■13.8月度、信州・切明温泉オフ会レポート2 和山温泉「仁成館」 

和山温泉・仁成館

オフ会は18時~翌朝チェックアウトまでの間ですので、
18時までは自由行動です。

よってメンバーさんの多くは思い思いの 好きな
秘湯巡りを楽しんでから、宿で集合するのが
「なちゅらる」の流儀。

個人で動く人もあれば、車を持っていない人は
相乗りして現地に行く人も多いのです。

関西チームは、信州・高山温泉郷の「松川渓谷温泉」に。
そして私たち関東チームは、長野県と新潟県の県境にある
秘境・秋山温泉郷の温泉を回ることにしました。

関東チームは東京・新宿駅西口ハルク前を朝7時に出発し、
関越道から塩沢石内ICを降り、国道353号線から117号線を経て、
津南交差点を左折。
そして国道405号線を抜けると秋山温泉郷が見えてきます。

秘境・秋山郷とは、江戸時代の文人・鈴木牧之の著書「秋山紀行」
によって世に知らされたとのこと。

温泉も多く湧出し、中津川沿いに、新潟側は逆巻温泉結東温泉
長野側は小赤沢温泉屋敷温泉上野原温泉和山温泉切明温泉
が集まっています。

特にこの地は国道から奥に入るので秘湯ムード満点。
特に冬の間は豪雪で陸の孤島と化すとのこと。
それだけに昔本来の素朴さが残り、秘境の雰囲気も抜群。
DSC01230-dbda1[1]

秋は紅葉が素晴らしく、特に上野原温泉「のよさの里」露天風呂から望む
日本百名山のひとつ鳥甲山(とりかぶとやま)の紅葉は絶景とのことです。

「のよさの里」から見る鳥甲山
DSC00540

われわれ関東秘湯チーム一行は、秋山郷で,
切明温泉の一歩手前にある温泉「和山温泉・仁成館」
という所にお邪魔しました。

この地域、真夏でも25度以上にはならず、
とっても涼しい所なんだが冬になると周りは雪一色。
温泉どころか陸の孤島になりかねない豪雪地帯なのです。

和山温泉には何件か宿があるようなのですが,
唯一混浴露天のあるのがこの「仁成館」なのです。

この「仁成館」宿としての営業は基本的にはやっていません。
今は、立ち寄り湯としてこの湯を求めてくる人々を快く迎え
入れているのです。
DSC01283

宿の駐車場に着くなり、
「ワン!ワン!ワン!」と目の前に現れたの黒い犬に、びっくり(笑)。
1162701894[1]

遅れて女将さんが出てきた。
ここは、人なつっこい犬が出迎えてくれるのです。

入浴料の500円を渡して、早速露天風呂に入ることに。

DSC00304

ここの名物は何と言っても、宿のご主人が自分の手で作ったという
露天風呂です。
DSC01279

露天風呂は混浴なのですが、脱衣場のみ男女別に一応分かれています。
DSC00309

岩造りの浴槽は屋根のある場所とない場所の2つに分かれています。

手前の湯はかなり熱いのですが、奥の浴槽は温くて開放感抜群。

屋根の柱にはランプが下がっていて、秘湯のたたずまい満点!
20030904000100[1]

露天風呂からは秋山郷の大自然の大パノラマを望めます。
これぞまさに絶景ですね!

今日は私たち「なちゅらる」のメンバーさんだけで、
他の人は全くいません・・。
DSC00367

DSC00312
DSC00313

「これだけ、いい温泉なのにほかの人が入ってないなんて幸せ…」
「紅葉の時なんて、もっと素敵なんだろうなぁ~」
DSC00326
DSC00321
DSC00318
DSC00338
DSC00344

当然お湯はかけ流しです。

掛け流されたお湯が下に流れていって,
下の方で地味に水車を回している。

この露天風呂。混浴であるという点と、周りから丸見えなのですが、
他に人がいなかったので,まっ裸でも全く関係ありません。
DSC00347
DSC00336

しかし真っ裸でも、この大自然だと恥ずかしさも忘れてしまうほど…。

結論から言うと,大満足デス。

秋山郷の温泉の中でも、私たちが今まで入ってきた温泉の中でも、
一番景色の良い所ではないでしょうか。
DSC00307

温泉から上がり、食堂の方に立ち寄ると、
ご主人が、私たちにスイカを用意してくれました。
感激っ!!
DSC00374
DSC00377

ご主人はお話好きで気さく、 女将さんは心の広い優しいかたです。

ワンちゃんたちは2匹いたのですが、一匹は私たちのそばにやってきて、
人懐っこく甘えてくるので、すごくほのぼのします。

ここは、まるで実家に帰ってきたかのような 温かい空気が流れていて、
また来たくなるような、そんなお宿でした。
DSC00383

宿泊施設としては廃業しているようなのですが、
この温泉はいつまでも残って欲しいと祈るばかりですね。

和山温泉・仁成館

場所:長野県下水内郡栄村堺和山17926
電話:0257-67-2205
泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
効能:リュウマチ性疾患、創傷、慢性湿疹など
日帰り入浴料金:500円
風呂の種類:男女別内湯各1・混浴露天風呂1
営業時間:10時~17時→要問い合わせ

次回に続く

◆次回のオフ会は、
9/21(土)~22(日)黒部峡谷トロッコ列車で行く秘湯オフ会。
http://konyokuroten.com/?p=4216

❖参加者募集中!お申し込みは、

☆★╋╋‥・━╋・・・☆★★☆・・・╋━・‥╋★☆

混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」
PCmail:natural@herb.ocn.ne.jp
携帯メール:oasis-natural@docomo.ne.jp
WEBサイト http://www.konyokuroten.com
・facebookページ「全国混浴秘湯・露天風呂愛好会「なちゅらる」
http://www.facebook.com/onsen.tadano
・mixiコミュニティ「混浴オフ会に参加しませんか」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5584909
・アメ風呂女学園“OKB47が行く混浴・秘湯レポート”
http://ameblo.jp/oasis-natural/ 

☆★╋╋‥・━╋・・・☆★★☆・・・╋━・‥╋╋★☆

混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」がTVでも紹介されました!
❖フジテレビ「キイタハナシ3」
放送をを見逃した方は、こちらから
http://owaraimovielink.blog136.fc2.com/blog-entry-25861.html

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す