■2011年10月度、奥飛騨混浴オフ会旅行記.2

■2011年10月度、奥飛騨混浴オフ会旅行記.2

■飛騨高山観光編

飛騨高山は、岐阜県の県北の中心都市の高山市のことである。
街自体は大きな街ではないのだが、町自体の機能は一通り揃っていて、たいていのことに対応できる。

現在、平成の市町村合併で、日本一面積の広い市町村になっている。その面積、なんと、香川県と大阪府よりも広いのだ。

この高山市は、北アルプスの岐阜県側の玄関口になっていて、観光地として有名。。

また、市街地には、かつての代官所であった高山陣屋もあり、その近くには、全国屈指の古い町並みが残っている。

この古い町並みのおかげで、高山は飛騨の小京都と呼ばれている。

飛騨高山の古い町並みは、かなり整備されていて、面積も広い。
そのおかげか、飛騨高山の観光地といえば、ここがその中心になる。

DSC00402.JPG

 

 DSC00403.JPG

また、高山ラーメンというご当地ラーメンも最近では有名になっている。

われわれ、ご一行はその中でも有名な高山ラーメン店「つづみそば」に入ることにした。

11時半の開店前にもかかわらず、もう30人位の人が行列している。

DSC00406.JPG

注文したのはワンタン麺。見た目にも昔ながらのシンプルなラーメンであっさりとした感じにみえる。スープ一口、あっさりしてるのに妙にうまいというか口に合う。こった材料を使っているわけでもなさそうなのに何故こうもうまく感じるのかが不思議である。 

醤油が合うのかな~と思いつつ麺も一口、ちぢれ麺がまたこのスープに合うのだ。

DSC00405.JPG

並んだかいのあるこのラーメンは最高だった。 古い街並の魅力的な高山で古きよきラーメンを味わうというのかなり魅力的である。

古い街並みを歩くと、いたるところにお土産物屋や、食べ物屋がある。

その中でも「咲くやこの花」というお店に入る。

A00001463[1].jpg

この、お店。手作りのキャラクターグッズを扱う店なのだが、予想外にも普通の雑貨店や、ファンシーグッズ店に無いものがたくさん陳列されている。

小生は、「変なモノ好き」のココロが反応しまくり、いろいろ買ってしまった。

とりあえず、まず購入したモノ!!

「ぴーたんふぁみりー」

t02200367_0240040010796706131[1].jpg

090612_2350~0001

やばいでしょ!!!最高でしょ!!!何コイツラ!!!笑

ちなみに、左がカエル、右が羽が生えたブタ、だと思われます(笑)
全長10センチぐらい。500円。(半分ぐらいの大きさのものもあります。)

実は「咲くやこの花」というお店には大量に売っている。

とにかく種類が豊富なのである。

ありとあらゆる動物、なんだかよく分からない宇宙人のようなもの、花、など、様々な形のものがあります色も豊富一つの形につき、6・7色バリエーションがあります。しかもよくよく見ると、細かいパーツも色がバラバラ。

pi-chiku_1[1].jpg

じっくり見比べて、自分が一番好きだと思うものを探し出してみては!!
何個か買って一緒に付けるなら、色の組み合わせも重要である

大量にある中から「コレッ」っていうのを発見するのが好きな人にはたまらん空間だと思うねw

1つに決められなくて、2つも買ってしまった^^;

調べてみたところ、ネットでも買えるみたい。
「ぴーたんふぁみりー」でググったら、通販サイトがいくつか出てくると思います。

他にも、たくさんグッズがあるのだが、ここのメインは小鳥のキーホルダーやマグネットみたいですね。

それ以外には、ふくろうの人形。針金で作られた、猫や犬などの人形。他、とにかくいろんな人形、貯金箱などなど・・・・・・。

どれもこれも、一般の「カワイイ」っていうのとはどっかずれている(笑)
しかも微妙な好みのポイントを突いてくる(笑)

ちなみにブリキで作った可愛い動物キャラクターも買うことに              (このグッズは創作小物の展覧会全国コンクールで一位とか)

DSC00441.JPG

モデルのMちゃんなんか、売り物でない店の前に飾ってあった犬の人形(しかも、かなりデカい代物…)までも買ってしまった。

ちょっと変わったものが好きな人なら、何かしら気に入るものがあると思う

「ぴーたんふぁみりー」だけで、なんだか長くなってしまった

さらにさらに、毎日朝6時から宮川沿いでは、宮川朝市

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す