■2012年12月度、那須オフ会レポート1

■2012年12月度、那須オフ会レポート1

今年も残すところ、あと1日。
一年って、アッと言う間というのが本当の実感。

なちゅらるでは今年2012年に、10回のオフ会を行ったのだが、
今年は本当に色んな温泉を回った年でもあった。

その中から特に印象に残ったツアーを3つに絞るとしたら、
まず、第三位に、信州・切明温泉ツアー。

温泉宿の露天風呂のスグ側でバーベキューしたのが
非常に印象的だった。

12-07-Kiriake-006

最初は河原でするつもりだったのだが、前日の大雨で河原が
使えなかったために、急きょ代替で行ったのだが、これが大当たり!

バーベキューに温泉というセット企画のプランが、
その後の奥飛騨オフ会に継承していくという
画期的なプランであった。

そして第二位は、九州、別府・由布院・黒川温泉ツアー。

黒川23

やはり九州は温泉天国。紹介しきれないほどの
珍しい秘湯や混浴露天風呂が一杯で、
温泉フリークにとっては、それがたまらない魅力。
ワニが多いと言われる「別府保養ランド」の泥湯も、
その風景の素晴らしさと、泥湯という独特な泉質により、
行った者にとって、忘れられない思い出に。

そして一位は、東北みちのく秘湯ツアー。

初めてオフ会を東北で行ったのだが、まさしく東北は混浴天国。

DSC01540

DSC01628

ワイルドな野湯や秘湯があちこちと合って、
どこに行こうか目移りするほどの数。
混浴文化が今でも残り、混浴を愛する者たちにとって
最後の聖地とも言うべき姿がここには生き続けている。

オフ会レポートでも、この3つのツアーは、かなりネタが
たくさん有り、何を書こうか困ることはなかった(^_^;)

そして男性メンバー的には、今年のオフ会全てに参加してくれた
M氏のキャラクター。
女性陣では、常にタオルなし入湯を心がけてくれている
OKBの代表格のMちゃんのお色気。

このMMコンビ?(笑)のおかげで、
非常に盛り上がった年でもあった。
黒川13

ということで、この二人が年末を締めるにふさわしい、
12月度の那須コテージ貸切忘年会にも、
めでたく参加していただくことになったのである。

そして今回のテーマは、
テルマエ・ロマエと、混ピース゛むら○○の一味゛

混浴王を目指す中年親父“ムフィ”とその仲間たちとの
混浴・秘湯冒険の物語を描いた、「只野温泉」原作の人気
ノンフィクションをTVアニメ化したアクション・アドベンチャー!
「北温泉」でテルマエ・ロマエにあやかろうツアー。
main[1]
と、なんだか長ったらしいツアーの、始まり始まりである(爆)

 ■那須温泉「アリスドリームランド」

自家源泉の天然温泉を掛け流しで利用できる貸し別荘って、
全国を探してもそうはないであろう。

那須高原にも温泉と称す施設はあるが、加水や加温、循環利用を
しているところも多く、湧き上がる源泉に一切手を加えず、
そのまま「掛け流し」で利用できる天然温泉は、
非常に貴重であり、この上ない贅沢である。

その中でも那須高原にある豪華リゾート貸し別荘
「アリスドリームランド・泉苑」

これほど質の高い天然温泉を、コテージに併設の内湯や専用露天風呂
でも楽しめるのだから、まさに「高級貸別荘」という言葉が
ぴったり当てはまる。

約3,600坪の敷地内は、庭園のように丁寧に整備され、
歩いているだけで、とても気持ちがよい。
DSC01852 - コピー

泉苑は木立に囲まれた京風数寄屋造りの宿で、敷地のすぐ隣には、
那珂川の支流の一つ、高尾股川が流れており、
のんびりと露天風呂に入りながら、清流のせせらぎを満喫できる。

DSC01858 - コピー

また天然の岩魚、山女釣りも楽しめる。
500坪の和風庭園には小川と湧き水が二ヶ所から流れており、
野鳥の囀りを聴きながら散策も出来、またテラスにて
バーベキューも楽しめる。

