■2016年3月度、北陸最大級の混浴大露天風呂で美女と楽しむ癒しのツアーレポートⅡ「たがわ龍泉閣編」

一里野温泉をあとに、本日の会場である辰口温泉「たがわ龍泉閣」へ向かうことにした。

■辰口温泉 たがわ龍泉閣
pict-DSC_5802
pict-DSC_5803
その昔、手取川には荒々しい龍が住んでおり龍が暴れるたびに川は大氾濫。そんな暴れ川に江戸末期天保7年に来丸村の源助が温泉を掘りあてたのが、開湯1400年の辰口温泉。田圃の中に、龍の口から泉が湧き出しているたがわ龍泉閣の露天風呂。
pict-DSC_5806
金沢の近く白山を望む田んぼの中に六つの露天の名湯です。こんな情緒を味わえるのはここ、たんぼの湯だけ。
DVC00818[1]
Rl8lZb[1]
温泉は内湯もありますが,なんといっても「田んぼの湯」とよばれる広大な露天風呂が、ここのウリ!
E794B0E38293E381BCE381AEE6B9AFE89684E69AAEm[1]
広いテーマパークのような感じすらします。 立ち湯や寝湯,打たせ湯など,なんでも揃っている感じです。混浴になっていますが,内湯から露天風呂に出る際,男性は浴衣と呼ばれているトランクスを着用します。
L3365030001694212[1]
女性も同様の上下の浴衣を着用します。薄手なので,気になる人は日が落ちてから行くとよいかもしれません。
よって「ここで混浴できなきゃどこの混浴も入れない!」と言ってもいいくらい、混浴しやすい環境です。
Y336503281[1]
7019_1[1]
男女別の入口に座っている監視員のおじさんが、全裸の人がおらんか?

と監視してくれているので変なことも起こりません。

ちなみに、こんなの邪魔くさいって浴衣を取ろうようなものなら、

「そこの人、浴衣を着けなさい!!」って監視員の怒鳴り声が響きます。

こんな安心して入れる混浴露天風呂は、おそらく日本でここしかないのでは? というくらい、混浴面白み度が低いです。(カップルだと良いかも…)
pict-DSC00948
pict-DSC00947
pict-DSC00950
でもねぇ…。

これだけの景観と広さを兼ね備えているのに、露天風呂に裸で入れないとは…?

もったいなさすぎ。

これだと、大江戸温泉物語 http://www.ooedoonsen.jp/urayasu/onsen/mizugi.html

豊島園「庭の湯」http://www.niwanoyu.jp/

江の島アイランドSPA http://www.enospa.jp/

大阪にある世界の大温泉スパワールドhttp://www.spaworld.co.jp/

でも、いいんじゃないの?

わざわざ関東や関西から行くほどの混浴温泉でもない。

混浴露天風呂でがっかりした男性陣の落胆した様子には、さすがに悪いと思い、 貸切露天風呂を2時間ほど予約していたので、何とか混浴気分を味わうことができました。

ちなみに、ここの貸切風呂は、20人は同時に入れるほど、やたら広い。
00017435[1]
内風呂がそのまま貸切風呂になったのではないか?と思うほどでした。

まぁ、うち的には混浴露天風呂がメインで取ってたもので、貸切り風呂予約してなかったら、エライことになってたかも…。

■夕食の風景

旬の加賀金沢の食材をふんだんに使った、彩り鮮やかな和洋会席です。
tagawaryouri[1]
今回のプランは人気の国産牛サイコロステーキ付きプランです!

▼地場食材で季節を堪能 お料理

加賀野菜・美味しさを追求した黒毛和牛・日本海の幸、加賀平野のこしひかり・霊峰白山の伏流水で和洋会席に仕上げたとのこと。

宴会の様子
pict-DSC00916
pict-DSC00917
座敷ではなく机なのでウレシイ。
pict-DSC00918
pict-DSC00925
pict-DSC00933
pict-DSC00934
pict-DSC00935
pict-DSC00944
pict-DSC00940
pict-DSC00942
館内にはいろんなものがあります。
pict-DSC_5799
プールもあります。
pict-DSC_5798
pict-DSC_5792
田んぼの湯だけに、かまどもあります。
pict-DSC_5793
pict-DSC_5812

温泉DETA

■辰口温泉 たがわ龍泉閣

  • 住所:石川県能美市辰口町20番地
  • TEL:0761-51-2111 ●交通アクセス:JR松任駅から車で15分・北陸自動車道小松ICから車で約20分

※JR小松駅又はJR松任駅へのお迎えをご希望の方は、事前予約が必要です。

  • 定休日:年中無休
  • 立ち寄り湯入浴料:1,500円
  • 営業時間: 15:00~22:00
  • 露天風呂(混浴6)・内湯(男1、女1、貸1、交代制1)
  • 泉質:含食塩芒硝泉
  • 効能:慢性皮膚病・消化器疾患・神経系統疾患・泌尿器疾患…etc.

混浴露天風呂は、バスタオル巻き:着用義務
●公式HP  http://www.ryusenkaku.com/

■2016年3月度、北陸最大級の混浴大露天風呂で美女と楽しむ癒しのツアーレポートⅠ「たがわ龍泉閣編」終わり

●次回は、2016年3月度、北陸最大級の混浴大露天風呂で美女と楽しむ癒しのツアーレポートⅢ「金沢グルメ編」に続く

◆オフ会に参加されたい方はこちらまで
http://konyokuroten.com/

◆動画配信サービス「秘湯女子図鑑」を見たい方はこちらまで!
http://onsen-photo.com/

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!