2012年10月度、奥飛騨オフ会レポート1

白山スーパー林道~新穂高温泉へ

極楽とはこういうものだ!!

誰もいない朝、露天風呂に浸かっていると、そんな言葉を思わず洩らしてしまうことがある。

まして、すぐ側には妙齢の女性が…。

せちがない現代日本において、温泉は、しかも混浴は、極楽気分が味わえる唯一の場所といっても過言ではないだろう。

しかし、よほどのマニアでもない限り、月に何回も温泉に行くことはできない。

よほどの温泉好きでも年に7、8回がせいぜいで、たいていの人は、正月とかGWの連休期間になんとか行けるといった程度である。

しかし日本人にとって、温泉は心のふるさと。

誰だって温泉と聞けば、多少は心が和むであろうし、まして実際に混浴へ行くとなれば、つい腰に手を当てスキップの3mくらい、はやってしまっても不思議はない。

かくいう小生も、温泉へ行くということになると、腰に両手がいってしまうクチである。

大人げないとは思いながらも、ついハシャイで旅支度などしてしまい、一泊二日の旅なのに、替えのパンツを5枚も用意したり、数枚の着替え、救急道具や、ガイドブックや、パソコン、i-pad、カメラにビデオにビデオプロジェクターと何でも持っていこうとして、結局大荷物になってしまう。

よって温泉に行くときの小生の旅行カバンは、いつもやたらに重い。

「どうしてこんなに重いんだ!? いったい何が入っているのだ!?」

4つも5つも荷物を抱えているためか、旅館の仲居さんや、番頭さんがチェックイン時に親切にサービスで持って行ってくれるのだが、ヒーヒー言いながら部屋まで運んでもらうのを見て申し訳なく思ったりする。

そして今回の旅は、奥飛騨温泉郷である。

なんと言っても奥飛騨は、温泉と紅葉、特にこの季節は紅が美しい。

紅葉は10月10日頃、乗鞍スカイライン・新穂高ロープウェーから始まり奥飛騨全体が美しいのは20日過ぎが一番良いと思う。この辺りの紅葉は10月末頃まで楽しめる。

またこの時期の野天風呂も格別で、もみじ風呂と言う感もある。

新穂高温泉にある「新穂高の湯」という無料の混浴露天風呂では、この時の風呂が良くて毎年来られる人も多いという。

まず関西から出発した我々は、まずは石川県側から白山スーパー林道を抜けて、奥飛騨に向かう行程を選んだ。

白山スーパー林道は、石川県白山市と岐阜県大野郡白川村を結ぶ全長33.3キロメートルの有料道路。中宮料金ゲートは標高610m、そして最も標高の高い位置にある三方岩岳駐車場は1,450mになる。

白山展望台からは白山主峰三山と地獄谷が良く見えるほか、三方岩岳駐車場からは三方岩岳へ40分ほどのトレッキングで白山連峰や立山連峰のパノラマを楽しむことができる。

姥ヶ滝(うばがたき)は石川県白山市(旧吉野谷村)の白山スーパー林道沿いにある滝である。

白山スーパー林道には数多くの滝があり、もう一つ有名なものとして「ふくべ大滝」があるのだが、この姥ヶ滝は石川県で唯一の日本の滝100選に選ばれている滝なのである。

落差は76m。

山の中腹、細い落ち口、茶褐色の岩盤を数百条の細かい流れをつくりながら広がり、まるで滑るように流れ落ちる。

幅は広い部分で100mに達するようで、この姿はまるで老婆が白髪を振り乱したように見える事からこの名が付いたとされる。

もうちょっと良い表現だったら良かったのだが、老婆が白髪を振り乱したような例えでは、せっかくの美しい滝を眺めるのも興ざめしてしてしまう。せめて「美女の滝」とか「天女の滝」とかの方がずっと良い(笑)

滝下の前には天然の露天風呂「親谷の湯」がある。

もちろん無料の混浴露天風呂!

この温泉に浸かって眺める姥ヶ滝、贅沢の極みだろうな。(笑)

ただ、滝見物に訪れる人たちから丸見えですので、ちょっと勇気が必要である。。

泉は97℃あり、それを水で調整する。

熱い時、ぬるい時は竹筒で湯を川へ逃がすなどして、温度調整をする。

温泉で温まっていい気持になった後は、恐怖の階段を上って帰る。

まず汗だくになることを保障する。(笑)

最後にご注意を。

夏場に「親谷の湯」に入ると、アブの大群に身体を刺されてしまう。

以前、真夏に入って全身20か所くらいアブに噛まれ、2種間くらい痛痒い思いをしてしまった。

特にアブは、なぜか人の股間を狙う傾向が有り、無防備だった局部を2ヵ所も噛まれ、掻くに掻けないほどアソコが腫れ上がった記憶が有る(笑)

親谷の湯

住所:石川県白山市中宮才11番地の2
TEL:076-255-5011(白山市吉野谷支所)
入浴料:無料(ただし白山スーパー林道通行料3,150円必要)
営業時間:10:00~18:00
定休日:冬期(12月~5月上旬)
駐車場:あり(無料)
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
効能:神経痛・五十肩・うちみ・皮膚病・婦人病・消化器病…etc.
バスタオル巻きOK(水着も可)

次回に続く

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

“2012年10月度、奥飛騨オフ会レポート1” への2件の返信

コメントを残す