温泉ソムリエ「ザビエルさんの知らない混浴の世界」トークショー & 温泉アイドルライブショーレポート

7月1日(土)に、千葉県野田市にある『ザビエル・カッパー邸』にて温泉ソムリエ「ザビエルさんの知らない混浴の世界」トークショーと、温泉アイドル ライブショーに行ってきました!!

世界のムフフな温泉混浴事情

実際に「ムフフ」などと言っている御仁は見かけたことがないのだが、「混浴」と聞くとつい、頭の中で「ムフフ」という単語がぽわあんと浮かんでしまう方は多いのではないだろうか。

今回で2回目の温泉ソムリエ「ザビエルカッパ―氏」の講演する「ザビエルさんの知らない混浴の世界」トークショーでは、実際ザビエル氏が見て体験した「世界のムフフ」な温泉混浴事情をレポートしたい。

混浴は日本だけ?実は外国にもある!

混浴は、日本独自のものではなく、ドイツをはじめとして、北欧、東欧諸国でも見られるそう。

ただし、残念ながら水着着用が多く、ムフフ度は比較的押さえられている。

サウナで有名なフィンランドなどの北欧、東欧だけでなく、中国雲南省の「温泉入浴会」、ロシアの「神現祭」、台湾などにもいわゆる「混浴」と呼ばれるような習慣が見受けられる。しかし、残念ながら、やはりどれも「水着着用」というのが一般的であるようだ。

これでは夢も希望も無い。この広い世界にムフフはそこまで無いのか…そんな絶望の中、ひとつの大国が浮かんだ。人類に残った一筋の希望。混浴大国ドイツである。

水着着用禁止!ドイツのびっくり混浴事情

ドイツには19世紀の終わり頃から始まった「フライカーパークルトア(裸体文化、FKK、エフカーカー)」というものがあり、人間の原点の姿で自然に帰ろうという考え方がある。なんとも開放的で、野性味溢れる文化である。

さて、そんなスッポンポン文化を誇る世界第4位の経済大国ドイツ。芸術にも秀で、多くのノーベル賞受賞者も輩出している非常にブンダバーなドイツでは、言わずもがな温泉・サウナは混浴が一般的である。

ドイツの混浴で特筆すべき点は

「水着着用禁止」
「更衣室が男女共用」

といった点にある。

ヨーロッパ有数の温泉地として名高い「バーデン=バーデン」は歴史的な著名人も利用し、ブラームス、ヨハン・シュトラウス、ドストエフスキー、トルストイ、ゲーテなどなど、そうそうたるメンバーがスッポンポンで保養していたこともある由緒正しき温泉である。

ちなみに「バーデン」は「風呂」という意味である。つまり「風呂風呂」という意味になる。たぶん。おそらくは「サハラ砂漠」みたいなものであろう。

ドイツの温泉・サウナは基本的に皆素っ裸で入るのが基本で、ドイツ人足るものタオルなぞという軟弱なものは一切付けないのが習わしであるらしい。

ブラームスやシュトラウスが下半身の指揮棒をぶんぶんと振り回しながら「アッチェレランド!」などというしょうもないギャグをかっ飛ばしながら温泉に入ったり、サウナでスッポンポンのニーチェが、しかめっ面をしながら哲学を語るところを想像すると、歴史のスペクタクルを感じ、なぜだか妙に親近感が湧く。

ちなみに今回集まった人は男女合わせ30人ほど。

セミナーで熱弁するザビエルさん

プロジェクター使って本格的です。

ザビエルさんは世界の混浴温泉や、ヌーディストビーチの殆んどを体験してます!

実際に現地で見て来た、世界の混浴温泉やバーデンバーデン、ヌーディストビーチ(村)の話も聞けました。(現地画像も見れます)

ドイツのバーデンバーデンのサウナ

本当に男女がスッポンポンでサウナを楽しんでます。



アメリカや、ヨーロッパには、こんなヌーディストビーチがいっぱいとのこと!!

