■2012年4月度、湯西川温泉オフ会レポート.5

湯西川温泉カップルオフ会レポート.5

「桓武平氏ゆかりの宿、平家の庄」

翌朝、訪れた宿は、湯西川温泉の入り口付近にある「桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄」という宿。

ここは、湯西川一お風呂の数が多い所で、1グループ2100円払えば、21箇所すべてのお風呂にチェックアウトまで利用でき、さらに14ヶ所で貸し切りが出来るとの事。

yumeguri[1].jpg

川沿いに露天がずらって並んでるので、どこからでも川を見ながらの露天が楽しめる。

宿の玄関前には、天狗の面が飾ってあったり、煌々とかがり火が焚かれ、厳かな雰囲気がある。

DSC01030.JPG

DSC01049.JPG

フロントでカギを借りて、各貸切露天風呂に入る事に。

ここは、一つのカギで、どの露天風呂に入る事ができ、入れば中からカギをかけると、

自動的に入浴中のライトがつく仕組み。

まず龍神の湯で、龍を掘った大きな石をくりぬいた岩風呂。二人は入れる大きさ。

 

次は、小舟の湯で、深くて4人位入れる岩露天。その隣は花筐の湯で、4人位入れる岩露天があり、滝が流れている。

sekitei[1].jpg

面白いのは、ジャグジー風呂とオーロラの湯が一つでセット、大きなジャグジーと小さな壼湯が、青く光っていて、ゆっくり入れた。

purazumanoyu[1].jpgzyaguzy[1].jpg

メルヘンの湯とプラズマ風呂は、光る壼湯と電気風呂で、小さいけどテレビが見れる。

ここには自動シャボン玉機があり、ボタンを押すと湯船の上からシャボン玉が飛び出し、本当にメルヘン気分が味わえる。

DSC01032.JPGreinbounoyu1[1].jpg

DSC01042.JPG

て、いうかラブホテルのよう…。

玄関前の厳かな雰囲気と、貸切露天風呂の雰囲気はまったく正反対。

ドリームの湯とスクリュー風呂は、光る壼湯と、洗濯機のようなスクリューで、体を刺激してくれる。

sukuryunoyu[1].jpg

これが面白くなかなか良かった。

2人入ればギュウギュウの湯船に、男女4人も入ったもんだから、身動きが出来ない。

いわば、男性のひざの上に女性が座るような恰好でなければ入れない。

写真で見るように、男女がくっつき合う格好になるから、かなりエロい…(笑)

DSC01043.JPG

ましてお湯がグルグル回るから、人間洗濯機に入っているような感じ。

「こんなん、カップルオフ会でしか出来ないよね」

ビーナスの湯とレインボー風呂は、二人は入れる壼湯と7色に光るお風呂。

後は、内湯が一つと露天が二つあり、露天は、5人位入れる岩風呂とレインボー風呂であり、内湯も光っていた。

カップル同士なだけに、この湯で遊ぶだけでも、十分に楽しめる。

これが「なちゅらるオフ会」だと男性が多いだけに、仮に男4人で入るようなものなら、かなり気持ち悪い光景なのである…。

初めて参加した女の子二人も、このカップル風呂の面白さに、けっこうウケてくれたようだ。

4月後半と言えど、湯西川は寒くて、こんなにいっぱいお風呂に入ってても、湯船から出るとスグに身体が冷えてしまう。夜は0度近くまで下がるそうだ。

ちなみに湯西川の泉質は、全部アルカリ性単純泉だった。

DSC01053.JPG

●温泉名:湯西川温泉「桓武平氏ゆかりの宿、平家の庄」

住所:栃木県栃木県日光市湯西川727-1

TEL:0288-98-0031

アクセス:野岩鉄道会津鬼怒川線湯西川温泉駅→東武ダイヤルバス湯西川温泉郷行き約25分かめや平家の庄下車→徒歩約0分

温泉:大浴場(男女各1)・露天風呂(男・女各2)・貸切露天風呂10ヶ所(14種類)

湯巡り鍵利用 24時間入浴可

立ち寄り湯料金:グループで2100円。

泉質:アルカリ性単純温泉

効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消火器病・痔疾・冷え性・切り傷・火傷・病後回復期・疲労回復・健康増進

 

最後に立ち寄ったのは、旅館が密集している川治温泉。

ここには共同の混浴露天風呂「薬師の湯」がある。

夕方から入ると対岸のホテルの宿泊客に丸見えのため、実質的には混浴とは言えない。

< p>湯はぬるめで、長湯が出来る。

温泉の効能は、神経痛、関節痛、慢性消化器病。肌にやさしい温泉であることから「美肌の湯」としても人気がある。

あと、この温泉は驚くほど透明度が高く、ごく僅かに気泡がつく素晴らしい湯であり、なめらかスベスベの美人の湯だと思う。

お湯に浸かったまま川を眺められるので、まるで川の中で温泉に入っている気分。

DSC01028.JPG

施設自体はコンクリートを多く使ったやや雰囲気に欠ける部分があり、対岸が旅館という景観の悪さは本当に惜しいところ。

DSC01026.JPG

●温泉名:川治温泉「薬師の湯」

住 所:日光市川治温泉川治227

電 話:0288-78-0229

交通機関:日光宇都宮道路今市ICから国道121号線で約20km、野岩鉄道会津鬼怒川線川治湯元駅下車徒歩10分

泉 質:単純温泉

効 能:神経痛・関節痛・筋肉痛など

入浴時間:10時~21時

定休日:無休(但し12月~4月は金曜日)

入浴料金:大人500円

入浴施設:露天風呂男女各1 混浴露天風呂1

 

★なお、この様子は「OKBが行く!ミス混浴・秘湯の旅レポート"春の湯西川温泉編"」にて公開!

視聴方法はhttp://www.konyokuroten.com/

 

☆★╋╋…‥・━╋…‥‥・・・☆★・★☆・・・‥‥…╋━・‥…╋╋★☆

 

混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」 

PCmail:natural@herb.ocn.ne.jp
携帯メール:do-pal@docomo.ne.jp
WEBサイト http://www.konyokuroten.com
携帯HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=011211
混浴オフ会ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/konyokuonsen/
facebook・mixi 「混浴オフ会に参加しませんか?」
http://www.facebook.com/profile.php?id=100000479644204#!/profile.php?id=100002124906485
※「只野温泉」で検索下さい。お友達になりましょう!

 

 

 

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す