■09年3月度伊豆オフ会レポート2

さて当初の目的であった「河津桜」だが、
どうも街道に桜が咲いてる気配がない。
やはり聞いてみると、満開は先週くらいで、
ほぼ散ってしまったようである。
また普通のソメイヨシノや八重桜も、まだつぼみで
開花までまだまだっていう感じがした。

海一望の貸切露天風呂の宿

このペンション。ペンションっていうよりは伊豆白浜にある
カジュアルなプチホテルっていう感じである。

gardenvilla01[1].jpg

gardenvilla B[1].jpg

gardenvilla A[1].jpg

gardenvilla02[1].jpg

白浜海岸からあるいて7分、正面の水平線には大島が浮かび、
庭には四季折々の草木が茂っている。
露天風呂から見る景色はどこまでも続く青い海、
夜には満天の星。テラスではバーベキューをしたり、
プールで涼んだりいろいろな楽しみ方ができそうだ。
部屋はカップル向けのツインルーム、家族向けの和洋室、
グループでわいわい騒げる離れ、われわれの希望の
スタイルに合ったお部屋を選ぶことができた。

gardenvilla B[1].jpg

ちなみにダイニングルームにはみんなで遊べるボードゲーム、
いつでも気軽に飲める、コーヒー、紅茶サービスを常設している。

う~ん、なかなかいい宿ではないか…。

夕食は18時から。海の幸をふんだんに織り込んだ
フルコースのディナー。
いつもの宴会状態とはチト違う(笑)

t_02[1].jpg

なお酒類は、冷蔵庫から取り放題。
我々は、ワインを楽しむことにしたのだが、
秘湯オフ会でワインが飲めるとは。

酒でほろ酔い気分になった後は、お約束の
混浴月見風呂。
15人入ってもまだまだ余裕の貸切露天風呂から
眺める星空は格別だった。

natural0803-012.jpg

natural0803-003.jpg

natural0803-007.jpg

natural0803-008.jpg

natural0803-001.jpg

明け方には太平洋から昇る
朝陽を眺めながらの露天風呂も一段と格別だった。

natural0803-014.jpg

natural0803-018.jpg

朝食は8時から。よっくりとコーヒーを飲んだり、
ゲームを楽しんだり、のんびりと過ごしてしまった為か、
出発は10時になってしまった。

natural0803-020.jpg

natural0803-021.jpg

natural0803-022.jpg

natural0803-025.jpg

翌朝の予定は、北川温泉の「黒根岩風呂」
七滝温泉の「天城荘」等に立ち寄る予定だったが、
おそらく3連休は観光客で一杯と判断し、
伊東温泉の「横浜藤よし伊豆店」に場所を変えることにした。

さて富戸の高台に建つ一軒宿の藤よし温泉。
横浜にある食事処の支店で、料理が自慢の宿のようだ。

fujiyosi-1[1].jpg

宿泊だけでなく入浴のみ、入浴食事コースも用意されている。
ちょっと高めの入浴料(1500円)だったので、
伊豆に来た際には、今までこの湯に縁がなかったが、
今回は空いている判断し、思い切ってこの湯に
浸かることにした。

藤よし温泉はたくさんの露天風呂が売りである。
受付で入浴料を支払うと、浴衣を貸してくれるので、
まずは内湯に行く。内湯の脱衣所で浴衣に着替え、
露天風呂に行くという仕組みになっている。
というのも、露天風呂はすべて混浴になっているから。
と言っても、露天風呂はバスタオル巻き可。
希望すれば浴衣と共にバスタオルも貸してもらえるので、
女性も気軽に利用できるかと思う。

natural0803-043.jpg

natural0803-045.jpg

内湯は3人ほどでいっぱいになってしまう小さなもの。
やはり藤よし温泉は露天風呂中心なのだなと思ってしまった。

もちろん、われわれは一番大きな「相模の湯」に入った。
「相模の湯」からの眺めはとても素晴らしく、
名前の通り相模湾を一望しながら湯に浸かることができる。
適温の湯は気持ちよく、のんびりと1時間あまりもこの湯に
浸かってしまった。

natural0803-028.jpg

natural0803-035.jpg

藤よし温泉の露天風呂は混浴なのでカップルで訪れる方が
多いようだが、連休の割には人も少なく、
われわれだけで露天風呂を貸しきる
ことができた。

他に貸切風呂も何ヶ所かあり一番大きな「女神の湯」は、
貸切風呂といっても湯船の前には遮るものがないので、
湯に浸かりながら相模湾を一望することができる。

natural0803-039.jpg
 
ここの温泉の良さは、とにかく広くて開放感満点ってところである。
しかも、そのほとんどが混浴であり、眺めもよく、
料理も美味しい…(らしい)
およそ8000坪の広大な敷地は、圧巻されてしまうこと
請け合いである。

natural0803-046.jpg

natural0803-047.jpg

1泊2日の短いオフ会であったが、天気も持ち直し
トラブルやハプニングもなく、何かと盛り上がった
2日間であった。

◆次回は5/3~4のGW期間にかけて
「岐阜・奥飛騨オフ会」を開催する。
露天風呂付のログハウスコテージを数棟貸しきって
行うイベントのため、2ヵ月後が楽しみである。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
混浴・秘湯愛好会「なちゅらる」
PCmail:natural@herb.ocn.ne.jp
携帯メール:do-pal@docomo.ne.jp
HP http://www.do-pal.com/nature/
携帯HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=011211
混浴オフ会ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/konyokuonsen/

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す