■13年3月度「伊豆・河津桜と稲取温泉混浴オフ会」レポート2

■13年3月度「伊豆・河津桜と稲取温泉混浴オフ会」レポート2

 ■北川温泉・黒根岩風呂
p1[1]

横浜藤よしを後にした我々なちゅらる御一行は、
そのまま北川温泉の「黒根岩風呂」に向かうことにした。

北川温泉の黒根岩風呂は、伊豆半島の国道135号を南下。
国道から北川温泉方面へ左折するとすぐの所にある
眼前に海を望む露天風呂のことである。
9903def0[1]

伊豆半島には目の前が海の露天風呂が豊富だが、
さらに混浴であるという条件を加えると、
水着で入る温泉を除けば数が少ない。

その少ない中で最も知名度が高いのが黒根岩風呂である。

まずは道路を挟んで露天風呂の向かい側にある駐車スペースに車を停める。
あまり広くないので、駐車できる台数は限られてしまうだろう。

うちのメンバーの車だけでももう一杯。
37349869[1]

小さな小屋におじさんがいて、そこで入浴料を払う。
そこから階段を降りるとすぐに露天風呂。
上の道路からすぐ覗ける場所にあるが、
屋根がかかっているので実際には見え難い。

階段を降りてすぐ露天風呂の手前に脱衣所がある。
こちらの脱衣所はオープンだが、さらに露天風呂の奥には
しっかりした小屋があり、こちらが女性の脱衣所となる。

main[1]

おっと、今日は誰もいないぞ!ラッキー。

ハイシーズンともなれば入浴客で一杯になる黒根岩風呂も、
今日は誰も入っていない。

露天風呂は、岩で組まれた丸い湯舟がふたつ。
湯舟に身を沈めれば眼前に広がる海と水平線しか見えない。
hokkawa-kuroneiwa03a[1]

男性メンバーは湯船に浸かっている者もいれば、
仁王立ちして海を眺めている者もいる。
tkgws-turedure037003[1]

だいたい、ここは素っ裸のまま湯舟を出て、
海に立ってしまう男性が多いようだが、

女の子たちの目が無ければ間違いなく自分もそうしていただろう。
それ程までに海が近いのだ。

img20070128_p[1]

伊豆では裸で入れる混浴温泉がどんどん閉鎖されている。

平六地蔵露天風呂や熱川温泉のホテルカターラ福島屋の
温泉には水着入浴を義務づけられているそうだが、
ここはいつまでも今のスタイルを守れるか心配だ。

湯舟の真ん中に仕切りができたり、
水着入浴が義務づけられたりすることがないよう、
節度を保って大切にしたいものである。

ちなみに読売新聞の記事でも、ここの
黒根岩風呂が取り上げられている。

yomiuri[1]

■北川温泉「黒根岩風呂」

住所:静岡県加茂郡東伊豆町北川温泉
TEL:0557-23-3997(北川温泉観光協会)
入浴料:600円
営業時間:6:30-9:30 / 16:00-23:00
(金土日祝は13:00-)
定休日:なし(荒天時は休業)
駐車場:10台(無料)
露天風呂:混浴-1、女性-1
泉質:含石膏弱食塩泉
効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・リウマチ・
冷え症・疲労回復…etc.
バスタオル巻き:OK(水着NG)

次回に続く

☆★╋╋‥・━╋・・・☆★★☆・・・╋━・‥╋★☆
混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」
只野温泉 090-9040-9225
PCmail:natural@herb.ocn.ne.jp
携帯メール:oasis-natural@docomo.ne.jp
WEBサイト http://www.konyokuroten.com
・facebookページ「混浴オフ会in関東or関西」
http://www.facebook.com/onsen.tadano
※「只野温泉」で検索下さい (友人登録申請ください)
・「mixi 混浴オフ会に参加しませんか」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5584909
※mixiコミュニティに、ご参加ください♪
・アメ風呂女学園“OKB47が行く混浴・秘湯レポート”
http://ameblo.jp/oasis-natural/
☆★╋╋‥・━╋・・・☆★★☆・・・╋━・‥╋╋★☆

 

 

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す