■09年9月度「万座・草津・宝川・法師温泉オフ会」旅行記.5

■09年9月度「万座・草津・宝川・法師                  温泉オフ会」旅行記.5  

翌朝、【万座高原ホテル】に向かう。

名物【石庭露天風呂】は8つの湯船がある。                         (混浴7:女1)湯の色は緑がかった白濁色で                           キツイ硫黄臭が漂い【いかにも温泉】という雰囲気がある。

すぐ脇を流れる渓流の音を聞きながら湯に                          浸かれば日々のストレスも解消される亊だろう。

湯船の数が多く大きさも大小様々なので                       グループで行っても気兼ねなく温泉を愉しめる。

manza090920_042.JPG

なおロビー前の売店では女性用の【湯浴み着】が                           売られているので女性も安心して混浴に入れる。

万座高原ホテル前での記念撮影

manza090920_047.JPG

次に訪れたのは【万座プリンスホテル】                                 海抜1800mの雲の上の露天風呂。                                 露天風呂からの眺めは格別である。

【空吹き(からぶき)】の硫黄の山肌も望め解放感抜群!

image24[1].jpg

姉妹旅館の【万座高原ホテル】の石庭露天風呂とは                         対照的に眺望が売りの露天風呂。

どちらが良いかは好み次第と言えよう。

露天風呂の湯船は【男湯:2】【女湯:3】【混浴:1】                         しかし【男湯】と【混浴】は仕切りは無く一見すると                             【混浴:3】の様に見える。

一番女湯よりの大きな湯船が【混浴】。

でも…女性が男湯に入っても、怒る男はまず、                                  居らぬでしょうな…(笑)

プリンスホテルと高原ホテルは同系列なので                               宿泊者はどちらの温泉にも入れるそうだ。

万座プリンスホテル前での記念撮影

IMGP0190.JPG

万座高原の冬は長い…11月中場から5月初頭まで                        辺りは雪に閉ざされ、この時期、草津~志賀高原を                           経て万座へ向かう国道は閉鎖され、

万座高原へのルートは万座口から有料道路の                                万座ハイウェーの一本だけとなる。

標高1800mの豪雪地帯なので冬場に車で訪れる際には                        スタッドレスタイヤ装備はもちろんの亊、峠越えをするので、                       タイヤ・チェーンも忘れずに携帯するのが良いだろう。                        四輪駆動の車でも雪の峠、侮るべからず。

プリンスも高原ホテルも…湯に入るのは年のいった夫婦や、                    若くてもカップルばかりで、女子同士のグループは                            見たことがないのが残念(笑)

でも万座の湯は、何と言っても、硫黄臭がたまらんですな・・

その臭いを求めて、過去に何度通った事か。。

1度浸かれば体はおろか、着替えた衣服にもその硫黄                       の臭いはこびりつく・・1週間は、温泉気分が続く。

こっそり行っても、周りの人には、すぐばれてしまう。

これを書きながら、またうずうずしてきた・・

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」
PCmail:
natural@herb.ocn.ne.jp
携帯メール:do-pal@docomo.ne.jp
HP http://www.do-pal.com/nature/
携帯HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=011211
混浴オフ会ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/konyokuonsen/
mixiコミュニティ「混浴オフ会に参加しませんか?」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4256122

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す