■17.10/7(土)~9(祝)届けよう元気!九州復興!美女と旅する、九州・白濁の名湯・秘湯【別府・由布院・黒川温泉】ツアー

2016年4月の熊本地震の影響で、熊本県・大分県の温泉地では風評被害が深刻になっていました。九州屈指の人気温泉地、黒川温泉でも地震の影響はありましたが、大多数の宿・施設は通常営業しています!

九州ふっこう割も発売され、正に今が旬の観光地です。

別府・由布院・黒川温泉の魅力は奥深く一回で魅力の全てを紹介する事は難しいですが、今回はおすすめの混浴露天風呂数ヶ所と絶品風情の貸切り露天風呂、リーズナブルで、しかも地の幸を楽しめる企画で楽しんでいただければと思います。

よって、今回の企画は、「届けよう元気!九州復興!美女と旅する、九州・白濁の名湯・秘湯【別府・由布院・黒川温泉】ツアー」

宿泊場所:
1泊目)大分・別府温泉の温泉旅館

2泊目)熊本・黒川温泉の温泉旅館
(参加者の方に具体的な宿泊場所お知らせいたします)

参加費:男性50,000円・女性無料(人数によります)
(2泊分の宿泊費・宴会飲み物代含む)
※1泊のみの参加の場合は、半額(25,000円)になります。
※マイカー相乗りの場合は同乗者同士のワリカンでお願いします。

●集合:10/7(土)9時半にJR博多駅前集合※九州・地元のメンバーさんの車に便乗して、各地を回ります。

★湯巡りコース:
・10/7(土)現地に直接向かわれる場合は、11時半スギに「JR由布院駅」集合。宿に直接行かれる場合は16時~18時の間、チェックインください。

・10/8(日)現地に直接向かわれる場合は、10時に「別府海浜砂湯」集合。宿に直接行かれる場合は16時~18時の間、チェックインください。

◎JR特急ゆふいんの森(ダイヤ)
・ゆふいんの森1号:9:24)博多駅発→11:35)由布院駅着

参加人数:20名(男性15名・女性5名予定)※人気ツアーにつき、早めに締め切るため仮予約をお願いします。 ※3週間前より、キャンセル料がかかります。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

◇湯巡り・観光コース:

初日)11:30)JR由布院駅~由布院温泉観光・混浴湯巡り~15:00)別府温泉湯巡り~16:30)宿泊先 チェックイン~ 夕食宴会~混浴タイム~2次会

2日目)9:00)チェックアウト~別府海浜砂湯体験~山なみハイウェイ~黒川温泉湯巡り~16:30)宿泊先チェックイン~夕食宴会~ 混浴タイム~2次会

3日目)9:30)黒川温泉湯巡り~現地解散~15:00)JR博多駅着

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

★「なちゅらる」では、昨年に続いての九州秘湯ツアー。 火山王国九州の温泉は日本有数の名湯揃いです。世界的にも珍しい泥湯に、コバルトブルーの湯、洞窟の湯と、 九州にしかない混浴・秘湯の数々を巡って行きます。 お宿は、白濁の湯で有名な別府温泉の人気旅館。貸切露天風呂も数カ所もあり美女と混浴ができます。そして阿蘇の大自然が広がる黒川温泉街から車で10分の閑静なレトロ情緒一杯の人気NO.1の旅館。参加した方には絶対満足のお宿を厳選しました♪ 滅多に行けない「九州秘湯・混浴の旅」ゼヒ一度、ご参加ください♪

観光名所としても有名な、湯布院温泉「下ん湯」

湯布院12

IMG_6606[1]

湯船から観光客が丸見え(^-^;

pict-DSC_5205

湯布院温泉の中では馬車も走ります。

138_2[1]

由布岳の雄姿は素晴らしい(;’∀’)

2011_09060222[1]

その由布岳が眺められる「夢想園」の広大な露天風呂

1337583989[1]

別府温泉は、いたるところから源泉が沸いてます。

200920.7B7EE325C6FCBFCEBBCEA1A2B2D620030[1]