ザビエルさんが「ここが最高!」と力説してた、「キャブ・ダグド」(Cap-d’Agde Naturist Village)

地中海に面した広大な敷地内にビーチだけでなく、ショッピングエリアやレストランなどが揃っています。そしてそのあらゆる場所で裸でいられるヌーディストの聖地。ホテルのフロントスタッフやコンビニの店員も、もちろん全裸です。

トークセミナーの後は、「正しい混浴の入り方講座」に続きます。

やっぱり、そうこなくちゃ!!

「そもそも、このザビエル温泉は…」とウンチクを語るザビエル氏。

ウンチクはいいから、早く混浴してぃなぁ…!!てか、単なるプールじゃねぇか。

「みなさん女性が入浴するときはガン見をしないように」
ていうか、ザビエルさんがガン見してる。

ちなみに周りは塀と木で覆われているため、外からは見えません。

う~ん、混浴って、素晴らしい…。

混浴理解度を試す「混活試験」

みなさん真剣に考えてます。

かなりの難問です。

試験合格者には「混活認定パスポート」を授与されます。



パスポート裏面

70点が合格ラインなのですが、今回は一人の合格者も出ず…。



でも俺たちゃ、こんなことではめげないぜ!!

続くお楽しみは、温泉アイドルとの懇親会

pict-RIMG0198

pict-RIMG0223

pict-RIMG0228

pict-RIMG0230

たまにラムちゃんも手伝いに来ます。

pict-RIMG0207

なんだ。このチップは!?

乾杯で盛り上がるゼ!!

pict-DSC_5090

pict-DSC_5095

温泉アイドルによるライブショーもあります。

参加者も一体になって踊ってます♪♪

ザビエルさんもノリノリですネ(;’∀’)

第2回「混活サミット2017 ザビエルさんの知らない混浴の世界」無事終了しました。

おわりに

と、いうわけで、世界の混浴事情、とりわけドイツの混浴についてザビエル氏がご紹介したわけであるが、温泉における混浴文化というのは、意外に歴史が古く、そして貴重なものである。

単なるエロだ、猥褻だ。などと一括りにできない重みがある。

「裸の付き合い」などとはよく言ったもので、普段は近付きがたいと思っていても、いざ一緒に裸を見せ合えば、自然と(心理的な)距離は縮まるものである。

もちろん、ムフフな気持ちも大事であるが、気になる相手だけではなく、異性、同性問わずに友人、家族などと、改めて裸の付き合いをしてみるのも良いのではないだろうか?

■ザビエル邸、ゲストハウス入居者・宿泊者募集中!!

