■10年5月度「奥飛騨混浴オフ会」旅行記

 10年5月度「奥飛騨混浴オフ会」旅行記.1

 今回のオフ会の目的はトレッキングである。 

上高地トレッキング?散歩?

沢渡から8人で、タクシー2台に分乗して上高地に向かった。                   (4人集まればバスより安い)

1台はバスターミナル、そしてわれわれは途中の大正池で下車し、歩いて河童橋を目指すことにした。

早朝の大正池は風も無く、奥穂~前穂の稜線を湖面に映す姿は美しく、何度も来ている私でさえ感動しているのだから、初めて来た2人の女性がしきりに感嘆の声を上げているのが頷けると云うものである。 

019.JPG

005.JPG        

この美しい風景をいつまでも残してほしいものだと、改めて思った。

大正池を満喫したわれわれは田代池へと向かった。湖畔を歩いたり木道を歩いたりしていると思わぬ珍客(お猿さん)に遭遇した。以前は上高地では見られなかったが、ここ数年前から見かけるようになり、今では槍ヶ岳周辺で這い松の実を食べる姿を目撃されているようである。

rvpcExgA_s[1].jpg

動画 http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=1852055

田代池からは、梓川の右岸に沿って写真を撮ったり、山を眺めたり、水面に遊ぶ鳥たちを見ながらあっという間に河童橋に着いた。2時間かけての上高地の散策であった。あと1ヶ月もすれば木々が芽吹き、「緑と山の白と、空の青のコントラストのきれいな季節が来るのだな」と思いながら河童橋のたもとでコーヒーを沸かしながら奥穂高を眺めていた。

007.JPG

025.JPG

この後、先発隊と合流し、明神~徳沢へトレッキングに向かう2人の女性を見送り、上高地を後にし白骨温泉の泡の湯へと向かう。

「泡の湯」前回の奥飛騨オフの時は、ガランガランの状態であったのだが、なんとこの日はまだ10:30の時間にも関わらず、駐車場は満杯状態!

やはりGWは違う!

さっそく脱衣所の方に行き着替えをしようとするのだが、着替える場所もない。案の定、混浴の大露天風呂は芋の子洗い状態であった。

泡の湯では写真が撮れないため、文章でしか書けないのだが、実は関西から連れてきたE美ちゃん。白濁の混浴露天風呂は首から下は何も見えない状態にも関わらず、すっぽんぽんの状態で立って歩いて入ってきたので、衆人の注目の的に!

さすが関西の女の子の度胸は違う。

変なことに感心しながら、E美ちゃんをわれわれは防御することに。

うちのメンバーだけでも数多いのに、他の入浴客までわらわらと近寄ってきたものだから、E美ちゃんの周りに人垣ができてしまい、もはや押しくらまんじゅう状態に(笑)

おそらく湯が透明だと、異様な状態だったに違いないだろう。

さて白骨温泉を後に、つぎに有名な乗鞍高原そばを食いに行くのだが、ここでもGWということで、どこのそば屋も満杯状態だった。

さて上高地~白骨温泉~乗鞍高原を経たわれわれは、向かう新穂高温泉に。

今回のお宿は、こじんまりした山小屋風の温泉旅館。温泉旅館というよりはペンションかロッヂに近く。洋室が多い部屋造り。

DSC00015.JPG

今回は35名ものメンバーということもあり、丸々1棟を貸切りにした。

24時間入浴できる温泉は内湯、露天風呂、露天風呂付き内湯の3タイプ。すべて貸し切り制で、焼岳(やけだけ)や錫杖岳(しゃくじょうだけ)など北アルプスの山々をひとり占めできる絶景風呂だ。内風呂と内風呂のついた露天風呂(ここが一番広い)、あと露天風呂がもう一つ。ようは3つのお風呂が貸切りに出来る。

DSC00013.JPG

DSC00011.JPG

まず最初は一番大きな露天風呂に入った。

DSC_0621.JPG

泉質はナトリウム-塩化物泉で、肌にやさしいなめらかな湯が心地よい。泉温は43度。切り傷、やけど、皮膚病、婦人病などに効能がある。しかしまぁ混浴に勝る妙薬はなし。

付近にある「新穂高の湯」から帰ってきた面々も合わせて、今日のメンバーがようやく揃った。

さて夕食宴会タイム。

飛騨ならではの料理がメイン。本場飛騨牛のステーキやイワナのお造り、塩焼き、朴葉味噌など、ボリュームも満点。ピリッと辛い名産の山椒の味もステーキやご飯にふりかけて試してみたい。

10-05-Nakao002.JPG

10-05-Nakao008.JPG

10-05-Nakao009.JPG

10-05-Nakao016.JPG

10-05-Nakao017.JPG

ここの、お宿。個人向け旅行を対象としているのか、各テーブルが個室になっており、団体貸切の割には、宴会の一体感が出なかった^_^;

次回に続く

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」
PCmail:
natural@herb.ocn.ne.jp
携帯メール:do-pal@docomo.ne.jp
HP http://www.do-pal.com/nature/
携帯HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=011211
混浴オフ会ブログ「私を混浴につれてって」混浴オフ会日記
http://plaza.rakuten.co.jp/konyokuonsen/

 

 

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す