■2011年6月度「伊豆混浴オフ会」旅行記.その3

■2011年6月度「伊豆混浴オフ会」旅行記.その3

 

■伊豆・修善寺温泉編

【修善寺温泉散策】

伊豆混浴オフ会レポート第3弾は、伊豆一番の温泉街「修善寺温泉」に、OKBのメンバーさんと行く事に。

修善寺温泉は伊豆半島最古の温泉地です。

渓流桂川の両側に広がる温泉街は、伊豆の小京都と呼ばれるほど風情ゆたかな街です。

桂川に架かる赤い橋や川を眺めながらゆったりと浸かる足湯。竹林をわたる風の音は清涼感を運んでくれます。修善寺や日枝神社の散策もオススメです。

きれいに整備され緑あふれる桂川沿いの公園の散策も楽しいですが、桂川右岸側の落ち着いたたたずまい散策するのも、かなり心地よかった。

pict-DSC01579.jpg

歩きやすく整った石畳風の道の左右には低い石垣が続き、土産物屋や射的屋など古くから温泉街で見受けられる店が点在します。

前日の大雨で観光客が早く帰ったか、温泉客も車の数も少なく、とても静かな散策となりました。

竹林の小怪は嵯峨野のような小京都の風情を楽しめます。

shuzennji1_20080508_079[1].jpg

.修善寺には文人や画人など墨客も多く、宿泊中に作品の執筆などをしています。

近隣の川では釣りが好きな井伏鱒二が釣りを楽しんでいたとか。川面に浮かべた浮きを眺めながら、執筆の構想を練っていたのかもしれませんね。

井伏鱒二がこの頃書いた作品は「修善寺の桂川」。そんな桂川のとっこの湯公園から日枝神社を経由して「修善寺物語」ゆかりの修善寺をまわり梅林遊歩道へと進みます。

その先にある花と文学の散歩道には修善寺物語碑や夏目漱石碑などがあります。梅林や桜、少し足を伸ばして花しょうぶ園なども楽しめます。

修善寺温泉街は、とっこの湯を中心に栄えてきました。とっこの湯は弘法大師が開湯したと言われています。

WW_oHeTvZVSS_-0[1].jpg

開湯以来、病気療養にも良いとされ沢山の人が温泉に訪れています。

このとっこの湯は2009年に移築され現在の場所になりました。見学は無料で、手などをお湯に浸けることはできますが、入浴はできません。

皆で足湯を楽しむことに。

でも非常に熱かった!

pict-DSC01600.jpg

修善寺といえば、「黒米」が有名ですね。黒米は滋養強壮や胃腸を丈夫にしてくれます。また、造血作用もあり、古くから薬膳として食べられてきました。

この黒米を使った料理やお土産のお菓子など色々作られています。桂川を挟んで点在するお店でお気に入りの1品を見つけてみては?

修善寺温泉の泉質は「アルカリ性単純温泉」神経痛・筋肉痛・関節痛・ 慢性消化器病 五十肩・冷え症・慢性婦人病 胃腸病美肌効果 疲労回復 リュウマチに良いとされてます。

【修善寺温泉 宙SORA渡月荘金龍】

散策した後は、修善寺温泉にある「宙 SORA 渡月荘金龍」に、OKBのメンバーと立ち寄り湯をする事にしました。

27413[1].jpg

100年以上の歴史を持つ修善寺温泉の名旅館「渡月荘金龍」の姉妹宿として2004年2月にオープン。約8000坪の山間に溶け込む様に建ち、周囲は見渡す限りの緑。

近代的な高層型の建物だが、その分、敷地である緑の山々を見下ろすような眺望が得られます。

ガラス製の湯舟の「光の露天風呂」に代表されるように、宙SORAは、高級旅館であるにも関わらず、とても個性的な宿。今後も様々なサプライズを用意しているとのこと。雰囲気のあるダイニングでいただく料理も絶品とか。旬の食材を贅沢に客に振舞う。これからの修善寺温泉をリードしていく湯宿が誕生したと間違いなく言えるでしょう。

さて宙SORAの最大の魅力はなんといっても露天風呂。インテリアデザイナー中村久伸氏のデザインによる「光の露天風呂」はガラスの浴槽が淡い色を放ちまるで宙に浮かぶ光の」箱舟のようです。

00432826[1].jpg

修善寺の街並みを一望できる貸切露天風呂からは温泉街の時を告げる鐘の音が聞こえ、風情たっぷり。また、どの露天風呂にも木立を渡る風と小鳥のさえずりのBGMがついてきます。

さてわれわれは、宙SORAの貸切露天風呂に。

ここの露天風呂は2つ。両方とも充分な大きな、そして開放感を備えます。

pict-DSC01608.jpg

湯舟からは、後方に山、前方に修善寺の街並みが視界に広がり、このお風呂には、小さな赤いつり橋を渡って行きます。

眺望が素晴らしいので、やはり陽が出ているうちがお勧めですね。

pict-DSC01628.jpg

40分2000円で利用できますョ!

高台に位置するこの露天風呂・・・空まで手が届きそうな、このお風呂を体験しない手はないと思います。

pict-DSC01654.jpg

★貸切日帰り情報

■宿名 宙 SORA 渡月荘金龍                             ■利用時間食事付きプラン(要予約)                              ■料 金 6,500~                                       ■設定日平日のみ 繁忙期を除く毎日                           ■受付時間 11:00~14:30→滞在時間                               ■泉質単純アルカリ性                                            ■効能神経痛、筋肉痛、五十肩、慢性消化器病、痔痛、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進                                               ■湯の色無色透明 ■飲用不可

次回に続く                                  

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」                              PCmail:natural@herb.ocn.ne.jp                              携帯メール:do-pal@docomo.ne.jp                                   HP http://www.do-pal.com/nature/                                     携帯HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=011211                           混浴オフ会ブログ「私を混浴につれてって~」http://plaza.rakuten.co.jp/konyokuonsen/http://plaza.rakuten.co.jp/konyokuonsen/                       facebook「混浴コミュニティ」                           http://www.facebook.com/profile.php?id=100000479644204#!/profile.php?id=100002124906485           ※「只野温泉」「混浴」で検索下さい。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ●

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す