ここが世界的に有名な泥湯の宿「別府保養ランド」

10_919_2[1]

広大な混浴露天風呂

CIMG1063[1]

美容に効果抜群の泥。身体や顔に塗ればお肌がすべすべに。

17[1]

DSC00727-640x480[1]

泥の中にうごめくワニにご注意!(>_<)

pict-DSC00849

pict-DSC00852

●温泉×遊園地、別府市に「湯〜園地」3日間限定オープン – 温泉スライダーやメリーゴーランド

●他にも別府の魅力を紹介動画

https://www.youtube.com/watch?v=woDG0ppttdk

https://www.youtube.com/watch?v=7dbWlT7mOeo

黒川温泉、温泉手形で3か所の混浴露天風呂回ります。

f25967cc8e2b897159ce7ad6011efd80[1]

黒川温泉の名湯「山河旅館の混浴露天風呂」

Y356096091[1]

pict-DSC_5324

あ~  気持ちえぇなぁ♪

pict-DSC_5296

pict-DSC_5289

pict-DSC_5290

うたせ湯もあります。

pict-DSC_5286

pict-DSC_5316

「樹やしき」の混浴露天風呂

ef74122196abf708583776d55cf4ff61[1]

20人は入れそうな広い石風呂です。

pict-DSC_5363

pict-DSC_5372

新明館

1b6daa3b1ae38675615fd4a5592254d6[1]

奥の湯

4d1f2d8f5ed24cb7a2eca3610a5f51c5[1]

黒川温泉の大半の宿には混浴露天風呂があり、混浴温泉パラダイスが堪能できます💛

くまモンにも会えるかも!

*.★。o:☆’;*。:*.★。:*.☆

◆参加お申し込みは、下記のお申し込みフォームからお願いします!◆
なお参加に関する詳細は、「なちゅらる」専用LINEにて(スパムメールが非常に多くセキュリティの問題のため)

LINE ID:ai-cube(マイケルの名前で登録)

※参加費ご入金後、LINE申請お願いします。当日の詳しいスケジュールは、専用トークラインにてお知らせします。

●LINEお持ちで無い方は、連絡のつくメルアドの方にお送りしますので、携帯アドレスしかない方は、URL付きメール受信拒否設定を解除しておいて下さい。

■17.10/7(土)~9(祝)届けよう元気!九州復興!美女と旅する、九州・白濁の名湯・秘湯【別府・由布院・黒川温泉】ツアー

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

■2013年11月度、九州縦断、混浴・秘湯旅行記.1

◆2013年11月度、九州縦断、混浴・秘湯旅行記.1

 

混浴温泉

おー、何という甘美な響きであろうか。

これほどまでに日本人の心を(いや、男心を)癒す言葉が、他にもあるだろうか。

どんなに依怙地で頑固なオヤジでも、一たび耳元で。

「…混浴露天風呂に行きません♥」

と囁かれれば、たちどころに口許が緩み、目尻は下がり、
鼻毛も伸び(いや鼻の下も伸びて)、すっかりだらしない顔になってしまうはずである。

まぁ、そこまで大げさな反応を示さないまでも、 少なくとも混浴と聞いて、

「なんだと、このヤロー!」

などと怒り出す人はおるまい。

混浴は日本古来の文化。
江戸時代までは、通常の銭湯も混浴が一般的だったのである。

誰だって混浴温泉と聞けば、多少は心が和むだろうし、
ましてや実際に女の子と一緒に混浴温泉へ行くとなれば、
つい腰に手を当ててスキップの2メートルくらいはやってしまっても
不思議ではない。

しかし最近の混浴温泉は、そう甘くはない。
ネットの影響でワニが出没し、女性が入って来なくなっているのである。

ワニとは? 混浴風呂で女性が入ってくるのを待つ男性

(用語解説)水の中に身をひそめる姿をなぞらえた言葉

ワニがいるため、どの混浴の露天風呂に行っても、そうやすやすと
簡単には女性など入って来ないのである。

だいたいワニの特徴は、
快楽秘湯 表編「女性のための混浴講座」
http://www2.pre-proj.net/column/lectmixdb/03.html