DSC01857 - コピー

泉苑は限定一組(40名様迄)だけの貸切型和風コテージ。
価格設定はチト高いが、団体で泊まると、那須温泉の旅館に
泊まるよりはリーズナブルである。

宿泊する別荘内も、こだわりが随所に見られ、
40人が一度に泊まれる部屋数の多さ。

住宅としても十分利用できる程のしっかりとした造り、
和風デザインがお洒落なお部屋、センスの良い家具や
薄型プラズマTVといった 高級家電も目にとまる。

DSC01865 - コピー

DSC01866 - コピー

調度品や工芸品・民芸品のオブジェもありちょっとした美術館風。

DSC01859 - コピー

DSC01860 - コピー

DSC01861 - コピー

H24.12那須塩原32

またキッチンも40人分の調理が一度に出来るほど、
料理店顔負けのキッチンとシンク。大型冷蔵庫が2つに、
電子レンジや、オーブン、カセットコントに土鍋まで揃っている。

DSC01864 - コピー

50畳ほどあるリビングも落ち着きがあり、
居心地の良い贅沢な館内に、 とても、1泊ではもったいない、
連泊してゆっくりしたいと思える空間である。

DSC01868 - コピー

どこをとってもワンランク上の貸し別荘であり、
特別な休日を過ごしたい方、 サークルや会社の贅沢な
合宿旅行にしたい場合には最高のコテージである。

さて、新宿駅西口でメンバーさんと待ち合わせしたのは朝の10時。

東京組がいつも待ち合わせするのがココ。
thumb300x225-images684981[1]

“むら○○の一味”のリーダーM氏は、皆が来る30分前に
到着していた。

ここに一味のアイドル、ナミとロビンじゃなかったMちゃんと、
Rちゃんの二人と待ち合わせ。

「Mさん、えらい早いじゃないっすかぁ~!」

「道が混んでなかったもんで」

いつも良く集合場所に遅れてくるM氏なのだが、
今日は気合が入っている。
何せ今年導入したオフ会専用のスタンプカードに、
10回参加でオフ会1回無料サービスの特典を、
記念すべき第一号のメンバーだったからである。

そういえば、今日は土曜日の割には新宿に人気が少ない。

どうも昨日の夜に起きた地震の影響で、
行楽に行く車が減ったようである。
(そういえば地震の影響で、新宿駅で電車が遅れて
大変だった…)

「しかし、Mさん。今日、雪が降るかもしれないって
予報出てるけど、
ノーマルタイヤで大丈夫…?」

「大丈夫。天気予報でも雪は日本海側で、
那須は晴れマークが出ていたから」

「そんなこと言って、雪降ったら知らないぜ…」

「大丈夫、大丈夫」

どこから、そんな自信が来るのだろうか?
未だかって、その自信が当たったためしがない…。

行く前から、“むら○○の一味”はワイルドを通り越して、
もはや無謀であった。

そうこうしているうちに、Mちゃんと、Rちゃんが到着した。

ちなみに、OKBに所属するMちゃんは、
「なちゅらる」に参加してから 6年になるベテランの子。
どこでも全裸になれるのが取り得(^^ゞ

必殺技は、“サンダーボルト○ンポ”に“トルネード○ンポ”
そして“全裸幸せパンチ”
(なんじゃそら…笑)

そして同じくOKBに所属するRちゃんは、
「なちゅらる」参加、今年で丸3年。

お色気ムンムンのナイスボディの美女なのだが、
触ってくる男性に対し、 スラップ・クラッチ・ツイストと、
平手打ちや関節技で攻撃される。

さむっ・・・。

彡(-_-;)彡ヒューヒュー

「今夜の献立は何にする?」 

「暖かい、チゲ鍋が食べたーい!」

てなことで、本日の献立は、『チゲ鍋』に決定!!

東京にいながら韓国気分を満喫できる、
新宿・新大久保のコリアンタウン。
ここで今夜の夕食の材料を買い込むことにした。

韓国の食材や調理器具などを求めて歩き回った。
その、お目当てのひとつが「韓国広場」だ。

韓国の食材を扱うスーパーとしては国内最大とのこと。
しかも、24時間営業と気合いが入っている。
店内に入ると、一見普通のスーパーだが、周回すると
日本のスーパーとは 明らかに異なることがわかる。

そこは韓国食材のワンダーランドだった。
P1110385[1]

調味料は現地のものが各種揃うのは勿論のこと、
魚介類(冷凍物が多いが) なども日本のスーパーとは
ラインナップが異なる。

ここで、チゲ鍋の材料を揃えていたのだが、トッポギや
キムチ鍋の素、キムチ、他に冷凍のカキや、豚肉をどんどん
買い物籠に入れていく。

女の子たちも遠慮なしに珍しいもの、どんどん入れていく。

食材も韓国語で表示されているので、何がなんだか判らない。

とにかくありったけの材料を買い込んで、
いざ航海に、いや温泉に!

