■奥飛騨オフ会。Season10 「佳留萱山荘」秘湯レポート

  ■14.10月度、岐阜・新穂高温泉「佳留萱山荘」秘湯レポート

新穂高温泉「佳留萱山荘」編

10月のオフ会は、紅葉も深まる岐阜県・奥飛騨温泉郷。
ph[1]
3[1]

今回は、奥飛騨温泉郷の高台にある新穂高温泉、水明館佳留萱山荘に行ってきた。

いまや、TVや雑誌でよく紹介される有名な温泉宿なのだが、
なぜか敷地内にキャンプ場が併設されている。

何といってもキャンプしながら、露天風呂に入れるっていうワイルドさがいい(^_-)-☆

しかも、東海随一を誇る約250畳もの広さの露天風呂!しかも混浴である! 

さらに、なんと海パン・水着の着用は不可なのである(^^♪

妄想を抱いたまま、飛騨高山から国道158号を抜け、
平湯温泉から少し北上して現地へ。

さて、まず最初に立ち寄り湯したのは、「深山荘別館 槍の郷」
pict-DSC00427

そう、あの有名な混浴露天風呂を要する「深山荘」から
1キロくらい手前に位置する、別館の温泉宿である。

大きな露天風呂のある新穂高の宿「深山荘」の別館。
有名な無料露天風呂「新穂高の湯」のすぐ近くにあり、
新しくてちょっと洋風な感じの外観。

日帰り入浴できるのは貸切露天風呂のみ。
貸切露天は蒲田川沿いに3つあり、今回は「山伏の湯」に入浴。

まず入浴料2000円を払って、「山伏の湯」という貸切露天風呂に入ることに。

なぜか、この露天風呂。
湯船のど真ん中にブランコがあるではないか!
pict-DSC_2347

pict-DSC_2342

おまけに浮き輪や、エアーマットまである。
pict-DSC_3073
pict-DSC_3081

さしずめ、温泉というよりは温水プール。

なぜ、何のために付けたのかは判らないが、女性陣には非常にウケた…。

子供連れだと喜ぶんだろうな!

女性陣、最初は大人しく座ってブランコ漕いでいたのだが、
座って漕いでもなかなか動かない。

やはり勢いをつけるには立ち上がらないという事で、
そのうち皆が立ち上がってブランコすることに.…。

ただし男のブランコは醜い…(^-^;

pict-DSC_2333

もう一つの「子宝の湯」は、岩を組んだ大きな湯船に
木製の唐傘のような屋根がかけられ、丸太の樋から湯がどぼどぼと注がれている。

湯は一瞬とても熱く感じるが、入ってしまうと気持ちのいい適温。
湯は弱い硫黄臭、薄い硫黄味で滑らかな肌触り、茶色っぽい細かい湯の花も漂っている。
湯口の湯は湯量たっぷり、ちょい熱めだが触れない温度ではない。

pict-DSC_3021
pict-DSC_3023
打たせ湯もある。
pict-DSC_3029

そして子宝の湯と言えば・・・男性のシンボルのオブジェが・・(笑)
pict-200711.8.20yarimikan%20(13)[1]
笠を取るとかなりリアル。
pict-DSC_2352

このオブジェを抱っこすると子宝に恵まれるらしい。

本当かどうかは知らないが、女の子たちは入れ代わり立ち代わり抱っこすることに(笑)
pict-DSC_2351

擦ると変にリアルになってしまう。
pict-DSC_3069

他にも「タルの湯」というカップル専用の貸切風呂もある。
DSC_0004
DSC_0003

なんだかラブホテルっぽい貸切露天風呂のオンパレード。

また、ここの温泉、日本初登場の「尻湯」がある。

この穴の上に座ると非常に気持ちがいい。
siriyu[1]

足湯に浸かりながら、お尻の穴も温められる。
(痔には良いかも…)

長時間座ることはできないが、なぜか落ち着くのだ。

ここに座って見える景色は、穂高連峰 槍ヶ岳。
pict-DSC_0092

このすぐ横には、熱い温泉でできた、その名も「地獄玉子」と
冷水でよく冷えたラムネが無人販売している。

■新穂高温泉「深山荘別館槍の郷」

【住所】岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾4-8
【電話番号】0578-89-3434
【泉質】ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
【入浴料】2000円(4人まで入れる)
【立ち寄り湯時間】10:00~16:00
【露天風呂】貸切3、男女各1(貸切可)