にも表記されている通り、色々な種類のワニがいるため、
なかなか、その生態を見分けるのは困難なのだが、
何回か混浴温泉に通っていると、その行動がだんだんと判ってくる。

特に女性の方が、一般の入浴客とワニを見分けるのが生理的に判るのか、
ワニが入っていると判ると、そそくさと湯船から出てしまう。

たまに鈍感な女性もいて、裸で温泉に浸かろうものなら、
わらわらと男性が近寄ってきたり、ガン見されたりして
格好の餌食にされてしまうのである。

ワニは、そういった千載一遇のチャンスのためだけに、
時間と金を費やして楽しんでいるのである。

しからば、という事で混浴愛好会なるサークルを作ったのだが、
ところが世の中には混浴してくれるっていう気のいい女性など、
そうはいないのである。

だいたいカップル同士ならまだしも、見ず知らずの単独男性のいる所に
裸で入浴してくれるような物好きな女性など、まずはいないだろう。

小生が仕事柄、女性と接する機会が多く、仲の良くなった学生やOLさんに、
参加費タダにするから秘湯の温泉に行かない!って事で口説いて、
ようやく連れて来ているのであって、ネットで募集したからといって、
1000人に一人の割合でしか、女性からのアクセスなんて無いのである。

よって女性が来ないと成り立たないサークルでもあるため、
せっかく参加してくれた女性に対しては、至れり尽くせりの環境に
していかねばならない。

参加費無料だけならまだしも、往復の送迎、飛行機・新幹線の手配、
昼食代や立ち寄り湯代の負担、中にはファンの男性が土産まで
持たして帰らせるほど、女性にとっては、
まさしく「タレント気分に浸れる」至れり尽くせりの環境である。

まして男性に対しては、ガン見させない、セクハラ行為させない、
連絡先聞かないと、ルールとマナーを徹底的に守らせているおかげで、
今日リピーターの女性が定着してくれるのである。

よってオフ会に来てくれている女性陣は、その数少ない中から
選ばれた稀有な存在であるのは言うまでもない。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

さて今回の混浴温泉の旅、しかも2泊3日、しかも九州!

三役揃い踏みで豪華温泉セットの出来上がりってことで、
いやが上にも心が躍る。

記念すべき第1回目の目的地は、由布院。

博多に前泊した小生は、翌朝に博多の駅前のレンタカー屋で、
ハイブリッドのTOYOTA アクア(AQUA)を借りた。
O

近頃のレンタカー屋も、ハイブリッド車が主力であるらしく、
連休期間中でも簡単にハイブリッド車を借りる事ができる。

博多駅で名古屋から学生のアキちゃんが到着!

今回のオフ会の主役であるアキちゃんは、まさしく
じぇじぇじぇ(‘jjj’)で一躍、国民的アイドルになった
「あまちゃん」の天野アキこと能年玲奈似の美人女子大生。

pict-DSC01141

黒髪のオカッパのショートヘアが似合い、人見知りが激しい所も、
受け答えがワンポイントずれるのも本人と瓜二つである。

そんなアキちゃんと、由布院までの車中はルンルンの二人旅。

いやがうえにも、テンションが上がるではないか!

と思ったのもつかの間、

「いやー仕事で出発が遅れちゃって!!」

と新大阪から新幹線で来た自称:伊賀の忍者の末裔でもあり
サークルの重鎮、来年60歳を迎える「安さん」も博多駅に到着。

博多駅には、小生のクルマ1台しか無いため、
小生のクルマに相乗りとあいまった。 

うーん、テンションが下がるかも…

しかし車の中では、安さんとオッサン同士の下ネタ会話が弾んでしまい、
男と付き合ったこともない純粋無垢な彼女としては、
さぞ引いてしまったことだろう。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■由布院ハーブガーデン「小鳥のたより」

さて、われわれ「九州、秘湯・混浴の旅ご一行様」
が最初に向かった目的地、

由布院ハーブガーデン「小鳥のたより」

resize72182[1]

