■2015年5月度、奥飛騨・白骨温泉ツアーレポートⅠ「白骨温泉編」

  ■2015年5月度、奥飛騨・白骨温泉ツアーレポート
「白骨温泉編」


いよいよ、やって
来ましたゴールデンウィーク。

なちゅらるGW奥飛騨温泉ツアーも、もう定番化し、

今年で19年目。 

今年のGWは5連休ということもあり予約が取れるか
心配だったのだが、半年前に貸切りで予約していたため
,
無事にGWの宿泊予約が取れた。 

今回の参加者は、総勢40名あまり。

なぜか奥飛騨は立地的にも、関東・関西・東海地区から
行きやすい場所に位置するためか、
常連さんが一堂に会し盛り上がりやすい。 

盛り上がりやすいということは、
明け方までワイワイ騒いでいることが多く、
そのため宿を貸切りにでもしない限りは、
ほかのお客さんに、はなはだ迷惑なのである。 

GWゆえに高速道路、幹線道路の渋滞が予測されるため、
ほとんどのメンバーは前夜からの出発。 

よって明け方近くには、奥飛騨方面に到着しているため、
丸一日、付近の秘湯や露天風呂三昧が楽しめるのである。

朝食をとったあとは、白骨温泉に。

10時に 「泡の湯旅館」駐車場に集合。

うちのメンバーも30人位は集まっていたのだが、
それにもまして外来入浴用の玄関前には
入館待ちの列が30人ほど。

恐るべしGW!
m_IMG_1688-28973[1]

泡の湯旅館 混浴大露天風呂
img_378003_59710749_1[1]

泡の湯は、もう一杯なので、われわれ温泉レポート撮影班は、
白樺に囲まれ山荘風の旅館「小梨の湯 笹屋」に訪れることに。

白骨温泉の中では比較的新しい「笹屋」
新世代のお洒落で綺麗なお宿。

「泡の湯旅館」からは、歩いて5分の所に位置する。
一見山荘風のお宿は山に囲まれたこの地に溶け込んでいる。

m_E5B08FE6A2A8E381AEE6B9AFE38080E7ACB9E5B18B[1]

pict-RIMG1449

日本秘湯を守る会の宿でもある。

秘湯レポーターの望ちゃん。
pict-RIMG1451
同じく、アキちゃん。
pict-RIMG1450
玄関入り口
318[1]

玄関より入ると従業員の方に裏口へどうぞと言われ裏へ。
日帰り温泉用の入り口となっている。

その日帰り用の入り口前には貸切露天風呂への入り口も。

貸切露天が空いているかどうかの表示板もある。
354[1]
先にカップルの先客があったので、
われわれは待合室でお茶を飲みながら一服
pict-RIMG1447
冬には薪ストーブも焚いている
pict-RIMG1446
料金を支払い早速、貸切露天へ。
貸切露天風呂は、別棟になっている。
pict-DSC00258

貸切露天までの通路も雰囲気よく作られ、
和を基調に静寂間のある空間が作られている。
bd110179bd7d56dbe5c6b2d73d826b82[1]

階段を登り目に飛び込んできたのは、小さく美しい露天風呂。

白い分厚い析出物で固められた贅沢な貸切露天風呂である。
2~3人で丁度良い小さな露天風呂は白樺の木が望める。
湯はやわらかい硫黄の良い香りがする湯。
pict-DSC00256
露天風呂の横に脱衣所がある。
pict-DSC00257

白い析出物が湯船は分厚く付着し、湯の青さがとても綺麗。
1組30分とかなり時間が短いがこの後内湯へ入れば問題なし。
薄水色の硫黄泉が、なみなみと掛け流しになっている。
pict-DSC_3438

「まだ雪が残っているんだ」
pict-DSC_3479

「ほんと、お湯が真っ白いんだね!」
pict-DSC_3478
美人秘湯レポーターに囲まれ
こりゃ~最高級。

入ると適温で天国にも昇るいい気持ち♥♥
pict-DSC_3488
「囲いなんてないから周りが絶景ですョ~」
pict-DSC_3454
「白樺の木に囲まれ癒される温泉です!」
pict-DSC_3468
ちょうど季節も良いためか、望ちゃんも裸で日向ぼっこ(^-^;
pict-DSC_3465
春を感じながら、最高級硫黄泉を存分に楽しめます。

実にここの温泉、女性やカップル連れに
喜ばれる旅館ではないだろうか。

今回は日帰り入浴で訪れたが
いつか宿泊してみたいと思う宿である。

ちなみに写真だけ撮るつもりで覗いた内湯。
あまりのすばらしさに思わず入浴する事にした。

窓が全開に開き、半露天風呂状態、
四角い湯船は析出物で真っ白になり淵は波打っている。

そこにその上青みがかった湯ときたら、
もう入るしかないでしょう。

湯も貸切露天と同じくやさしい最高な湯。

ここ、笹屋は貸切露天風呂だけでもいいが、
なんといっても内湯が最高。
源泉投入量はそこそこで熱交換はしているが
とても気に入った湯だった。

特に雰囲気と白い析出物、青い湯が印象的です。
5d4e4dcf19ded33951efdf99cfbaf315[1]
ef505a3a1588150f80ee6697b45cd5dc[1]

■小梨の湯 笹屋

●所在地 長野県南安曇郡安曇村白骨温泉
●電話 TEL.0263-93-2132
●交通 長野自動車道松本ICより国道158号線
県道白骨温泉線約40キロ約60分
●風呂 男女別内湯各1、貸切専用露天風呂1
●日帰り入浴時間 11:00~14:30   1人600円利用
●泉質 カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩温泉(中性低張性低温泉)
●効能 慢性消化器病・冷え性・疲労回復・慢性皮膚病・神経痛・きりきず・
筋肉痛・運動麻痺・病後回復期・慢性婦人病
URL  http://www.shirahone.org/sasaya/index.html

次回に続く

■混浴オフ会に参加されたい方は、
http://konyokuroten.com/

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す