■2015年7月度、草津・万座温泉オフ会ツアーレポート.2《草津温泉編》

■草津温泉 

日本有数の草津温泉。標高1200mの高原地帯にあり、澄んだ空気と綺麗な水、そして薬効の高い湯に恵まれ湯治場としては理想的な環境になっている一大温泉郷。

尻焼温泉からは車で15分ほどで到着します。 まだ日が暮れるまで少し時間があったので湯畑までぶらり散歩。
pict-DSC00646
坂道の下の方に宿があるのですが、そこから歩いて登っていく細い道には、風情あるお土産やさんから結構おしゃれなショップまで色々ありました!

湯畑までの道のりはこんな感じ。
CA330248
img_7[1]
24f67842[1]
BwF7_kkCQAA8pXi[1]
pict-DSC00648
西の河原通り商店街を歩くと必ず受ける爆弾まんじゅう試食攻撃!どっちかというと道行く人に無理やり試食させている感がありますが・・・
2015050410040000.jpg
af8759e971a5267fbf70836a36a1e7311cb8f24f.17.2.9.2[1]
お茶も飲ませてくれるのですが、食ったからには買わなくちゃならない。
item_cha_maincut_img[1]
まねき猫もお出迎え。可愛すぎる…。
DSC_0970
お土産に湯の花を、どうぞ。
mig[1]
途中には共同浴場もありました。
94928AF882CC93922814089B790F2835C8380838A83G82AE82C182BF[1]
nikawa1[1]
chiyonoyu[1]
草津温泉には、共同浴場が18ヶ所ございます。
ただ、観光客が入湯できる共同浴場は下記の3ヶ所のみとなります。
有り難いことに全て無料でご利用できます。

「白旗の湯」 5:00~23:00
「地蔵の湯」 9:00~17:00
「千代の湯」 8:00~22:00

草津温泉はどこも酸性度が強いため、石鹸は無用です。 但し、入湯前に「かけ湯」を十分されて、素洗いをお願いします。
D1CACB17AB6544FEB1086800B97CC05F_L[1]
また、草津温泉は基本「熱いお湯」ですので「かけ湯」で十分体を温度に慣らし入湯を。

そしてしばらくいくと、もくもく立ち込める煙!

その中に湯畑があります。

こちらが湯畑を上部から見た姿。
fd1fcf98[1]
足湯もあります。ここは観光客で大混雑!
o0495032910351635362[1]
ここは湯畑のお湯が流れてくる下部。煙もくもくです。
001[1]
結構イルミネーションがあって、夕暮れの時、キレイでしたー!
IMG_8797[1]
yubatake_lightup01[1]
7[1]
ちなみに湯畑のすぐ横に、3湯のうちのひとつ、御座の湯があります。
ZLG_012gozanoyu_01__334[1]
入り口手前に、源泉が湧き出ているポイントがあって、見れるようになっていますよ。

そんなこんなで湯畑巡り、夕暮れまでの2時間くらいでしたが、とっても楽しめました。

白根神社祭礼

宿の女将に聞くと、今日は草津町の夏の2大祭りの一つ「白根神社祭り」が行われるってことで、みんなで浴衣着て見に行くことにしました。
pict-RIMG1865
pict-RIMG1847
草津の夜はとても涼しい…と聞いてましたが、浴衣一枚では少し肌寒い位の気温。

よって浴衣の上に、薄い羽織を着ていくことに。

湯畑近くの温泉街の小道は、次から次へと神輿の行列に塞がれ、なかなか湯畑に到着することができません。
mikoshi[1]
ki_061[1]
L3172350000868665[1]
見どころは、湯畑に御神輿が集結し、物凄い迫力です。
25b9510c[1]
6582f7fc[1]
うちのメンバーも神輿担ぎの人たちに捕まって、お神輿担がされていました(笑)
41fb9d5a[1]

