■2015年8月度、美女と一緒にワイルド野湯体験!福島混浴ツアーレポートⅡ「水戸屋旅館編」

■2015年8月度、美女と一緒にワイルド野湯体験!福島混浴ツアーレポートⅡ

■幕川温泉「水戸屋旅館」

 福島県に土湯峠という峠がある。

磐梯吾妻スカイラインから土湯峠にかけて温泉宿が点在しており、ほとんどが日本秘湯を守る会の宿。
fukushima1_m[1]

実際この付近、秘湯を守る会ストリートと呼びたいような 温泉郷なのである。
t02200391_0480085411961975844[1]
そのもっとも奥に位置するのが幕川温泉。

先ほど堪能した「沼尻元湯」から、ここに辿り着くまでに細い曲がりくねった道を車で進むこと15分。

本当にこの先に旅館があるのだろうか?

たどり着いた先にようやく旅館が見えホッとした。

pict-RIMG0022
pict-P1050904
そういうのがむしろ、秘湯ムードを高めるんだろうな。

玄関から入るなり気さくな仲居さんが出迎えてくれた。
pict-RIMG0019
予定では17時くらいに到着の予定だったのだが、われわれが到着したのは18時半。

すでに夕食の定刻18時を過ぎていたため、浴衣に着替えもそこそこに夕食タイムへ。

まず食事が美味しかった!
お刺身は、鯉の洗い。地元の食材が中心だと思う。
pict-P1050880
まずは夕食時の乾杯!
pict-RIMG2075
pict-RIMG2080
pict-RIMG2076
pict-RIMG2078
pict-RIMG2083

pict-P1050888
朝食もなかなかのものである。
makugawa010-600x450[1]
ここの名物は2箇所の混浴露天風呂。

まずは名物の展望露天風呂へ!

ここの露天風呂。桶風呂という、大きな木をくり抜いて作られた露天風呂である。
makugawa2_004-600x400[1]

白濁した硫黄香る良い温泉。しかも、混浴。

なお、宿泊の場合は女性専用時間があるので、女性でも安心して入れる。

白濁したお湯が更に温泉ムードをかき立ててくれる。
pict-RIMG0379
pict-RIMG0389
pict-RIMG0383
湯船の横には、テーブルまで置かれている。 ここで裸のまま宴会でもするんだろうか??
20140918_954449[1] 

展望露天風呂というだけあって大きなデッキもあり、 周囲の景色が見渡せられる。
pict-RIMG0394
8月でも、この付近は寒いくらい。9月には紅葉が見られる。

圧巻の紅葉風景
makugawa001-600x450[1]
makugawa002-600x450[1]
混浴タイムの時間は、われわれだけの貸し切り状態。

そして知らずに入らない人もいる、もう1つの露天風呂

実は、この宿にはもう1つ混浴の露天風呂がある。
しかし、宿の外に出て少し歩かないといけない事と宿の方が説明しないため、知らずにそのまま入らずに帰ってしまうという残念なお風呂である。

旅館の裏側に回ると、掘っ立て小屋のような建物がある。

そこにもう1つの混浴露天風呂がある。
pict-RIMG0453
makugawa008-600x450[1]
脱衣所は1ヶ所のみ。早速入ってみると
pict-RIMG0405
pict-RIMG0404
湯船のすぐ横には小川が流れている。
pict-RIMG0431
泊りの人が少なかったのか、湯船は貸切状態。 白濁の湯が素晴らしい!
pict-RIMG0400
pict-RIMG0408
白濁した湯と適度に温い湯のせいか、何時間でも浸かっていられる。 「極楽、極楽」
pict-RIMG0410
pict-RIMG0416
渓流がすぐ横に流れているので足を浸けることもできる。 
pict-RIMG0439
なぜか、ボルトのポーズを決めるアキちゃん(笑)(おりしも世界陸上では、ボルトが100mと200m優勝!)
pict-RIMG0449
E3839CE383ABE383882-e1423927243390[1]
更に内湯にも露天風呂がついている。
4d79bf0b5d01bd86946baaab1555b3e3[1]
男女別の内湯が更にあり、そこに更に露天風呂がついてる。 宿泊すると夜中に男女のお風呂が入れ替わるので、両方入れるのである。
o0480035912192776282[1]
夜の混浴タイム(お客が少なかったのか貸切状態)
pict-RIMG2094
pict-RIMG2095
pict-RIMG2084
pict-RIMG2085
若い娘との混浴は、やっぱり癒されますネ(#^.^#)
pict-RIMG2090
pict-RIMG2092
宿の前での記念撮影
pict-RIMG0457
pict-RIMG0372
pict-RIMG2105
pict-RIMG2107 

なお、この宿、裏山に凄く綺麗な滝がある。その名も幕滝。
img_3[1]
3bf13241e107df2ae5c42d809db19d68[1]
宿から徒歩20分~30分くらいだろうか。
チェックアウトした後に是非とも立ち寄って欲しい所だと思う。
チェックアウトした後に、幕滝に行き、汗をかくから戻ってきたら、また温泉に入って下さいと言われた。

もちろん無料で入れるとのこと。こういう心遣いが良い。

落ちる水が幕のようになっている事から、幕滝と名付けられたそう。
水量が多い時期に行くと、本当に水が幕のようになっているようだ。
758[1]
lrg_10503850[1]
ハイヒールではとてもいけないところなので、 必ずスニーカーに履き替えて行くように。
IMGP0142-8[1]
行くまでの景色も綺麗である。

■幕川温泉 水戸屋旅館

住所 福島県福島市土湯温泉町字鷲倉山1-3
電話番号 0242-64-3316
日帰り入浴料 500円(10:00~15:00)
お風呂 男女別内湯 混浴露天風呂は2つ
駐車場 あり(無料)
営業期間  4月下旬~11月下旬
泉質 単純硫黄泉
効能  慢性皮膚病・慢性婦人病・切り傷・糖尿病…etc.
女性の方はバスタオル巻き:OK

・・・・・・・・・・・

次回に続く
http://konyokuroten.com/

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す