08.9月度、那須・塩原・奥鬼怒混浴オフ会レポート 2

08.9月度 那須・塩原・奥鬼怒混浴オフ会レポート 2

2日目は、塩原温泉に行くことに。

ここで、我々は人数が多いため二手に分かれることに。
まず那須塩原温泉郷 塩の湯温泉「明賀屋本館」は、
箒側の支流、鹿股川の急斜面に建っている。

DSCF0087.JPG

DSCF0089.JPG

ここは露天風呂が有名で、長くて急な階段を川底まで降りて
いかなくてはならない。この階段が木造でとっても風情がある。
下まで降りると、男女別の更衣室があり、
さらに下へ降りると露天風呂だ。

目の前の川の流れを眺め野趣満点の露天風呂を
楽しむことができ最高だ。

DSCF0099.JPG

DSCF0100.JPG

DSCF0101.JPG

一方の「湯守田中屋」には2つの露天風呂がある。
宿の前の通りを渡って、箒川(ほうきがわ)沿いに設けられた
階段をちょっと下ると、そこが渓流の露天風呂だ。
どちらの湯舟も充分な広さを備えていて、大人5~6人がゆったり浸かれるほどだ。
残念ながら眼下を流れる箒川の渓流を望むことはできないが、
目の前には咽かえるほどの山の緑と、耳を澄ませば野鳥の囀りが
BGM替わりに聞こえてくる野趣溢れるロケーションで、
心底リラックスしながら湯浴みを楽しむことができる。

IMGP3000.JPG

IMGP2997.JPG

ちなみにサークルのマドンナAさんの入っているのは温泉ではなく、
目の前に流れている川である(笑)

さて塩原温泉で遊んだあとは2日目の目的地「北温泉」に向かった。

北温泉は那須岳のふもと、那須高原にある。
特に、那須温泉、大丸温泉、北温泉、弁天温泉、高雄温泉、
三斗小屋温泉、そして板室温泉は那須七湯と呼ばれており、
関東では人気がある温泉郷だ。

北温泉の駐車場からは階段を下っていかなければならない。
その階段は結構急で、階段を降りると、なだらかな下り坂になる。
その先には北温泉の旅館が見えてくる。

DSCF0155.JPG

やっとたどり着いた!と思って、歩を進めていると信じられない
景色が見えてきた。

なっ、なんと、右側にプールのようなものが現れてくるではないか?

kita01[1].jpg

これがうわさに聞く「泳ぎ湯」だ、と確信した。
ガイドブックにはもちろんそれが載っているのだが、
実際に間近で見てみると、その大きさに口がふさがらない
状態になってしまう。
大きさは25mプールがあるかと思わずにはいられない大きさだ。
でも、プールではない。水が入っているわけでもない。
この中にある全ての液体が温泉なのだ!

見ていただけなのだが、もう泳ぎ湯に入りたいという気持ちが、
自分の足が急ぎ足になることで現れていた。
ゆるやかな上り坂を上り、とうとう北温泉旅館に到着。
北温泉旅館は木造3階建ての情緒ある建物だ。
旅館内は昼間でも薄暗く、何だか神秘的である。
玄関付近には、人気のある旅館を反映しているのか、
我々以外にも人がいっぱいいた。

さっそくチェックイン後、先ほど見た泳ぎ湯の方へ向かう。
泳ぎ湯は受付の近くにある下り階段を下りて、
来た道を引き返すような感じで行くと着くことができる。
 
さて目の前の泳ぎ湯。さすがに広い。

泳ぎ湯の隣りには普通のお風呂くらいの大きさの浴槽がある。
この浴槽は泳ぎ湯よりも浅くなっており。子供用の泳ぎ湯だそうだ。
その泳ぎ湯には、なんと子供用の滑り台が!
滑り台にはお湯が流れており、
裸で滑っても尻が擦れて痛くならないらしい。

この滑り台が後でエライ事になるとは夢にも思わなかった。

さて泳ぎ湯では、皆さんもそうしてしまうと思うが、
やはり泳いでしまった。
道を通る人たちからは丸見えだが、それでもやはり泳いでしまう。
ぬるい湯なので長湯するにもちょうど良い。
一通り泳ぎ終わったら、ではなく泳ぎ湯を堪能したあと、
いよいよ旅館内の温泉を調べることにした。

旅館内はとても薄暗くて、廊下が細かった。
そして、いろいろと増築を繰り返したのか、迷路のようになっている。どこへ行くかわからずにいろいろと迷走して、
ようやく「河原の湯」という浴場にたどり着くことができた。

河原の湯は旅館内の薄暗さとは対照的に、明るい場所にあった。
結構新しく造られた浴場みたいだ。
建物の木の色がそれを証明している。
河原の湯は男女別露天風呂である。
さっそく脱衣所で服を脱いで入ると、うちのメンバーがいっぱいいた。
浴槽はそんなに大きくなく泳ぎ湯ほどではなかったが、
開放的な場所だと思う。男女別の露天風呂に入りたいという人には
お薦めである。

これで僕は北温泉旅館の温泉を2つ堪能した。
でも、他にも浴場があると聞いているので、
旅館内をさらに探索してみた。とりあえず受付に戻ろうと考えて、
もと来た道を引き返し、受付に戻って、そこから今度は
左側の方へと進んでいった。

左に行ったと思ったのだが、またいろいろと迷ってしまった。
そして、ようやくたどり着いたのが受付・・・。

あれっ? さっきいた場所じゃん! 

自分でもわけがわからなくなって

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す