さて、目指す「佳留萱山荘」に到着したのは、夕方の4時過ぎ。

過去に30回以上宿泊したこともある常宿の宿なのだが、
毎回訪れても飽きがないのが、この宿の特徴。
124_2469[1]

「日本秘湯を守る会」の宿のひとつなのだが、
最近はTVの温泉番組でもよく取材され、なかなか予約の取れにくい宿の為、
1年前から予約を入れておかないと、われわれのような30人~40人前後の団体は、
まず予約が取れない人気旅館なのである。

チェックインが意外と早かったため、すぐ屋外の混浴露天風呂へ行くことに。
pict-DSC_3171

男女別の脱衣所がある。女性は女湯の方から着替えて入ることができる。

オープンタイプの下駄箱に靴を預け、脱衣所に入る。

脱衣所内には造り付けの棚に脱衣カゴのみ。
貴重品類は持ち込まない方が良さそうだ。
以前、小生は買ったばかりのNIKEのスニーカーを盗まれたことがある。

洗面所にはドライヤーのみ備え付けられている。
温泉分析表と利用状況表は、洗面所の所に掲示されている。

露天スペースへ出ると簡素な造りの洗い場と掛け湯がある。
洗い場には、一応ボディーソープとリンスINシャンプーが備え付け。

さて、大野天風呂は、東海地区で最大級の大きさという触れ込みだ。
2-17

pict-20120723-182439-1-N[1]

広大な露天スペースに3つの浴槽、洞窟風呂などが点在している。

洗い場側にある浴槽が一番大きく、中央の湯口から湯が盛大に浴槽に投入されている。

そうこうしている内に、
女の子たちがバスタオルを巻いて女性専用露天風呂から登場。

この大野天風呂は、広大なスペースが総て混浴。
pict-DSC00288
バスタオル巻はOKで、持ってない方はフロントにて300円でレンタル可能。

女の子曰わく、女性専用露天風呂も結構広めの浴槽のようだが、
高い塀に囲まれているので開放感は無いそうだ。
IMGP3014
上の写真中央の塀の向こうが女性専用露天風呂。

滝湯もある。
pict-DSC00287

この広大な露天浴槽を満たす湯の泉質は、弱アルカリ性単純温泉。

源泉は3本あり、炭酸水素塩泉の「カルカヤ1号泉」と
弱アルカリ性単純温泉の「カルカヤ2号泉」を混合して掛け流し利用している。

この混合泉は、貸切露天風呂の「河鹿の湯」にも利用しているとのこと。

炭酸水素塩泉の「カルカヤ3号泉」は、宿泊棟にある内湯と
残りの貸し切り露天風呂に利用。

ちなみに貸切露天風呂は宿泊者には無料だが、
立ち寄り湯でも別金大人1500円でも利用出来るとのこと。

当然、宿泊しているわれわれは無料とのことなので、
川沿いにある「河鹿の湯」にも入ることに。

ここが脱衣所の入り口
pict-DSC_2454

すぐ横に川が流れる絶好のポジション
pict-DSC_3084
pict-DSC_3112

貸切露天風呂の方が、混浴露天風呂よりかなり熱い。
女の子たちも足湯だけで湯に入らず、日向ぼっこ。

pict-DSC_3100
pict-DSC_3093

長く浸かっているとのぼせてしまいそうなので、すぐ横の河原の方に移動。
川の水は冷たいが、真夏だと逆に快適…。
pict-DSC_3142

女の子たちもマッ裸状態で、川の中でキャーキャー騒いでいたが、
これだけの開放感だと、逆に恥ずかしくないかも(笑)
pict-DSC_3138
pict-DSC_3152
pict-DSC_3154
pict-DSC_3128

