■2011年10月度、奥飛騨混浴オフ会旅行記.6

■2011年10月度、奥飛騨混浴オフ会旅行記.6

中尾 合掌の森キャンプ場 露天風呂

中尾高原にこんな素晴しい露天風呂があったとは!                 

佳留萱山荘の後にふと訪れた立ち寄り温泉。
でも名前が良くない。「キャンプ場露天風呂」なのである。

アウトドア派じゃない者は、どこかで聞いた事が                   あったかもしれないが、
「キャンプ場の温泉なんて・・」とタカをくくっていたかも。
なんか「野菜洗い場みたいな温泉」を                         想像していたのかもしれない(笑)

お馴染みの目をつぶっても走れる中尾高原を走っていくと
「合掌の森」とかかれたキャンプ場が見えてきた。
                                                入って良いのかどうかイマイチわからなかったけれど
とりあえず車を門の中に進める。
受付と書かれた看板があるのでそちらの方向へ。
売店のような建物があって、どうやらそこで                      露天風呂入浴の受付もするようだ。

売店の前に車を停めて外に出る。
お!どこからか微かな「温泉」の匂い。
どこかなあ・・すぐ近くに露天風呂があるんだな、きっと。

キャンプ場受付で入浴料払ったら、
野天風呂と書いた手書きの看板の横に・・

091018okuhida029.jpg

緩やかな坂があって・・そこに池があった。
いや、温泉があった。

ひろ~い!これ温泉?池じゃないよな♪

それにしても・・誰も入ってないよ!奇蹟?

露天風呂に降りてくるとすぐに目に付く脱衣場。
暖簾があってもこれじゃ「目隠し」とはいえず
「目印」と呼ばせていただこう。
                                                時々、露天風呂を見に来る人もいたし
キャンプ場の中に入る車やバイクの姿も見えたり。
多少は人の目も気になった部分もあったけれど
想像していた「キャンプ場内の温泉」とは全然違う
のんびり森林浴のできる贅沢な露天風呂だった。

1110karukaya_042.JPG

1110karukaya_041.JPG

1110karukaya_043.JPG

091018okuhida027.jpg

1110karukaya_044.JPG

脱衣場の横にはボコボコと熱い温泉が噴き出している。

いや~・・本当に気持よかった。
ここはキャンプj場の開業期間に合わせて
11月3日までしかやってない。

キャンプをしている人達をさり気なく見ながら
そして、キャンプをしている人達にさり気なく見られながら
さっき来た小道を名残惜しそうに露天を振り返りながら                戻るわれわれであった。

■穂高荘 山のホテル

穂高莊グループの「山のホテル」は、グループの「山月」と同じ蒲田川沿いに並んで建ち、その距離は車で2~3分程しか離れていない。「山のホテル」の方が「山月」より上流に位置する。「山月」は和風の高級旅館風であるが、「山のホテル」は洋風で、料金も山月よりリーズナブルだ。どちらに宿泊しても両方の風呂に入浴することが可能。日帰り入浴は受け付けていない。

DSC00439.JPG

でも、われわれはコネで、ここの露天風呂を使わせてもらった。

「山のホテル」の目玉である大露天風呂「山峡槍の湯」は、とにかく巨大。

佳留萱山荘の露天風呂も大きいが、ひとつの湯舟がこれだけ大きいのは奥飛騨でもここが最大であろう。

蒲田川のすぐ横に作られた露天風呂は景色を遮る物も無く、これほどの開放感は他ではなかなか味わえない。穂高岳、丸山に挟まれ、奥に見える中岳の向こうに覗く槍ケ岳の尖った山頂。これほどの荒々しく美しい北アルプスの山容を眺めながら入浴できるのも、奥飛騨ならではの醍醐味だ。

露天風呂へは道路端のエレベーターで降りて行く。

11-05-hirayu045.JPG

横に階段もあるが、標高差がかなりあるので歩きはきつい。

夜中にはエレベーターが止まってしまうので、歩きたくなければ時間に注意が必要。脱衣所は男女別。湯舟の広大さゆえ、女性でも入り難さはない。

DSC00437.JPG

エレベーターの下には混浴の露天風呂の入り口が

DSC00435.JPG

この広さでも、湯温は熱いくらい。湯舟は湯面より低い岩によりいくつかに仕切られている。夜に入浴する時は見えづらいので、蹴躓かないように注意が必要。入浴者が多い場合は女性側と男性側に明確に分かれてしまいそうだ。

1110karukaya_046.JPG

1110karukaya_047.JPG

「山のホテル」には貸切露天風呂もある。景色や広さは「山峡槍の湯」に敵うべくも無いが、そこいらの露天風呂と比べれば大きい方。

DSC00434.JPG

奥飛騨でも、この日は汗ばむくらいの陽気。岩場がひんやりとして気持ちいい。

1110karukaya_048.JPG

★「穂高荘山のホテル」の混浴レポートは、「OKBが行く、ミス混浴・秘湯の旅」にて動画
配信中!

なお、この様子は「OKBが行く!ミス混浴・秘湯の旅レポート"秋の奥飛騨編"」にて公開!視聴方法はhttp://www.konyokuroten.com/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」
PCmail:natural@herb.ocn.ne.jp
HP http://www.konyokuroten.com
携帯HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=011211
混浴オフ会ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/konyokuonsen/
facebook「混浴コミュニティ」
http://www.facebook.com/profile.php?id=100000479644204#!/profile.php?id=100002124906485
※「只野温泉」で検索下さい。

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す