「由布院ハーブガーデン 小鳥のたより」は、由布岳のふもと、
西側の裾野に広がる広大な敷地にある。

その広さは、約1万坪にも及び、温泉宿が多くある由布院温泉の中でも、
トップクラスの専有面積を誇る。

由布院と言えば、九州の地にありながら、全国区の人気を誇り、
また憧れの温泉地としても知られている。

だからこそ、温泉宿も相当高いレベルを求められ、
施設側にとっては大変な努力を要することにもなる。
そんな状況の中、「小鳥のたより」は、2012年7月下旬に
グランドオープンを果たしたのだそう。

中庭から見た由布岳
6295000100033[1]

この宿の特長的なところは、そのスタイル。

フロントのある本館を入口にして、広い敷地に、
浴室棟や客室棟、レストラン棟などが点在するレイアウトになっているのだ。
kotori_e02[1]

つまり、男女別大浴場や、露天風呂、またはレストランに行く場合は、
部屋からいったん外に出て、歩かなければならないという事だ。

本館エントランスの外観
6295000100026[1]

これが実に楽しい。敷地全体が、街を形成しているようだ。
pict-DSC_0075

部屋が家で、外にお風呂へ行ったり、ご飯を食べにレストランへと、
お出かけする感覚だ。 適当な距離もいい。

ドームハウス棟やテラスヴィラ棟など、高台にある客室棟からは、
アップダウンが多少あるが、足腰に不自由を感じる人以外であれば、
けっこうな運動、もしくは散歩と思えば楽しい。
6295000100035[1]

歩いている途中に見かける緑や、風景が、忙しない日常を過ごしている
身にとっては、精神的な栄養を補給させてくれるようである。

とは言っても、われわれの目的は温泉。

しかも混浴である。

初日に15人ほど集まったメンバーが3つの貸切露天風呂に、
それぞれ分散することに。

女の子を1か所に入れてしまうと不公平感が出るので、
各湯船に1名ずつ配備することにした。

もちろん小生は、アキちゃんと一緒(^.^)
pict-DSC_0042

pict-DSC_0061

pict-DSC_0065

ここの温泉。コバルトブルーと称される極上の温泉は、
これだけでもこの地に来たかいがあったというものだ。

この青い湯は、温泉湧出量で国内第3位、源泉数第2位を誇る由布院温泉でも、
非常に珍しく、この「小鳥のたより」以外でも、すぐ近くの「庄屋の館」
くらいしかなく、 大分県では、海地獄、鉄輪温泉 神和苑、いちのいで会館
の等の周辺の一部の宿でしか 見ることができない。

この後に訪れる、熊本のわいた温泉郷(山川温泉など) などもその一部。
本州でもほんの数ヵ所しかないと言われる、希少な温泉なのだ。

6295000100019[1]

この青い色の原因を作っているのが、含有成分のひとつ、メタケイ酸。

化粧水にも含まれる、天然の保湿成分と言われるもの。
メタケイ酸(シリカ)を乾燥させると、よく食品の乾燥剤として使われる
「シリカゲル」になる。

これは、水と結びつきたがる性質があり、空気中の水分も吸収する。

この成分が皮膚の角質層にたくさん含まれていれば保水力が高まり、
保湿効果が期待できるのだ。

貸切露天風呂

6295000100015[1]

このメタケイ酸(シリカ)が、青い湯の正体。

最初は無色透明だったものが、時間を経過すると、
透明感のある青色に変化し、さらに時間を置くとミルキーな青色になっていく。

これは、シリカが細かい粒子(コロイド)になって固体化し、
それが光に当たると、波長の短い青色の光だけを散乱させ、湯が青く見えるという。

いずれにしても、青い湯は色だけで楽しませてくれるだけでなく、
肌の保湿効果もあるという事で、ありがたい温泉であるのである。

カラダの芯まで温めてくれる「熱の湯」という大きな特長以外でも、
肌にハリを与えてくれたり、スベスベにしてくれたりと、
ここは「美肌の湯」と評価できる。

それだけ 極上の温泉と言えるのだ。

これを、循環や塩素消毒をせず、自然のまま、湯舟に源泉を注ぎ、
湯浴みができるのだから、「小鳥のたより」の温泉偏差値は高い。

女性と行けば、最高に喜ばれる選択肢かと思う。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■由布院温泉 由布院ハーブガーデン 小鳥のたより

