■17.10/7(土)~9(祝)届けよう元気!九州復興!美女と旅する、九州・白濁の名湯・秘湯【別府・由布院・黒川温泉】ツアー

2016年4月の熊本地震の影響で、熊本県・大分県の温泉地では風評被害が深刻になっていました。九州屈指の人気温泉地、黒川温泉でも地震の影響はありましたが、大多数の宿・施設は通常営業しています!

九州ふっこう割も発売され、正に今が旬の観光地です。

別府・由布院・黒川温泉の魅力は奥深く一回で魅力の全てを紹介する事は難しいですが、今回はおすすめの混浴露天風呂数ヶ所と絶品風情の貸切り露天風呂、リーズナブルで、しかも地の幸を楽しめる企画で楽しんでいただければと思います。

よって、今回の企画は、「届けよう元気!九州復興!美女と旅する、九州・白濁の名湯・秘湯【別府・由布院・黒川温泉】ツアー」

宿泊場所:
1泊目)大分・別府温泉の温泉旅館

2泊目)熊本・黒川温泉の温泉旅館
(参加者の方に具体的な宿泊場所お知らせいたします)

参加費:男性50,000円・女性無料(人数によります)
(2泊分の宿泊費・宴会飲み物代含む)
※1泊のみの参加の場合は、半額(25,000円)になります。
※マイカー相乗りの場合は同乗者同士のワリカンでお願いします。

●集合:10/7(土)9時半にJR博多駅前集合※九州・地元のメンバーさんの車に便乗して、各地を回ります。

★湯巡りコース:
・10/7(土)現地に直接向かわれる場合は、11時半スギに「JR由布院駅」集合。宿に直接行かれる場合は16時~18時の間、チェックインください。

・10/8(日)現地に直接向かわれる場合は、10時に「別府海浜砂湯」集合。宿に直接行かれる場合は16時~18時の間、チェックインください。

◎JR特急ゆふいんの森(ダイヤ)
・ゆふいんの森1号:9:24)博多駅発→11:35)由布院駅着

参加人数:20名(男性15名・女性5名予定)※人気ツアーにつき、早めに締め切るため仮予約をお願いします。 ※3週間前より、キャンセル料がかかります。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

◇湯巡り・観光コース:

初日)11:30)JR由布院駅~由布院温泉観光・混浴湯巡り~15:00)別府温泉湯巡り~16:30)宿泊先 チェックイン~ 夕食宴会~混浴タイム~2次会

2日目)9:00)チェックアウト~別府海浜砂湯体験~山なみハイウェイ~黒川温泉湯巡り~16:30)宿泊先チェックイン~夕食宴会~ 混浴タイム~2次会

3日目)9:30)黒川温泉湯巡り~現地解散~15:00)JR博多駅着

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

★「なちゅらる」では、昨年に続いての九州秘湯ツアー。 火山王国九州の温泉は日本有数の名湯揃いです。世界的にも珍しい泥湯に、コバルトブルーの湯、洞窟の湯と、 九州にしかない混浴・秘湯の数々を巡って行きます。 お宿は、白濁の湯で有名な別府温泉の人気旅館。貸切露天風呂も数カ所もあり美女と混浴ができます。そして阿蘇の大自然が広がる黒川温泉街から車で10分の閑静なレトロ情緒一杯の人気NO.1の旅館。参加した方には絶対満足のお宿を厳選しました♪ 滅多に行けない「九州秘湯・混浴の旅」ゼヒ一度、ご参加ください♪

観光名所としても有名な、湯布院温泉「下ん湯」

湯布院12

IMG_6606[1]

湯船から観光客が丸見え(^-^;

pict-DSC_5205

湯布院温泉の中では馬車も走ります。

138_2[1]

由布岳の雄姿は素晴らしい(;’∀’)

2011_09060222[1]

その由布岳が眺められる「夢想園」の広大な露天風呂

1337583989[1]

別府温泉は、いたるところから源泉が沸いてます。

200920.7B7EE325C6FCBFCEBBCEA1A2B2D620030[1]

ここが世界的に有名な泥湯の宿「別府保養ランド」

10_919_2[1]

広大な混浴露天風呂

CIMG1063[1]

美容に効果抜群の泥。身体や顔に塗ればお肌がすべすべに。

17[1]

DSC00727-640x480[1]

泥の中にうごめくワニにご注意!(>_<)

pict-DSC00849

pict-DSC00852

●温泉×遊園地、別府市に「湯〜園地」3日間限定オープン – 温泉スライダーやメリーゴーランド

●他にも別府の魅力を紹介動画

https://www.youtube.com/watch?v=woDG0ppttdk

https://www.youtube.com/watch?v=7dbWlT7mOeo

黒川温泉、温泉手形で3か所の混浴露天風呂回ります。

f25967cc8e2b897159ce7ad6011efd80[1]

黒川温泉の名湯「山河旅館の混浴露天風呂」

Y356096091[1]

pict-DSC_5324

あ~  気持ちえぇなぁ♪

pict-DSC_5296

pict-DSC_5289

pict-DSC_5290

うたせ湯もあります。

pict-DSC_5286

pict-DSC_5316

「樹やしき」の混浴露天風呂

ef74122196abf708583776d55cf4ff61[1]

20人は入れそうな広い石風呂です。

pict-DSC_5363

pict-DSC_5372

新明館

1b6daa3b1ae38675615fd4a5592254d6[1]

奥の湯

4d1f2d8f5ed24cb7a2eca3610a5f51c5[1]

黒川温泉の大半の宿には混浴露天風呂があり、混浴温泉パラダイスが堪能できます💛

くまモンにも会えるかも!

