■2015年11月度、九州縦断、秘湯・混浴ツアーレポートⅤ「田の原温泉」編

■田の原温泉とは?

地獄温泉で極楽、極楽と浸かってるうちに、もう薄ら暗くなってきた。

なんと時間はもう夕方の5時を回ってるではないか?

2日目に泊まる「田の原温泉」まで車で1時間半は掛かってしまうため、6時の夕食に間に合わない。

急いで向うことにするが、阿蘇の国道はどこも渋滞だらけ。

ようやく到着すると、もう夜の7時前になってしまった。
ryukeien[1]
田の原温泉の開湯は鎌倉時代で、筑後川の源流・田の原川沿いの温泉地。周囲には田園が広がり、初夏になるとカジカの声が聞こえ、ホタルの幻想的な乱舞が見られるとのこと。

「男はつらいよ」の第21作目、「寅次郎わが道をゆく」が田の原温泉にて撮影されている。

その田の原温泉にある「旅館 流憩園」は黒川温泉から車で約5分と言う立地にあり、リーズナブルな料金のうえ夕食は部屋食!そして貸切で利用できる露天風呂・内湯が何個もある。しかも無料で!!と言う事で今回の宿泊先に決定!!
pict-DSC_5270
到着するとワンコが出迎えてくれる。
pict-DSC_5276
ここがフロント
ryukeien_03[1]
全室和室7部屋の旅館は、すべてテラス付きの部屋。
04feb18c-dced-4384-ab78-e8a9c3171b86[1]

lKrGAJ[1]
ちょと古さは感じるけど、ちゃんと掃除も行き届いとって、トイレもウォッシュレットで綺麗な部屋である。
pict-DSC_5269
窓の外は自然が広がっている。

予定じゃぁ16時30分頃チェックインして18時の夕食まで温泉を楽しむ予定じゃったんじゃけど、チェックインが19時00分になり、温泉の前に夕食を楽しむことに。

夕食は部屋食なのだが、貸切だったため、食堂で一緒に取ることに。周りの目を気にせずゆっくり食べれて、また一品一品を様子を見ながら次から次へと順次出してくれるんで、その都度温かい料理が食べられる。
Y300493017[1]
お品書き

煮豆  八寸  サラダ  白和え

刺身こんにゃく  ごま豆腐

人参とセロリの梅酢和え

厚揚げ豆腐  きのこの養老蒸し

鮎の塩焼き  筍の煮物

椎茸のバター焼き  焼き肉

天ぷら  だんご汁

ご飯  お漬物

ごま豆腐と言い厚揚げ豆腐と言い椎茸のバター焼きと言い華やかさと言うか派手さは無いんだが、素材の味を十分に生かした料理で、一品一品が美味しゅうて、見た目以上にボリュームがあり大満足♪
pict-DSC00887
pict-DSC00893
pict-DSC00894
pict-DSC00895
pict-DSC00896
pict-DSC00886
pict-DSC00889
pict-DSC00884
pict-DSC00890
pict-DSC00891
もう腹一杯。

館内には挽きたてコーヒーが無料で飲める全自動コーヒーメーカーが備えられてる談話室?もある。
pict-DSC_5267
pict-DSC_5266
さて楽しみにしてた温泉は、このコーナーの角の扉から外に出れる。
pict-RIMG2702
下駄に履き替えて森の中に続いてるような小道を降りて行く。
pict-RIMG2703
この小道 夜になると足元の灯りがほんのりと薄暗くいい感じに。
room_image00[1]
でも一人じゃぁ ちょっと怖いかも

ここ ぜ~んぶ旅館流憩園の敷地!
pict-DSC_5279
で この手つかずの自然に包まれた広~い敷地内に男性用露天風呂1つ 貸切露天風呂3つ 貸切内湯2つが点在している。
pict-RIMG2708
pict-RIMG2705
小道を進むと分かれ道が。
img_1_m[1]
pict-DSC_5280
まずは男性用露天風呂にと、左手前に進みます。

な~んか いい感じの佇まいの小屋が。
sasa[1]

左右に露天風呂があり、男性用露天風呂「あかげら」は右側に。

全室7部屋の旅館なのに広~い開放感ある脱衣所。

お~   緑一杯に囲まれた露天風呂♪♪
109497_1[1]
pict-DSC_5239
周りは緑の木々に囲まれ、青みがかった温泉にBGMは小鳥のさえずり♪

ほんで温泉は適温で最高~♪

温泉は柔らかく、肌はつるつるに。

いやぁ ほんま気持ちえぇ♪

次に、貸切露天風呂「よだか」は左側に。

お~  青みがかった温泉じゃぁ~
rVpi3t[1]

広々とした露天風呂。これが無料で貸切!!

