■2012年7月度、信州・切明温泉オフ会レポート3

◆信州・切明温泉・混浴レポート.3

和山温泉・仁成館編

翌朝は、朝8時に朝食後、宿にて解散。

12-07-Kiriake-110.JPG

オフ会は18時~翌朝チェックアウトまでの間なので、ここからは自由行動である。

温泉湯巡り組は、まずは万座温泉組と、切明温泉付近の秘湯巡り組に分かれて行動をとることにした。

われわれ秘湯ロケ隊一行は、秋山郷で,切明温泉の一歩手前にある温泉「和山温泉・仁成館」という所にお邪魔した。

この地域、真夏でも25度以上にはならず、とっても涼しい所なんだが冬になると周りは雪一色。温泉どころか陸の孤島になりかねない豪雪地帯なのである。

和山温泉には何件か宿があるようなのだが,唯一露天のあるのがこの「仁成館」なのである。

高い場所から見た和山集落。自然豊かな田舎の風景が広がる。目の前にそびえる山は、日本百名山のひとつ鳥甲(とりかぶと)山である。

img_364060_525412_0[1].jpg

仁成館は和山集落から少し離れたところに1軒だけ建っている。立地的にも秘湯の香りがする。

FXCD0016[1].jpg

仁成館は宿としての営業は基本的にはやっていない。今は、立ち寄り湯としてこの湯を求めてくる人々を快く迎え入れている。

CIMG5481[1].jpg

玄関の戸を開けて、「すみませ~ん」と呼ぶと、「は~い」という声と共に、タッタッタッタッという足音が聞こえてきた。そこで目の前に現れたのが黒い犬で、びっくり(笑)。遅れて女将さんが出てきた。

ここは、人なつっこい犬が出迎えてくれるのだ。

1162701894[1].jpg

ここの名物は何と言っても露天風呂である。内風呂は後回しにして、先に露天風呂へと急ぐ。

露天風呂は混浴である。脱衣場のみ一応分かれている。

DSC01281.JPG

岩造りの浴槽は屋根のある場所とない場所の2つに分かれている。奥の浴槽は開放感抜群。

屋根の柱にはランプが下がっていて、秘湯のたたずまい。

20030904000100[1].jpg

露天風呂からは秋山郷の大自然の大パノラマを望める。これぞまさに絶景である。

お湯の温度も適度で,長湯ができる。

それでいて他に人は全くいません・・。

DSC01268.JPG

DSC01258.JPG

当然お湯はかけ流し。

掛け流されたお湯が下に流れていって,下の方で地味に水車を回している。

この露天風呂。混浴であるという点と、周りから丸見えなのだが、他に人がいなかったので,全く関係ありません。

DSC01265.JPG

しかし真っ裸でも、この大自然だと恥ずかしさも忘れてしまうほど…。

結論から言うと,大満足。

秋山郷の温泉の中でも、私たちが今まで入ってきた温泉の中でも、一番景色の良い所ではないだろうか。

宿泊施設としては廃業しているようだが、この温泉はいつまでも残って欲しいと祈るばかりである。

和山温泉・仁成館

場所:長野県下水内郡栄村堺和山17926

電話:0257-67-2205

泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉

効能:リュウマチ性疾患、創傷、慢性湿疹など

日帰り入浴料金:500円

風呂の種類:男女別内湯各1・混浴露天風呂1

営業時間:10時~17時→要問い合わせ

★なお、「信州・切明温泉」のレポートは、番組「OKBが行く!ミス混浴・秘湯の旅レポート"信州・切明温泉編"」にて公開!

視聴方法及び申し込み方法は、http://www.konyokuroten.com/

☆★╋╋…‥・━╋…・・☆★・★☆・・…╋━・‥…╋╋★☆

混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」 

PCmail:natural@herb.ocn.ne.jp
携帯メール:do-pal@docomo.ne.jp
WEBサイト http://www.konyokuroten.com
携帯HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=011211
混浴オフ会ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/konyokuonsen/
facebook・mixi 「混浴オフ会に参加しませんか?」
http://www.facebook.com/profile.php?id=100000479644204#!/profile.php?id=100002124906485
※「只野温泉」で検索下さい。お友達になりましょう!

 

 

 

 

 

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す