■09年10月度「奥飛騨混浴オフ会」旅行記.3

■09年10月度「奥飛騨混浴オフ会」旅行記.3

そばで満腹になった我々は、本日のオフ会会場である               新穂高温泉温泉「佳留萱山荘」に向かうことに。 

IMGP0221.JPG 

まず新穂高温泉に行ったら、絶対に佳留萱山荘の露天風呂           に入るべし・・と僕は必ず思っている。

しかも、混浴の露天風呂に女性だって入るべし・・                          と私以外、世の中の男性すべてが思う。
勿論、人それぞれ温泉に対する好みは違うけれど、
まずは話のネタに入って欲しい・・

玄関を出て30メートルくらい歩き、
「日本最大級の大野天風呂」ののれんをくぐり、
石段を下りて露天風呂へ向かう。                             
(ここからのモデルは、うちの女性陣にお願いした)

091018okuhida018.jpg

091018okuhida006.jpg

ここが混浴露天風呂の脱衣所

2-20.jpg

そして、これが噂の大露天風呂。
今更説明は要らないかも。
とにかく大きくて、温かなプールか大きな池に入っている感じ。
これだけ大きいと「落ち着かない」とか「温泉らしくない」とかいう         セリフは返上したい。
ただただこの大きさと空間と・・それに見よ、この景色。

091018okuhida009.jpg

091018okuhida008.jpg

091018okuhida010.jpg

湯船から見る山一面の紅葉

DSC_0068.JPG

何も文句はないでしょう。                                 この景色の中で裸で温泉に入れる幸せ…。

昔よく来ていた頃よりは、随分整備されていたり、                  露天風呂や貸切露天が増えていたり・・
温泉ブームに乗って、佳留萱さんも頑張っているようだ。

個人的には、折角の大露天、あまり人工的な雰囲気には             して欲しくないのだが・・

いろいろ綺麗になっていたけれど、下の画像にある                 トレードマークの大きな岩はそのまま。

DSC_0580.JPG

下の画像・・奧の方に岩が組み立ててあるのが見える。
そこが、新しくできた露天風呂。

P1010047.JPG

洞窟風呂と滝風呂がある。ここのお湯の温度はややぬるめ。               浅いので寝湯には最適である。

DSC_0028.JPG 

DSC_0003.JPG 

一番人気は、渓流沿いの「かじかの湯」。

DSC_0106.JPG

駆け流し温泉のすぐ横に川が音を立てて流れていて、
周りを木に囲まれて野趣満点。

澄んだお湯がざあざああふれています。
気温が下がったからか、少しぬるめ。

DSC_0497.JPG

「望槍の釜場」は、味噌の釜を改良したもの。
大きいのとちょっと小さめの二つのお釜。

091018okuhida013.jpg

誰もいないのに適温の澄んだお湯がお釜からあふれている。

女性用露天風呂は、混浴露天風呂ほどの広さではないけれど、
十分な大きさと開放感があり、落ち着いた雰囲気。
お湯は適温、足元を惜しげもなくあふれるお湯が贅沢で、
温泉としてくつろげるし、すごくいいお湯ー、という感じ。                
奥の木戸をくぐると、そのまま混浴露天風呂に出られる。

我々がチェックインした時間帯は、数人の立ち寄り湯客が             入っているのみで、ほとんどが貸切状態だった。
天気はちょうど晴れており穂高連峰も、よく見える。

 

あと佳留萱山荘の露天風呂は、いずれも掛け流しだ。
お湯は、少しだけ青みがかったほとんど透明なもの。               癖はあまりない。湯温はベストだが、長湯には                    ちょっと熱いかもしれない。 

のぼせ気味になってきたので、腰掛けようと思ったのだが、            どうも石の表面がざらざらとしており、座り心地がよくない。             あたりにたくさんある川石を使っているためだろうが、               景観とのマッチングと利便性の兼ね合いは                     
 難しいものだなと思った。                                 ちなみに、床面もざらざらとしているが、こちらはコンクリート製だ。

DSC_0054.JPG

しかし、この360度パノラマな解放感は、ここならではである。           まして目の前に見える山全体が紅葉の景色を見るだけでも             絶対な価値がある。

 

混浴であるが、バスタオルを巻いての入浴可となっており、            フロントで貸してもらえる(外来者300円)。                       女性でも入りやすい混浴露天風呂である。

DSC_0640.JPG

さてこの後、夜の宴会と貸切露天風呂での2次会に                  突入するのだが、ここで思わぬ出来事に…

つづく

水明館 佳留萱山荘
□住所 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂555
□TEL 0578-89-2801  
□営業時間 8:00~20:00(貸切風呂は9:00~15:00)
□入浴料(タオル付き) 大人¥800 子供¥500
 貸切風呂は30分 大人¥1500 子供¥1000(大露天風呂も利用可)
□HPあり 
http://www.karukaya.co.jp/onsen.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」
PCmail:
natural@herb.ocn.ne.jp
携帯メール:do-pal@docomo.ne.jp
HP http://www.do-pal.com/nature/
携帯HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=011211
混浴オフ会ブログ「私を混浴につれてって」混浴オフ会日記
http://plaza.rakuten.co.jp/konyokuonsen/

 

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す