九州混浴オフ会旅行記1 (別府編)

<■九州混浴オフ会旅行記(別府編)

年に数回温泉旅行に行く僕でも、温泉に行く数日前になると、
ついワクワクとはしゃいで旅支度などしてしまい、1泊2日の旅でも
替えのパンツを5枚用意したり、タオルや着替えや本を持っていこうとして、
結局大荷物になってしまう。
温泉に行く時、僕の旅行カバンはいつもやたらに重い。
 
今回の温泉への旅もまた、例外ではなかった。

温泉、しかも2泊3日、しかも九州!
5年ぶりに開催する九州豪華温泉プランと聞いて、
わくわくしない者はいないであろう。

記念すべき最初の目的地は、「別府」

今回のオフ会参加人数は14名。
大阪からのメンバーは、8名。あとの6名は現地で合流する予定だ。
山陽道~九州道にかけて、車で行くのだが、
大阪からだとかなり遠い。
まともに東へ進んだら東京まで行ってしまう距離である。
前日の22時半に大阪を出発し、別府に到着したのは、翌朝8時半。
およそ車で10時間の行程である。

別府に着くと朝飯も食わずに、別府名物の「海浜砂湯」に入りに行く。
砂風呂といえば、鹿児島県指宿温泉にある砂風呂も有名だが、
別府の方が風情がある。

指宿は昨年行ったのだが、近代化されており、砂湯全体が温泉テーマパークの
ようで、鄙びた感じがあまりしない。
9時から受付するというので、30分ほど待っていると、
だんだんとカップルや観光客がやってきた。

ここは受付で浴衣をもらい、更衣室で衣服を脱ぎ、
全身何もつけずに、浴衣一枚だけ着て砂風呂に入るシステムだが、
浴衣自身が頼りなくて、どうも着心地が悪い。
おまけに紐だけで縛っている為か、風でひらひらと捲りあがる。
これでは強風の時は、下半身はだけて丸見えになってしまうのではないか。
同行の女の子や、他の観光客の女性も、同じ格好をして外に出てきて、
すそが捲れそうなのか、もじもじしている。

砂かけおばさんの指示で、砂の上にねそべると、おばさんはクワをふるい始めるや
いなや、アレヨアレヨという間に僕を砂の中に埋めた。
濡れて黒光りした砂は思ったよりも大粒で、重量感がある。
最初のうちは気持ちがいいんだが、ほどなく体全体がほかほかしてくる。
隣のメンバーに「おおお豚まんの具になった気分だ」
などと馬鹿な感想を漏らしていると、次第に額から汗が流れ落ちてくる。
その汗のせいで、顔が猛烈に痒い。
しかし砂の重みで腕が動かせないので、掻くことができない。
20分ほどして、おばさんが
「もう出ていいですよ」
と告げられたときは、本当にほっとした。
「砂責め」から開放された僕たちは、次の目的地である、
観海寺温泉の「いちのいで会館」に向かった。

IMGP1991.JPG 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

“九州混浴オフ会旅行記1 (別府編)” への1件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    今回も、参加できなくて・・・
    いつもタイミングが合わなくて;0;
    でも、いつも楽しみに見ていますんで、
    早いうちに参加できればと思っています!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    今回も、参加できなくて・・・
    いつもタイミングが合わなくて;0;
    でも、いつも楽しみに見ていますんで、
    早いうちに参加できればと思っています!

コメントを残す