東北道を走り、那須ICを降りたところから
少しずつ雪が降ってきた。

やはり天気予報の言ってた通りである。

“むら○○の一味”の車は大丈夫なんだろうか?

東京から那須まで、ほとんど渋滞もなく、約2時間半程度で
コテージに着いた。

コテージの周りには、管理人宅で飼ってる猫なのか、
わらわらとたくさん集まってきた。

人懐っこい猫たちで、人の気配で集まってくるみたいなのである。
DSC01849 - コピー
DSC01853 - コピー

雪が降ってるというのに、寒くはないんだろうか?

管理人のおかみさんに聞くと、コテージの客がえさを上げるので、
寄ってくるのだそうだ。

まずは部屋に荷物を置いた後は、コテージ併設の露天風呂の方に。

露天風呂の広さは、だいたい4~5人位がゆっくりと入れる大きさ。

ここの露天風呂は内湯からそのまま外湯の方に行けるので便利。
脱衣所はそこそこ大きくて、さすがに40人同時に入れるだけある。

そのうちMちゃんも、Rちゃんも一緒に入ってきて、
雪見風呂を楽しんだ。
DSC01879 - コピー

「寒いけど、暖かいね」

「う~ん、温泉は最高だよね!」

DSC01884

露天風呂の周りは開放的で、景色が良く見え非常に良いのだが、
逆に周囲から丸見え(^_^;)

お風呂から上がった後は、しばしリビングで談笑タイム。
DSC01861 - コピー

「そろそろ、料理の仕度、始めようか!」という
M氏の号令で食事の支度にとりかかる。

H24.12那須塩原10

材料の、もやしやニラ、白菜、豚肉、タラ、
あさりを調理場で加工する。

韓国広場で仕入れた、チゲ鍋のスープに、キムチや他の食材を
ドバドバと入れていく。

最後に、豆腐、しらたき、牡蠣やトッポギも入れ、
コチジャンで味付けして終わり。

H24.12那須塩原13

鍋が出来上がるまでの間は、韓国広場で仕入れたチヂミを
フライパンで上げ、 オードブル替わりに。

久しぶりに皆で作った『チゲ鍋』は、やっぱり美味しかった~♪

H24.12那須塩原14

H24.12那須塩原16

H24.12那須塩原18

H24.12那須塩原17

H24.12那須塩原23

H24.12那須塩原25

また、マッコリと、チゲは良く合う。

H24.12那須塩原26

H24.12那須塩原31

酒が進んで来だすと、酔っ払ってきたのかM氏がだんだんと、
饒舌になってきた(^_^;)

普段は大人しいのだが、飲むとテンションが上がりだすのが、
この人の悪い癖である。

ただし、この日は疲れていたのか、夕食が終わった頃には
ソファーの横で眠りだした。

そこでM氏が、寝ている間に、皆で再び露天風呂の方に
行くことに。

この日の参加者は常連がM氏と、風紀委員のO君だけなもんで、
湯船の中は新人歓迎会のノリである。

H24.12那須塩原8 (1)

H24.12那須塩原9

DSC01874 - コピー

H24.12那須塩原6

4~5人で一杯の露天風呂に、いきなり15人も入ったものだから、
ぎゅうぎゅう詰めの状態。

密着度が強すぎ、男のケツや足が絡んできて、
妙に気持ち悪い…(^_^;)

そのうち、人懐っこいMちゃんが、

「わたし、最近からだがこってるの…」

っと言ったものだから、さぁ大変。

周りから、肩や腰や腕を揉まれる始末。
おいおい、サービスし過ぎだろ!

DSC01876 - コピー

DSC01877 - コピー

女の子の身体には触ってはいけないっていう
サークルの掟があるためか、 風紀委員のO君が機嫌が
悪かったのは言うまでもない…(^_^;)

■アリスドリームランド「泉苑」
住所 栃木県那須郡那須町高久乙3370-363
TEL 0287-78-3514
Map http://www.alicedreamland.com/map.html
施設 1階:50帖居間、10帖和室、8帖囲炉裏間、8帖和室
(洗面所、トイレ、浴室付)、オープンキッチン(調理器具、食器類付)、
カラオケ、冷暖房器具、温泉付、大浴場・露天風呂
2階:8帖和室×3(トイレ×3・バス×1)、15帖の洋室
バーベキュー器材使用 無料 温泉内湯・露天風呂付
40名まで宿泊可

次回に続く

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す