■2012年3月度「伊豆・河津桜オフ会」レポート.5

■2012年3月度「伊豆・河津桜オフ会」レポート.5

■網代温泉「磯舟ホテル」

宿を出てから、帰りに昼食を兼ねて立ち寄ったのが、網代温泉にある、磯舟ホテル。

DSC00972.JPG

場所は、国道135号線沿いにあり、ちょうど熱海温泉と伊東温泉の中間点に位置する、穴場の温泉旅館。

DSC00988.JPG

ここの温泉は刻々と変化する七色の湯が自慢である。

透き通った緑色の時もあれば、まるで市販の入浴剤のように緑白濁したり、時には、土の赤味を感じさせる茶色に変化したりもする。

これは、鉄分の含有量や酸性度、アルカリ度などによって微妙に起こるものなのだそうで、こんなにはっきりとした変化を楽しめる温泉は、全国的にも珍しいとのこと。

成分の濃さは 家庭用のお風呂に市販の入浴剤を130個分入れたのに相当する濃い温泉だということ。(温泉研究家もびっくりの特濃温泉が魅力です!!)

その温泉に、なんと立ち寄り湯専用で、6つの貸切露天風呂がある。

その一つ「砂岩の湯舟」に入ることにした。                      なんと、目の前には相模湾が一望に眺められるオーシャンビュー。

DSC00970.JPG

天気が良いので、初島や遠く伊豆大島まで眺められる。

DSC00975.JPG

持ってきたアヒル隊長も、嬉しそうに泳いでいる。

DSC00971.JPG

ところが露天風呂の下を眺めると、国道から丸見え。

うっかりと立ち上がるようなものなら、全裸姿を走っている車から見られてしまう。

しかも、うちの温泉GALたちは物怖じせずに、湯舟の端から海を眺めているではないか。

DSC00974.JPG

観光バスが通るものなら、バス側からは素っ裸の丸見え状態にも関わらず、バスの乗客に手を振る始末である。

おそらくバスの乗客にしてみれば、凄いサプライズであっただろう…(笑)

■あじろ磯舟ホテル

住所:静岡県熱海市網代627-506 TEL:0557-67-1515             交通:車:東名高速道路、厚木ICより小田原厚木道路経由、約100分。沼津ICより国道1号、135号線経由、約70分。電車:東海道新幹線・熱海駅乗換、JR伊東線・網代駅下車、タクシー5分。                            泉質:カルシウム・ナトリウムー塩化物泉                             効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病、慢性消化器病、痔疾、冷え性、慢性皮膚病、病後の回復期、疲労回復等

◆営業時間:10:00~17:00(受付) (入浴開始時間は17:00が最終となります。)◆ご利用時間:50分間◆ご利用料金:2名様向け1室:2,625円、 4~5名様向け1室:3,675円◆予約は不要です。随時利用できます。

※この「伊豆混浴オフ会」のレポートは、「OKBが行く!ミス混浴・秘湯の旅」「春の伊豆シリーズ」にて4月より公開!動画視聴は「なちゅらる」WEBサイトよりエントリー!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」 

PCmail:natural@herb.ocn.ne.jp
携帯メール:do-pal@docomo.ne.jp
WEBサイト http://www.konyokuroten.com
携帯HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=011211
混浴オフ会ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/konyokuonsen/
facebook「混浴コミュニティ」
http://www.facebook.com/profile.php?id=100000479644204#!/profile.php?id=100002124906485
※「只野温泉」で検索下さい。お友達になりましょう!

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す