼とした山あいのあちこちから湯気が立ち上り、(写真じゃちょっと分かりづらいかも)見るとほったてな野天風呂が点在している。

左手方向を見ると、ポツンと野天風呂がある。
4009ac7f8d0f83908e8d6e9464b60782c4ece59e.73.2.2.2[1]
hqdefault[2]
これは、ワイルドだぜェ?
(古っ!)

すだれの仕切りも透けてるぜェ?
fukenoyu2[1]
右手方向にはどこがどう温泉なのか一見分からないような野天風呂たち。
0009928_20121223222510_80888_L[1]
ちょっと頑丈めな仕切りは女性用っぽい造り。
pict-DSC_4715
景観も多少の人目も気にしないそのお風呂のいでたち。

ほんとの温泉好きがほんとの温泉を味わうために集うという、温泉の原点がここにある感じがする。

こりゃ、感動もんだな…

とりあえず、非常に感動した野天風呂なんだが、まずは、身体を洗うため、施設内のお風呂へ移動。

受付の様子はこんな感じ。
208[1]
館内の雰囲気
pict-DSC_4611
温泉の受け付けには黒い温泉卵。「特製ふけの湯温泉黒たまご」2個 150円
pict-DSC00788
ここは日本秘湯を守る会の会員の宿。

なぜか、男性のシンボルを祭っている神社がある。
20140920_091929[1]
食堂の奥に、内湯がある。 浴室は決して広くないが、白濁のお湯に湯の花が舞い、とても贅沢感がある。
200506142[1]
泉質もお肌にスルスルくる、なんとも心地よいもの。
88cec3b72fee0415f1fb87a47bba295b[1]
そしてまた驚いたのが、洗い場。

普通洗い台になってる場所に湯桶が走っていて、管からは常にきれいなお湯が出て桶からあふれている。
IMG_5087[1]
豊富な湯量のなせる技だろうか?初めて見た。

シャワーでもなく、カランでもなく、お湯が溜められた湯槽からお湯をすくい、頭や体を洗う。こういうの情緒があって好きですね~。

実はこの内湯には「子宝の湯」という露天風呂が付いているのだが、一度外に出て入らねばならず、引き戸から顔を出して見たところ、さっきまでいた駐車場がよく見える。
8683d40e77df8dc65116a47c0e886fe4[1]
結構、丸見えの状態(^_^;)

鶴の湯温泉を立ち寄らなかった分、時間が空いたのでみんなで外湯に入りにいくことにした。

ここの旅館。通常の浴衣とは違うデザイン。外湯めぐりに冷えないための配慮なのか、ツートンカラーのパンツスタイルの浴衣がオシャレで珍しい。
pict-RIMG2247
pict-RIMG2250
pict-RIMG2285
立ち入り禁止の札があちらこちら
pict-RIMG2252
オンドルのような建物の中には地熱の温泉もある。
f198effa[1]
pict-RIMG2255
これこそ本当の意味の岩盤浴
Y315086012[1]
混浴の露天風呂。中に入ると
pict-RIMG2257
樽風呂が素敵!
pict-RIMG2268
pict-RIMG2265
pict-RIMG2263
pict-RIMG2267 pict-RIMG2264
夕方6時からは食事の時間。

ここで参加者全員と初めて顔を揃えた。2日目から参加のメンバーと合わせて総勢15名余り。地元の東北の方は3人だけ。あとは関東方面が大半で、関西からは自分と男性が2名あまり。

秋田・岩手県は遠いもんで、あんまり人が集まらないだろうってたかくくってたんだが、意外と参加者が集まったもんである。

●次回に続く

●混浴体験ツアーに参加されたい方はこちらから!
http://konyokuroten.com/

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!