*.★。o:☆’;*。:*.★。:*.☆

◆参加お申し込みは、下記のお申し込みフォームからお願いします!◆
なお参加に関する詳細は、「なちゅらる」専用LINEにて(スパムメールが非常に多くセキュリティの問題のため)

LINE ID:ai-cube(マイケルの名前で登録)

※参加費ご入金後、LINE申請お願いします。当日の詳しいスケジュールは、専用トークラインにてお知らせします。

●LINEお持ちで無い方は、連絡のつくメルアドの方にお送りしますので、携帯アドレスしかない方は、URL付きメール受信拒否設定を解除しておいて下さい。

■17.10/7(土)~9(祝)届けよう元気!九州復興!美女と旅する、九州・白濁の名湯・秘湯【別府・由布院・黒川温泉】ツアー

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

◆15.11/21(土)~23(祝)美女と一緒に旅する、九州・白濁の名湯・秘湯【別府・由布院・黒川温泉】オフ会

◆11/21(土)~23(祝)美女と一緒に旅する、九州・白濁の名湯・秘湯【別府・由布院・黒川温泉】オフ会

宿泊場所:
1泊目)大分・由布院温泉の温泉旅館

2泊目)熊本・黒川温泉の温泉旅館

参加費:男性50,000円・女性無料(人数による) (2泊分の宿泊費・宴会飲み物代含む) ※1泊のみの参加の場合は、半額(25,000円)になります。 ※マイカー相乗りの場合は同乗者同士のワリカンでお願いします。

集合:11/21(土)9時半にJR博多駅前集合※レンタカー に便乗して、各地を回ります。

★湯巡りコース:
・11/21(土)現地に向かわれる場合は、11時半に「JR由布院駅」集合。宿に直接行かれる場合は16時~18時の間、チェックインください。

・11/22(日)現地に向かわれる場合は、12時に「JR阿蘇駅」集合。宿に直接行かれる場合は16時~18時の間、チェックインください。

◎JR特急ゆふいんの森(ダイヤ)
・ゆふいんの森1号:9:24)博多駅発→11:35)由布院駅着

参加人数:20名(男性15名・女性5名予定)※人気ツアーにつき、早めに締め切るため仮予約をお願いします。 ※3週間前より、キャンセル料がかかります。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

◇湯巡り・観光コース:

初日)11:30)JR由布院駅~由布院温泉観光・湯巡り~15:00)別府温泉湯巡り~16:30)宿泊先 チェックイン~ 夕食宴会~混浴タイム~2次会

2日目)9:00)チェックアウト~山なみハイウェイ~12:00)JR阿蘇駅~13:00)阿蘇・地獄温泉~15:00)黒川温泉湯巡り~16:30)宿泊先チェックイン~夕食宴会~ 混浴タイム~2次会

3日目)9:30)万願寺温泉~11:00)壁湯温泉~現地解散~15:00)JR博多駅着

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

★「なちゅらる」では、1昨年に続いての九州秘湯ツアー。 火山王国九州の温泉は日本有数の名湯揃いです。世界的にも珍しい泥湯に、コバルトブルーの湯、洞窟の湯と、 九州にしかない混浴・秘湯の数々を巡って行きます。 お宿は、由布岳が一望できる広大な貸切露天風呂のあるリゾート旅館。そして阿蘇の大自然が広がる黒川温泉街から車で10分の閑静なレトロ情緒一杯の人気NO.1の旅館。参加した方には絶対満足のお宿を厳選しました♪ 滅多に行けない「九州秘湯・混浴の旅」ゼヒ一度、ご参加ください♪

❖1昨年の九州オフ会より

由布岳が眺められる広大な露天風呂
1337583989[1]
別府温泉は、いたるところから源泉が沸いてます。
200920.7B7EE325C6FCBFCEBBCEA1A2B2D620030[1]
ここが世界的に有名な泥湯の宿
10_919_2[1]
広大な混浴露天風呂
CIMG1063[1]
美容に効果抜群の泥。身体や顔に塗ればお肌がすべすべに。
17[1]
DSC00727-640x480[1]
黒川温泉の名湯「山河旅館の混浴露天風呂」
DSC01807
lrg_10691410[1]
0000132313[1]
DSC01790
湯布院温泉「下ん湯」
湯布院12
IMG_6606[1]
湯布院温泉の中では馬車も走ります。
138_2[1]
コバルトブルーの温泉
pict-DSC01213
pict-kotori_n01_01[1]
50scene_7[1]
くまモンにも会えます!
pict-4_DSC03654[1]

*.★。o:☆’;*。:*.★。:*.☆。o:★’;*。:*.☆

◆参加お申し込みは、
natural@herb.ocn.ne.jp
tadanoonsen@gmail.com 
oasis-natural@docomo.ne.jp

下記のお申し込みフォームからもOK! 