大自然の中で撮ると、宮沢りえの写真集「サンタフェ」みたい(^^;)
pict-DSC_2413
pict-DSC_3149

川向うに、穂高荘「山のホテル」が見える。
向かいから見えてるようだが、裸でもこの開放感なら気にならないかも…。

あとの貸切露天風呂はテレビ東京の「テレビチャンピオン大工王選手権」
の番組内で作られた回転式の露天風呂「夢をいつまでもの湯」、
槍ヶ岳が正面に一望できる「望槍の釜湯」の3つ。
phonsen02_01[1]
buroguPA061235[1]

ちなみに「夢をいつまでもの湯」の回転風呂は、
今は壊れてて取り外したとのこと。

昔はこうして皆で回すと湯船自体が動いたもの。
pict-DSC00025
091017okuhida044

今はこの丸いテーブルは取り除いている。

なお佳留萱山荘に湧く3本の源泉総湧出量は、毎分1111リットル!
小さな温泉地なら楽にまかなえそうな量だ。

湯はやや緑色した薄濁り、サラサラした浴感で、温度は41度と適温。

弱い金属味、金属臭と湯口では弱い硫黄臭も感じ、
炭酸も多く含まれているようで、湯口には気泡がびっしり。

存分に湯浴みを楽しんだ後、ロビーで座っていると
続々と本日のオフ会のメンバーがチェックインしてきた。

「お待ちしておりました!」と、フロントに居た仲居さんが、
チェックインしてきたメンバーを笑顔で迎え入れていただき、
てきぱきと部屋に通してもらう。

あらかじめ作っておいた部屋割り表によって、参加メンバーが部屋に誘導されていく。
もう20年近く泊まっている宿のため、従業員の方も手馴れているのだ。

ロビーには暖炉と薪があり、見た目は決して豪華ではないが、
素朴で、ゆったり流れる山の時間を感じさせてくれる造りである。
8508651[1]
12081522[1]

近くに野生の鹿の剥製も飾ってあり、山荘の雰囲気たっぷりある。
20100503020716628[1]

2Fには娯楽室兼、展望室なるものがあり、卓球台が用意されている。
yjimageUAY1LDV0

なお川沿いの部屋は山側より料金設定が少し高め。

部屋から聞こえる川の風景とせせらぎはリラックスさせてくれる。

さて、いよいよ夕食の時間。1Fの食事処でいただくことに。

われわれは川側のテーブルなのだが、窓際のテーブルだけ
他のお客様用にパーテーションで仕切られている。

献立は「飛騨牛の朴葉みそステーキ」「岩魚塩焼き」「刺身」など
山・川・海の幸が合わさった料理でボリューム満点。
640x640_rect_16042650[1]

宴もたけなわ
pict-1110karukaya_007
pict-1110karukaya_006
pict-12-10-Karukaya-030
pict-12-10-Karukaya-029
pict-12-10-Karukaya-026
pict-12-10-Karukaya-025
pict-12-10-Karukaya-016

宴会の後は、お約束の混浴露天風呂タイムに突入!
pict-RIMG0564
pict-RIMG0566
目当ての女の子の所に行くもので、男性陣はあっちこち動き回る。
pict-DSC01005
pict-DSC01006
pict-DSC01020
pict-DSC01022
pict-DSC01029
pict-DSC01028
pict-RIMG0573
pict-DSC01002
この日は快晴で、空を見上げると満天の星が…。

最後になるが、毎回泊まっているのに飽きが来ないほど、
この「佳留萱山荘」は、ごくごく自然で、
心地良いサービスが徹底された宿なんじゃないかなと思う。

この宿が世間で有名になった理由は、大露天風呂だけじゃない、
ことを訪れるたびに確信したのだ。

また来年10月の紅葉時に再び皆と会えることに!
pict-12-10-Karukaya-065

「水明館 佳留萱山荘」(すいめいかん かるかやさんそう)

■TEL:0578-89-2801
■住所:岐阜県吉城郡上宝村神坂555
■アクセス: 車で中央自動車道 松本IC→R158 90分
■電車:JR高山本線「高山駅」下車バス新穂高温泉行佳留萱下車歩3分
■立ち寄り入浴料:800円
■泉質:炭酸水素塩泉
■効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、胃腸病、冷え性、痔疾

・・・・・・・・・・・

次回に続く
http://konyokuroten.com/

 

 

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す