住所:大分県由布市湯布院町川上
連絡先:☎ 0977-28-8880
入浴時間:10:00~22:00
男女別大浴場・露天風呂:500円
貸し切り露天風呂:50分1,500円
源泉名:ハーブガーデン
泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
効能:打ち身 外傷 筋肉痛など
http://www.yufuin-kotori.com/index.html

次回に続く

☆★╋╋‥・━╋・・・☆★★☆・・・╋━・‥╋★☆

混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」

PCmail:natural@herb.ocn.ne.jp
携帯メール:oasis-natural@docomo.ne.jp
WEBサイト http://www.konyokuroten.com
・facebookページ「全国混浴秘湯・露天風呂愛好会「なちゅらる」
http://www.facebook.com/onsen.tadano
・mixiコミュニティ「混浴オフ会に参加しませんか」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5584909
・アメ風呂女学園“OKB47が行く混浴・秘湯レポート”
http://ameblo.jp/oasis-natural/
★今回は、アキちゃんの九州温泉レポートだよ!

☆★╋╋‥・━╋・・・☆★★☆・・・╋━・‥╋╋★☆

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

◆13.11/2(土)~4(祝)九州・別府・由布院・黒川温泉オフ会

 

◆11/2(土)~4(祝)九州・別府・由布院・黒川温泉オフ会

宿泊場所:1泊目)大分・由布院温泉の温泉旅館
                   2泊目)熊本・黒川温泉の温泉旅館

参加費:男性46000円・女性26000円
(2泊分の宿泊費・宴会飲み物代・保険料含む)
※1泊のみの参加の場合は、半額になります。
※マイカー相乗りの場合は同乗者同士の
ワリカンでお願いします。

集合:11/2(土)13時にJR由布院駅前集合
※マイカー に便乗して、各地を回ります。
★直接現地に向かわれる場合は、立ち寄り湯・宿泊先での合流も可能です。

参加人数:12名
※連休期間中につき、定員オーバーの場合は、
近くの旅館の別宿になること、ご了承ください。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

◇湯巡り・観光コース:

初日)13時)由布院温泉湯巡り~宿泊先 チェックイン~
夕食宴会~混浴タイム~2次会

2日目)別府温泉湯巡り~宿泊先チェックイン~夕食宴会~
混浴タイム~2次会

3日目)黒川温泉湯巡り~現地解散(14時頃)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

★「なちゅらる」では、昨年に続いての九州秘湯ツアー。
火山王国九州の温泉は日本有数の名湯揃いです。
泥湯に、コバルトブルーの湯、洞窟の湯と、
九州にしかない混浴・秘湯の数々を巡って行きます。
お宿は、由布岳が一望できる広大な貸切露天風呂のある
有名旅館。そして阿蘇の大自然が広がる黒川温泉街から
車で10分の閑静なレトロ情緒一杯の人気NO.1の旅館。

参加した方には絶対満足のお宿を厳選しました♪
滅多に行けない「九州秘湯・混浴の旅」ゼヒ一度、ご参加ください♪

❖昨年の九州オフ会より

200-06 200920.7B7EE325C6FCBFCEBBCEA1A2B2D620030[1]
10_919_2[1] CIMG1063[1]
17[1] DSC00727-640x480[1]
DSC00848 DSC01770
DSC01807 lrg_10691410[1]
黒川1 黒川24
湯布院12IMG_6606[1]
IMGP0275   50scene_7[1]
DSC01790 DSC01819
0000132313[1]DSC01757

