■09年3月度伊豆オフ会レポート1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆09年3月度 伊豆オフ会レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

‘゜☆。.:*:・’゜★ *:。.:*:・’゜☆。.:*:・’゜

★毎年恒例の伊豆オフ会。
今年は3/20(金)~21(土)の1泊2日に
かけて伊豆・下田温泉にて開催した!!

今回のオフ会。関西からめったに見られない
伊豆・河津桜を見ながら温泉でまったりしよう!って企画。

しかしインターネット調べたところ、
3月後半は、もう名物河津桜が散ってしまっているらしい…。

それなら普通の桜なら眺められるんじゃないかと、
淡い期待をこめて出発することにした。

前回秋の伊豆オフ会は、当日朝に出発したため
到着したのが晩の6時半。
今回は3連休のため、同じように大渋滞が予想される。
われわれ関西組は、前夜23:30に大阪駅前を
出発することにした。

今回は猛烈な低気圧に見舞われたため、
夜通し車を走らせて東名「富士川IC」に到着したのは
明け方の6時。
もちろん雲と霧で目当ての富士山など見えやしない。

関東・東海の人から見ると富士山見るって大したこと
では無いかもしれないが、
関西人から見ると、およそ富士山ってめったに見れない
存在のため、見えないと一種がっかりした気分になる。

さて東名・沼津ICを降り、まず最初の目的地
西伊豆は堂ヶ島温泉にある「沢田公園露天風呂」
に着いた。
ここで関東組の数名のメンバーと、地元静岡県の
3人組と合流。

絶景の露天から広がる海を見下ろす幸せ

国道136号線沿い堂ヶ島温泉の外れに、その温泉が存在する。
露天風呂は駐車場から石段を登ったところにあり、
断がい絶壁の上、海に面している。
建物は脱衣所と露天風呂のみの施設になっており、
露天風呂は5人くらい入るといっぱいになるような
狭いもので、うちのメンバー全員入ることができない。
仕方ないので、何人かは外で待っていた。
ここの露天風呂は、断がい絶壁の上にあるので、
景色がすばらしく、浴槽のへりからは堂ヶ島の島々が見え、
高台なので遠くまで見渡せる。

sawada3[1].jpg

IMGP0002.JPG

IMGP0001.JPG

こんなお風呂に入って、海の波がきらめくのを見ていると
最高の幸せを感じる。夕方はもっと格別なのだろう。
しかし、この風呂のすぐ前を遊覧船が通り、
遊覧船から露天風呂を見ることができるようだ。
船の中から何人かが手を振っている。
そこで僕たちも遊覧船が通ると仁王立ちして
手を振って返した(笑)。

さて次に向かったのは、大沢温泉にある「大沢荘」
静かな雰囲気の大沢温泉は、以前行ったことがある温泉だったが
もう一度行ってみたいところである。
この大沢荘「山の家露天風呂」は大沢温泉の中でも一番奥にある
日帰り温泉で、露天風呂のみの施設だ。
ちょっと揺れる木造の橋を渡っていくのは、いい感じ。

oosawa01[1].jpg

この露天風呂は脱衣所は男女別だが、湯船は混浴といった形に
なっていたはず。
しかし久しぶりに訪れたら、男女の仕切りが延長され、
混浴だった湯船が完全に男女別になっていた。
話によると04年3月に工事をしたそうである。

oosawa03[1].jpg

連れの女性は、ゆっくりとこの湯を楽しむことができた
そうだが、われわれ男性陣はう~ん…である。

湯は無色透明。仕切の下の湯口からかなりの湯が
湧きだしており、熱くもぬる過ぎもしない湯で、風に揺れる
木の葉の音を聞きながら、思わず長湯してしまった。

さて大沢温泉を後にし、次の目的地の
蓮台寺温泉にある「金谷旅館」の千人風呂に行く。
この頃になると、ようやく天気が晴れてきた。

kanaya2-gaikan1[1].jpg

kanaya_ryokan5[1].jpg

「金谷旅館」は大正時代のレトロな雰囲気を大切にしている
木造の素晴らしいお風呂が有名な温泉旅館である。
創業は江戸時代末期というからけっこう歴史があるようで、
雰囲気が楽しめる。
浴室は大正四年に作られたという混浴の千人風呂、
平成三年に新しくできた女性専用の万葉の湯、
明治の終わり頃作られた家族風呂の一銭湯があり、
混浴の千人風呂へは女性専用の風呂からも行き来が
出来るようになっている。
脱衣所はけっこう狭いが、浴室はそれに反して広い。

kanayaryokan5[1].jpg

天井は丸みをおびたカマボコ型というか、
学校の体育館の天井のような感じの木造で
とてもかっこいい雰囲気だ。
湯舟は長方形のデカイのがあるって感じだったけど、
実際は3つに区切られていて、一番端奥の小さいのは
とてもぬる~い湯。
その手前の小さいのはとてもあつ~い湯。
それであとのデカイのはちょうどいい感じの
湯加減であった。
そのデカイ湯舟も丸太で縦に仕切られていて
奥側が深く作られていた。
あれだけ深くて長い風呂だと誰しも泳ぎたくなるだろう。

浅い方の湯舟の真中には意味ありげに女性のブロンズ像が
あったのだが、それが怪しさ(?)を倍増させていて
ムードを盛り上げていた。

内湯の一番奥には小さな扉があり、その向こう側は
露天風呂になっていた。
露天風呂は男女ともほとんど同じ感じのようで、
とても狭いが開放感が
感じられてよかった。

kanaya_ryokan7[1].jpg

千人風呂は混浴なのでなかなか入りづらい女性の方もいる
だろうが、あのレトロ感は一見の価値があるので是非とも
味わって欲しいものである。

千人風呂を後にし、宿泊地の下田温泉
の温泉ペンションに向かう。

続く

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す