人の輪が広がる「ゲストハウス野田」。

また訪れたくなる秘密とは、

「もっと広い場所で作業できたらいいな」
「いつでも自由に使えるアトリエが欲しい」

もの作りが好きな人、絵を描くのが好きな人、それを仕事にしているらば、1度はふとそんなことを思ったことがあるはず。

東武アーバンパークライン「野田市駅」から歩いて15分くらいの静かな住宅街の中に、そんな思いを叶えてくれる場所がある。

それが「ゲストハウス野田」だ。

オーナーは、ザビエルさん。

2400坪の敷地にある300坪もある大邸宅に一人で暮らしており、お母さんは有名な画家さん(日展にも入選)※実際、家に絵がたくさん飾っております。

ギャラリースペース、アトリエスペース・・・そこはまさに美大に通う学生、将来、芸術家やデザイナー、写真家になりたい方に最高の環境だ。

一軒家の1階と2階に滞在される方を募集しています。

ゲストハウスだけでなく、留学生、短期滞在、観光、日本移住の下見などに便利です。

東京オリンピックや、都内やディズニーランドを観光する際にも便利です。

近くにはイオン野田店もあり、自転車でお買い物も可能です。駐車スペースも8台ほど停められます。

温泉も近くにあるので、たまに入りに行けます。
野田温泉「ほのか」

家具などがついておりますので、スーツケース1つで来ていただいても、すぐに生活頂けるようになっております。

またシェアハウスとして使いたい場合は、自分でDIYしてオリジナルのデザインで、自分好みの部屋にも改造できます。

駅からの送迎や、スタジオ・イベント・ギャラリーのスペースとしても貸し出ししておりますので、お気軽にお問合せください。

注:現在、改装中のため、間取りや基本的な部分は変わりませんが、写真は実際のイメージと異なります。

・8月よりご利用可能です。
・家賃・宿泊代応相談
・2ベッドルーム
(シングルベッド3台設置しています)
・キッチン
・バスルーム
・庭に露天風呂2か所・2階に2か所有り
・30畳のダイニングルーム(展示会・発表会・フリマとしても使えます)
・20畳の別邸スタジオルーム
 (ライブ・芝居・絵画・写真・彫刻スタジオとしても使用可能
 ※専属モデルもおりますので、いつでも要請可能です)
(「コスプレモデル倶楽部
アイキューブ」とのタイアップ)
・車8台分の駐車場
・洗濯機・冷蔵庫(オーナーと共有)
・無制限WiFi
・水道・電気・ガス込み
・家庭菜園の出来る広大な庭有り(竹やぶもあります)
・ペット可(庭が広いので屋外でも遊べます)
・DIY可(材料は、ご自分で揃えて下さい)
イオン野田店近く。バス停はスグ。JR日暮里駅から約60分。
成田空港から90分。

いつでも見学に来て下さい。野田市駅からの車送迎も有り。

●絵画・写真・彫刻・陶芸等アトリエにも、自分の作品発表の場にも使えます。

広大な庭では家庭菜園も可能

竹やぶもあります。春にはタケノコづくしが味わえます。


ニワトリも買ってます。

ニャンコも飼えますよ💛

ゲストハウスには芸術家を目指すタマゴや、外国人も集まります

こんなフリマも開催できます! 

庭に泡風呂や露天風呂が付いてるのは全国広しといえどココだけ!!

これぞ、ワールドテックなゲストハウスですね♪

 (希望)

”普段の姿を見てほしいと思い、あえてきっちり掃除しませんでした”というザビエルさん。

「ゲストハウスや、シェアハウスを始めようという人には、いいところばかりを見せてもいけない」というザビエルさんの真意があったそうなのだが、私はそこから、ザビエルさんの人柄を垣間見た。

初めての訪問者が来るとなれば、よく見せようときっちり片付けようとしがちではないだろうか。もちろん、それは訪問者への気遣いとして有難いものだが、あえていつものままの様子を見て感じてもらう。これはとても勇気のいることだ。些細なことのように思えるが、これによって生活の中にそのまま入り込んだような温かさがを感じられる。

そしてザビエルさんも、住んでいる人も、それぞれの自分のペースを大切にする。せのびしすぎると、変に緊張感が出てきてしまうし、最初はよくても続かなくなる。そういうものがないから、この空間は初めて来ても落ち着ける居心地の良い場所になっているのだと思う。

ご連絡お待ちしております。 

DATA

名称   : ゲストハウス野田

公式HP  : https://ohnomotoi.jimdo.com/

FBページ : https://www.facebook.com/motoi.ohno?fref=pb&hc_location=friends_tab&pnref=friends.all

Twitter      :   https://twitter.com/xstudio8

所在地  : 千葉県 野田市 横内83

賃料   : 1日2000円。(1ヶ月毎で30000円程度※応相談)

管理費等 : 特になし(お掃除・あと片付けして頂けたらOK)

間取り  : 6LDK + アトリエ、スタジオ、ギャラリー空間

居住人数 : 現在ザビエル氏一人

住民構成 : 10代後半〜60代前半を希望 美大・芸大生歓迎 男女比率なし

募集状況 :    今のところ空室だが早い者勝ち。見学などは常時受け付けている。

■お問い合わせ先

担当者名: ザビエル・カッパ―氏 

メルアド: ohnomotoi@yahoo.co.jp

電話  :        090-1219-4881

★次回はハロウィンの時にお会いしましょう!!

■17.10/28(土) 混活サミット2017 in 千葉!! 温泉ソムリエ「ザビエルさんの知らない混浴の世界」トークショー&ハロウィン・コスプレファッションショー
http://konyokuroten.com/archives/24614

ザビエル邸に遊びに来てネ(^o^)

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!