日帰り入浴じゃったら1人500円 お得です!

自然の緑に囲まれ、すぐ近くには川が流れとって、初夏にはホタルが舞うこともあるらしい。
pict-RIMG2680
いやぁ ほんまこのロケーションでの露天風呂は空気も美味しく気持ちえぇ~♪

さて次の露天風呂へ!

小道の分かれ道を今度は真っ直ぐ行きます。
pict-DSC_5278
ほんま 広~い敷地です。

庭じゃのぅて森です!!
pict-RIMG2715
pict-RIMG2705
大雨の日やこぅは、露天風呂に入るの大変かも・・・

手つかずの自然の中を ずずうっと歩いて行くと

これまた えぇ感じの佇まいの小屋が。
cec1f2c3[1]
左右に貸切露天風呂があり、左側に「かわせみ」右側に「めじろ」と言う名前の貸切露天風呂があります。

まずは左側の貸切露天風呂「かわせみ」に。

こちらも広々とした露天風呂。すぐ近くに川が流れせせらぎの音が心地いい♪
Y300493018[1]
新緑の緑を眺めながら せせらぎのBGM
ryukeien_25[1]
pict-RIMG2633
あ~ 気持ちえぇ~
pict-RIMG2631

露天風呂の川側にはデッキ?があり、椅子も用意されとってひと涼み

う~ん 気持ちえぇ~
pict-RIMG2639
pict-RIMG2640
デッキからの眺め。
pict-RIMG2645
こちらは貸切露天風呂「めじろ」です。
a4[1]
pict-RIMG2689
どの露天風呂も開放感あふれ広々した貸切露天風呂で、誰にも邪魔されず贅沢な時間を過ごせる。

因みに露天風呂は日の出から23時まで入浴可です。

貸切内湯は旅館のすぐ近くの場所にあり、24時間入浴可。

扉を開けるとすぐ脱衣所があり、奥に木で造られた湯船が。

露天風呂に比べたらちょっと小さめ。
t02200165_0800060011600144445[1]
貸切内湯は2つあり、もう一つは石で造られた湯船。

夕食後の混浴タイム
pict-DSC_5237
ライトアップされた木々がキレイ!
pict-DSC_5255
pict-DSC_5262
河童隊参上!
pict-DSC_5260 

朝食も同じ広間で頂きます。

夕食同様 派手さのない料理なんですが、美味しんですよぉ これがまた!
pict-RIMG2711
おかわり~ ♪

宿全体貸切りだったので、静かで、の~んびり温泉を楽しめました。
pict-RIMG2713
これから車で約5分の黒川温泉 山河旅館に向かいます。

ここ以外にも露天風呂はまだあるんじゃけど、取り合えず の~んびりタイム!!

■田の原温泉「旅館 流憩園」

住所:熊本県阿蘇郡南小国町田の原7075-1
交通:■福岡方面より福岡・太宰府IC~日田IC(50分)、日田IC~田の原温泉(50分)…1時間40分
※日田IC→国道212号線(日田-阿蘇間)杖立温泉経由→国道442号線・田の原温泉
TEL :0967-44-0671
温泉:男性露天風呂1・貸切露天風呂3・ 貸切内風呂2
日帰り入浴:8時~15時と18時~20時 500円
泉質:弱アルカリ泉
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・リウマチ・腰痛・婦人病・高血圧・慢性消化器病等
HP http://ryukeien.jp/

●次回に続く(オフ会に参加されたい方はこちらまで)
http://konyokuroten.com/

.

 

 

 

 

 

 

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!