■日本人における混浴文化とは?

■日本人における混浴文化とは?

 昔の日本人の性生活

フリードリッヒ・S・クラウス著、「日本人の性生活」という本を               図書館から借りてきて読みました。

著者のフリードリッヒ・S・クラウス(1859-1938)は、オーストリーの民俗学者で、日本を訪れた経験はないものの、日本に滞在した欧米人の見聞録や日本の文献に基づいて日本の性習俗を研究し、1907年(明治40年)にこの本を出版しました。

この本には、日本人には混浴の習慣があり、女性は男性の見ているところで裸になることに抵抗がないこと。日本では離婚が非常に簡単であるため、離婚率は高いものの、離婚に対する偏見はなく、再婚は容易であること。

農村部では夜這いが盛んで、子供ができてから初めて夫婦になるデキちゃった婚が主流であること。売春は悪徳とはみなされず、売春婦は自分の職業を恥じていないこと。

未婚、既婚を問わず、男性の間には同性愛が蔓延していることなど、幕末の遺風を色濃く残す明治初期の日本人の性風俗が詳しく紹介されています。

「日本人にとって、売春と結婚の境界は限りなく曖昧である」などという文章を発見すると嬉しくなります(笑)

この本がヨーロッパで出版されるとベストセラーになり、ヨーロッパ人の間で「性の楽園」である日本に対する憧れが高まったそうです。

キリスト教的道徳観にがんじがらめに縛られていた当時のヨーロッパ人には、この本に書かれている日本人の性に対する罪の意識の無さとその自由な性行動は羨ましく映ったに違いありません。

しかし、当然のことながら、日本在住の欧米人キリスト教宣教師たちは、このような日本人のおおらかな性習俗を不道徳であると激しく非難しました。

宣教師たちは特に夜這い、混浴、男色、売春など日本人の好む性習俗を槍玉にあげたといわれています。

日本政府は、欧米列強から押し付けられた不平等条約を改正するために、欧米から近代国家として認知される必要に迫られていたことから、欧米人宣教師たちの非難する自由な性風俗の取り締まりに乗り出します。

その結果、夜這いや混浴が禁止されたのです。 

混浴文化は日本古来のDNA

アメリカ人の度肝を抜いた"男女混浴"

「ペルリ提督日本遠征記」に描かれた日本風俗

幕末期に日本を訪れたアメリカ人の度肝を抜いた"ビックリ風俗NO.1"は伊豆・下田の町で見た男女混浴の景色だった。 

当時の日本は江戸市中の風呂屋でも初期のころは男女混浴であり、のちに男湯と女湯に別れたが、多分に形式的なもので、女湯は朝は空いているからということで、取り締まる側の奉行所同心連中も堂々と入っていたし、男湯の方には湯女という女三助がサービスしていたのだから、実態は混浴同然だった。

(映画「忠臣蔵外伝四谷怪談」にて湯女の役の高岡早紀が、風呂屋に入ってきた佐藤浩市扮する武士の背中を全裸で洗うシーンは当時の風俗を物語っている。DVDレンタル有)

576322018611aeac[1].jpg

それに比べれば、下田の公衆浴場の混浴風景などは健康的なもので、戦後のついこの前まで地方の温泉ではごく普通に混浴だった。

入口だけは男女に別れていても、中に入ると「ご対たいめーん」というイキなのがいっぱいあったのである。

写真下

ibunka0201[1].jpg

 だが、しかし山の中の温泉で、しかも湯煙けむる自然のボカシがあればなんとかなるかもしれないが、白昼堂々、岩風呂ならぬ巨大なサウナハウスといった建物に、男女数十人がスッポンポンで群れている景色にぶつかれば、現代の日本人ならかなりギョッとするにちがいない。

 当然ながら、彼らアメリカ人もギョッとして目を覆い、両手の隙間から詳細に観察して文章や版画として記録した。

『ペルリ提督日本遠征記』では、「……日本の下層民は、たいていの東洋諸国民より道義が優れているにもかかわらず、疑いもなく淫蕩(いんとう)な人民なのである」

 またペリー氏の随員ウィリアムの『ペリー日本遠征随行記』にもこう書かれている。

「……私が見聞した異教徒諸国の中では、この国がいちばん淫らな国と思われた。体験したところから判断すると、慎みも知らないといっても過言ではない。

婦人たちは胸を隠そうとはしないし、歩くたびに大腿までのぞかせる。男は男で、前をほんの半端なボロ(ふんどし)で隠しただけで歩き、その着装具合を別に気にもとめていない。裸体の姿は男女ともに街頭に見られ、世間体などおかまいなしに、等しく混浴の銭湯に通っている」

 両者とも等しく混浴をもって、日本人を世界一の淫蕩民族などと評価しているわけだが、当然ながら日本人は反発する。

その代表的意見が、これである。

 「男女混浴については、われわれから見ればはなはだ皮相な観察で、日本人にとってはとんだ冤罪である」

「エンザイ!」と叫んだのは『随行記』の日本語版訳者だったというから面白い。

その彼が2年後に日本にやって来たハリスに対して「まともな見方をしている」として次の文章を引用している。

 「日本人は清潔な国民である。誰でも毎日入浴する。下田にもたくさんの公衆浴場がある。料金は銭6文。すなわち1セントの8分の1である!私は何事にも間違いのない国民が、どうしてこのような品の悪いことをするのか、判断に苦しんでいる。

けれども、それが女性の貞操を危うくするものとは考えられていないことは確かである。むしろ反対に、この露出こそ神秘と困難によって募る欲情の力を弱めるものであろうと、彼らは主張している」(ハリス『日本滞在記』

 神秘と困難がどういうふうに作用するのか、やや意味不明瞭だが、おそらく男女混浴であるということは普段から女性の裸を見慣れていると、余計な欲情が抑えられるということであろう。

ibunka0202[1].jpg

まぁ現代の世の中におきかえてみても風俗が廃れないのは、男性の生理的欲情を抑制する上で必要悪的なものであり、世の中からエロというものが無くなれば、世の中の男性が

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す