夜の草津温泉・湯畑ライトアップは最高の浴衣デートスポット

天下の名湯!豊富で良質な湯が湧くことで有名な群馬県「草津温泉」のシンボル「湯畑」­。誰もが一度は旅行ガイドブック等で見たことがある風景が、夜はライトアップされロマ­ンティックムード満点な世界に変わります。浴衣を着て歩けば、温泉旅行気分が最高値。
pict-img_94173_3301740_0[1]
sp[1]
h6EAH3aaStLQmV87SGYGBYv6ybGu5vds[1]
pict-RIMG1855
pict-RIMG1854
カップルや、男女のグループたちが変わるがわる、ライトアップされた湯畑の前で記念撮影。

うちのメンバーも記念写真。
pict-RIMG1849
pict-RIMG1848
pict-RIMG1850
pict-RIMG1852
祭りと湯畑を堪能した後は、お楽しみの混浴タイム。

宿泊した草津温泉「旅館 美津木」の自慢は、季節の変化が感じられる4箇所のお風呂。源泉はもちろんかけ流しで、24時間いつでも入浴ができます。

レトロ風の階段を下りていくと、
pict-RIMG1812
庭園風呂があります。
pict-RIMG1809
pict-RIMG1807
また、「貸し切り札」をお風呂入り口に掛ければ全てのお風呂で貸し切り入浴が可能。客室は和室が全11室あり、すべてのお部屋に羽毛布団が用意されているのはうれしい配慮で、誰もがもう1泊したくなる、そんな”心のこりの宿”です。
pict-RIMG1811
「貸切風呂って、狭いんだよな」と心配しましたが、そこそこの広さもあり、しかも24時間入れます。
pict-RIMG1813
pict-RIMG1815
pict-RIMG1816
アヒル隊長も登場
pict-RIMG1818
光るリングを作って、輪投げ遊び
pict-RIMG1819
どこに掛けているのか?
pict-RIMG1820
pict-RIMG1822
pict-RIMG1826
ちなみに草津温泉のお湯は、どこも熱いので、こうした湯もみ棒が置いてあります。
125193226627516312903[1]
4dc306f7[1]
アキちゃんも湯もみに挑戦!
pict-DSC_3857
pict-DSC_3855
湯もみしても熱すぎて足湯が精一杯です。
pict-DSC_3869
pict-DSC_3881
最近流行の「まゆゆの全裸に見える決めポーズ」
mig[1]
うちのアキちゃんがすれば。
pict-DSC_3873
ナオちゃんがすれば。
pict-DSC_3877
安心してください、はいてません(笑)

とにかく明るいハダカです。

mig[1] (2)

部屋のカードを掛けて20分以内にはあがる様に自主管理します。

良かったのは「美月の湯」の露天風呂と「庭園露天風呂」でひっそりした草木の庭園が望めます。4つの泉質が微妙に違うのも面白いです。中でも「庭園露天風呂」は塩分が強い酸性で、○○○がピリピリっとします。

まさしく日本の温泉と言う雰囲気で、食事も美味しく十分な量でした。(この日は、すき焼きとカニ鍋のミックスコース)
pict-DSC00624
pict-DSC00623
pict-DSC00627
pict-DSC00628
pict-DSC00632
pict-DSC00634
まさにリア充ですネ!

■旅館 美津木

住所 群馬県吾妻郡草津町草津633-3
TEL     0279-88-1171
アクセス   JR吾妻線 長野原草津口駅からバスで25分/関越道渋川伊香保IC 上信越道碓井軽井沢ICから90分
泉質   酸性含硫黄-アルミニウム硫酸塩・塩化物温泉
効能   皮膚病、アトピー性皮膚炎、神経痛、関節痛、痔疾、くじき、冷え性、運動麻痺、五十肩 など
利用条件   全4つのお風呂 貸切入浴
日帰り入浴 不可
HP http://www.miduki.co.jp/

次回に続く

■混浴オフ会に参加されたい方は、
http://konyokuroten.com/

 

 

 

 

 

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す