★お申し込みの際には、参加イベント名・お名前・年齢・ご住所・ 携帯番号・ 携帯アドレス・ マイカー出しOKかどうか、 相乗りOKもしくは 相乗り希望かどうかの、 ご連絡ください。 

★参加費ご入金後、詳しい案内状・当日のレジュメ記載されたメンバー向けページの paswordお知らせします。 

11/21(土)~23(祝)美女と一緒に旅する、九州・白濁の名湯・秘湯【別府・由布院・黒川温泉】オフ会 参加フォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

■2012年11月度、九州オフ会レポート2

■由布院観光巡り

ゆふいんという温泉地は、なかなかどうして「やるじゃん」と一言ホメたくなる雰囲気に満ちている。

町をあげて、お洒落な雰囲気作りに努めているらしいのだが、それが実に上手く機能しているように思えるのだ。

まず第一に、「由布院」という名称が、なんとも言えずに、この地の雰囲気を伝えるのに成功している。

そして第二に、市街地がこぢんまりと可愛らしくまとまっていて、華美なネオンサインなどが無い点も、好感が持てる。

他の歓楽街の温泉地にありがちな、

「何もそこまでやらなくても…」

といった “おとっつあん的” な雰囲気が、極力抑えられていて、町全体が女性向きなのである。

そして第三に、どの旅館もそれぞれに自分なりの凝った造り、凝ったおもてなしを演出していて、

「また来てみたあ~い!」

と思わせる雰囲気作りに努めている。

特に「由布院」のBIG3と呼ばれる「亀の井」「玉の湯」「無量塔」の三旅館は、泊まらずとも、ちょっとお茶だけでも飲みに立ち寄ってみる価値がある。

 

ちなみに、「九州混浴三昧友の会ご一行」のわれわれは、その「亀の井別荘」にある「天井桟敷」を訪れることにした。

 

■茶房 天井桟敷(さぼう てんじょうさじき)

亀の井別荘の敷地内にある風情ある喫茶店。

江戸時代の造り酒屋を移築して造ったとっても雰囲気のいい喫茶店である。

天井の梁などもすごく立派な材木が使われていて、調度品もシックでお洒落で落ち着く。

亀の井別荘さんの敷地内にあり、鍵屋さんの2階になる。

階段はあまり広くなく、ちょっと急ですのでお足元に気をつけなければならない。

■茶房 天井桟敷

住所:大分県大分郡湯布院町川上2633-1

電話:0977-85-2866

営業時間:8:00~20:00
次に金鱗湖へ行った。
天井桟敷からは歩いて2分足らずで着く。
湖というよりは池と言ったほうが良いだろう。

思っていたよりも小さかった。

 

金鱗湖のスグ側には、「下ん湯」という混浴の共同浴場がある。

下ん湯の源泉温度は 63℃だそうで、湯船も 50℃近くはある激熱!

下ん湯は観光地にあるので 地元の人も含め ひっきりなしに 人が出入りする。

また、風呂に入らない観光客も どんなお風呂なんだろうと 入口から顔を出したり、

ちょっと入って来て お湯に手を付けてみたり…

と、かなり落ち着かない環境だったために、女の子は入らずじまい。

 

■下ん湯

住所:大分県由布市湯布院町川上岳本

TEL:0977-84-3111(湯布院町商工観光課)

入浴料: 200円

営業時間: 9:00~23:00

露天(混浴1) 内風呂(混浴1)

泉質:単純温泉

効能:神経痛・関節痛・うちみ・慢性消化器病・痔疾・五十肩…etc.

バスタオル巻き:NG

 

下ん湯から出ると、土産物屋や、休憩処がたくさんある。
Mちゃんは土産物屋で「鼈甲玉(べっこうぎょく)」という、
ゼリーの様なゆずのお菓子を買っていた。

メンバーも由布院駅までのメインストリートにあるお店へあちこち入り、
佃煮に洋菓子、和菓子などなど、たくさん土産を買っていた。

すると女の子たちから急に悲鳴が!

「キャーお馬さんだ!」「乗ってみたーい!」

由布院のあちこちで、観光客用のほろ馬車を見かける。

おそらく乗せてしまうと、料金も高いのだろう。

宿に到着する時間も遅れてしまうため、一行は女の子たちのリクエストを振り切り、宿の方に向かうのであった。

 

次回に続く

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!