*.★。o:☆’;*。:*.★。:*.☆。o:★’;*。:*.☆。:*.★。:*. o:☆

◆参加お申し込みは、メールnatural@herb.ocn.ne.jp
もしくは、 携帯 oasis-natural@docomo.ne.jp

下記のお申し込みフォームからもOK!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

★お申し込みの際には、お名前・年齢・ご住所・携帯番号・
携帯アドレス・ マイカー出しOKかどうか、
相乗りOKかどうか、 相乗り希望かどうかの、ご連絡ください。

追って、詳しい案内状・当日のレジュメ記載された
メンバー向けページの paswordお知らせします。

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

■2012年11月度、九州オフ会レポート2

■由布院観光巡り

ゆふいんという温泉地は、なかなかどうして「やるじゃん」と一言ホメたくなる雰囲気に満ちている。

町をあげて、お洒落な雰囲気作りに努めているらしいのだが、それが実に上手く機能しているように思えるのだ。

まず第一に、「由布院」という名称が、なんとも言えずに、この地の雰囲気を伝えるのに成功している。

そして第二に、市街地がこぢんまりと可愛らしくまとまっていて、華美なネオンサインなどが無い点も、好感が持てる。

他の歓楽街の温泉地にありがちな、

「何もそこまでやらなくても…」

といった “おとっつあん的” な雰囲気が、極力抑えられていて、町全体が女性向きなのである。

そして第三に、どの旅館もそれぞれに自分なりの凝った造り、凝ったおもてなしを演出していて、

「また来てみたあ~い!」

と思わせる雰囲気作りに努めている。

特に「由布院」のBIG3と呼ばれる「亀の井」「玉の湯」「無量塔」の三旅館は、泊まらずとも、ちょっとお茶だけでも飲みに立ち寄ってみる価値がある。

 

ちなみに、「九州混浴三昧友の会ご一行」のわれわれは、その「亀の井別荘」にある「天井桟敷」を訪れることにした。

 

■茶房 天井桟敷(さぼう てんじょうさじき)

亀の井別荘の敷地内にある風情ある喫茶店。

江戸時代の造り酒屋を移築して造ったとっても雰囲気のいい喫茶店である。

天井の梁などもすごく立派な材木が使われていて、調度品もシックでお洒落で落ち着く。

亀の井別荘さんの敷地内にあり、鍵屋さんの2階になる。

階段はあまり広くなく、ちょっと急ですのでお足元に気をつけなければならない。

■茶房 天井桟敷

住所:大分県大分郡湯布院町川上2633-1

電話:0977-85-2866

営業時間:8:00~20:00
次に金鱗湖へ行った。
天井桟敷からは歩いて2分足らずで着く。
湖というよりは池と言ったほうが良いだろう。

思っていたよりも小さかった。

 

金鱗湖のスグ側には、「下ん湯」という混浴の共同浴場がある。

下ん湯の源泉温度は 63℃だそうで、湯船も 50℃近くはある激熱!

下ん湯は観光地にあるので 地元の人も含め ひっきりなしに 人が出入りする。

また、風呂に入らない観光客も どんなお風呂なんだろうと 入口から顔を出したり、

ちょっと入って来て お湯に手を付けてみたり…

と、かなり落ち着かない環境だったために、女の子は入らずじまい。

 

■下ん湯

住所:大分県由布市湯布院町川上岳本

TEL:0977-84-3111(湯布院町商工観光課)

入浴料: 200円

営業時間: 9:00~23:00

露天(混浴1) 内風呂(混浴1)

泉質:単純温泉

効能:神経痛・関節痛・うちみ・慢性消化器病・痔疾・五十肩…etc.

バスタオル巻き:NG

 

下ん湯から出ると、土産物屋や、休憩処がたくさんある。
Mちゃんは土産物屋で「鼈甲玉(べっこうぎょく)」という、
ゼリーの様なゆずのお菓子を買っていた。

メンバーも由布院駅までのメインストリートにあるお店へあちこち入り、
佃煮に洋菓子、和菓子などなど、たくさん土産を買っていた。

すると女の子たちから急に悲鳴が!

「キャーお馬さんだ!」「乗ってみたーい!」

由布院のあちこちで、観光客用のほろ馬車を見かける。

おそらく乗せてしまうと、料金も高いのだろう。

宿に到着する時間も遅れてしまうため、一行は女の子たちのリクエストを振り切り、宿の方に向かうのであった。

 

次回に続く

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!