◆2016年4月度、京都・桜と古都満喫、亀岡「湯の花温泉」プレミアムツアーレポートⅡ「京都・湯の花温泉編」

■京都・湯の花温泉「松園荘・保津川亭」

高台寺を後にした私たちは、本日宿泊する旅館がある湯の花温泉へと向かいます。

祇園・東山地区から車を走らせること60分、街から少し離れた旅館が立ち並ぶ静かな通りへ。

ここが通称、京の奥座敷・湯の花温泉。 その通りにある一際大きな旅館が本日私たちが泊まる「松園荘 保津川亭 」さんです。
SS01_980x650[1]
4d38131d[1]
「松園荘 保津川亭」は観光経済新聞社による『人気温泉旅館ホテル250選(2009年)』で5つ星の宿に選ばれたり、旅行新聞新社が主催する『プロが選ぶ日本のホテル・旅館百選』で1997年から毎年連続で入選するなど、湯の花温泉にある旅館の中でも指折りの旅館なのです。

●動画再生 http://iiyado.tv-tokyo.co.jp/yado/?yid=1409

車のナビと睨めっこしながらのろのろ旅館の前に車を停めると、入り口で待機していた番頭さんらしき方がさっと来て丁寧な挨拶をしてくれます。

部屋まで荷物を運んでくれるのですが、小生の肩にかかっているショルダーバッグすらも運んでくれるというので、こちらが恐縮してしまいます。

さすがに「なちゅらる」が普段オフ会に使う秘湯の宿とは違います。こういう場でも堂々としていられる大人になりたいものです(笑)

まぁ、混浴しようって、下心で泊まろうとしている人間が言うことではありませんけどね…。

荷物を預けると、案内されながらエントランスへと足を踏み入れます。

ん、凄い。なんだか凄い。
main_image02[1]
語彙力がしょぼいので上手いこと言葉にできませんが、なんというか、まるで旅館の中に京都の町があるような印象を受けました。

なんでも「保津川下りの船をイメージした設計」になっているのだとか。そう言われればなんとなくそう見えてきます。 いや、きっとそうなのでしょう。

館内も細部に至るまで繊細。 慣れない高級感にあてられて目がチカチカします。館内は少し複雑な作りになっていましたが、それが京都の裏道のようでもあり、風情を感じます。 そして今日私たちが泊まるお部屋がこちら。12畳ほどの和室です。
62440030000071160[1]
4人で泊まるには十分すぎるほどの広さ。

部屋に着くと、仲居さんが梅こぶ茶を淹れてくれました。京の和菓子・金つばと干し梅も添えられています。

仲居さんの話す京言葉(確信は無い)に相槌を打ちながら一服した私たちは、旅館の浴衣に着替えて、さっそくお風呂へ。

仲居さんがやたらとプッシュしていたお風呂には、大浴場、露天風呂、石風呂、檜風呂、薬湯と何種類もの浴槽が用意されていました。
t_02[1]
main_image04[1]
FwYELM[1]
こういうところに来ると、なんとなく長湯をしないと損した気分になります。そしてのぼせます。のぼせた体に風呂上りの一杯のビールがたまりません(笑)

お風呂でさっぱりした後には夕食。

▲丹波の幸盛合せ ▲丹波そば ▲旬のお造り ▲丹波和牛 ▲丹波和牛のしゃぶしやぶ ▲季節の釜飯 お上品な料理の数々。言うまでも無く、美味しかったです。
16447a11efe4c-0c08-4725-8d88-a00158bbd8e4_m[1]
Pi3XUe[1]
20522562[1]
pict-RIMG3168
20523259[1]
pict-RIMG3183
舌がまた肥えました。 ごちそうさまでした。

いくら秘湯ツアーの時でも、旅先での食事はあまりケチケチせずに美味しいものを食べるようにしているのですが、それとはやっぱり違いますね。

まず値段が違い過ぎるというのもありますが、それ以上に料理の感想を言い合ったり、仲居さんと世間話をしたり、こういう“ゆったりとした時間”というのは秘湯ツアーにはありませんねぇ。

そしてなによりも京都に来るときは大名気分になります(笑)。

こういう時に1本4,000円もするワインを注文するなんて今まで考えられません。 4000円あったら安いビジネスホテルでもう一泊しますね。これがプレミアムツアーと、一般ツアーとの違いなのでしょう。

しかしまぁ良いお酒と料理だけあって美味しく、そして楽しく飲めました。

夕食宴会の様子
男10対女9のため、席もカップル状態!まさしく大名ツアー
pict-RIMG3153 pict-RIMG3175 pict-RIMG3176  pict-RIMG3164 pict-RIMG3161pict-RIMG3160 pict-RIMG3159 pict-RIMG3158 pict-RIMG3157   pict-RIMG3163 pict-RIMG3154 pict-RIMG3177 pict-RIMG3180 pict-RIMG3182

美味しいものを食べた後は、貸切家族風呂にて恒例の混浴タイム(貸切には露天風呂がありません)
pict-RIMG3190
pict-RIMG3189
pict-RIMG3187
pict-RIMG3186
新人の天野っちさん
pict-RIMG3188
湯の花温泉「松園荘 保津川亭 」さん。本当に良い旅館でした。

もし京都・亀岡方面へ観光に行かれる方がいらっしゃったら検討してみてはいかがでしょうか。

温泉DETA)

■京都・湯の花温泉 松園荘保津川亭 (しょうえんそうほづがわてい)

●住所:京都府亀岡市稗田野町芦ノ山流田1-4
●アクセス:京都縦貫道亀岡より7分/JR嵯峨野亀岡より車・タクシーで15分
●送迎:あり
●泉質:放射能泉
●効能:神経痛リュウマチ/肝臓病胆のう/高血圧脳卒中/痔/婦人病/病後回復ストレス解消/運動機能障害/関節痛/筋肉痛/五十肩/消化器/神経痛/打ち身/痛風/動脈硬化/冷え性
●お風呂:内湯(男女別各1か所・男女別露天風呂各2か所・貸切風呂2か所)
URL http://www.syoenso.com/

◆2016年4月度、京都・桜と古都満喫、亀岡「湯の花温泉」プレミアムツアーレポートⅡ「京都・湯の花温泉編」終わり

◆オフ会に参加されたい方はこちらまで
http://konyokuroten.com/

◆動画配信サービス「秘湯女子図鑑」を見たい方はこちらまで!
http://onsen-photo.com/

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!