■2015年3月度、那須・塩原温泉ツアーレポートⅡ「那須温泉」編

■2015年3月度、那須・塩原温泉ツアーレポートⅡ「那須温泉」編


■那須温泉「
ガストホフ那須花」

那須ICより車で5キロ10分、閑静な立地、那須岳一望の平屋建て洋館。

そこに、われわれが泊まる今回の宿がある。

通常「なちゅらる」では、どちらかというと
古ぼけたいかにも「日本の秘湯を守る会」的な
お宿に泊まるのが通例なのだが、今回は勝手が違う。

「トレビアン!」

S君のリムジンワゴン車を降りたとたん、アキちゃんは思わず声を上げた。

洋風のステキな一軒家という佇まいで、外国のかたのおうちへお邪魔したような
雰囲気のたたずまい。 …

pict-RIMG1201
e0022455_8322589[1]
pict-RIMG1204

お部屋は和洋室(ファミリー・グループ)ツイン、ダブルとそれぞれに部屋があり、
これだけなら普通のペンションと変わりはないのだが、
QXM5cS[1]
ここのお宿の魅力は何と言っても6種類からなる無料の貸切露天風呂。
しかも24時間休みなく稼働。

これだけのサービスを無料で展開しているお宿はなかなか見当たらないと思う。

お洒落な外観をしたペンションではあるが、
カップルにとっては、まさに最適なホテルかもしれない。

内湯と露天風呂は8~10人は入れる広さがあり、24時間自由に無料で貸切できる。

「紫式部の湯」
T4duCy[1]

もちろん、貸切温泉である。6風呂、4か所。それも露天風呂。

さて小生の部屋はというと、何とダブルルーム。
しかもTKさんとの相部屋なのである。

ダブルルームとは、ダブルベッドの部屋であり、
6畳ほどの狭い空間に大きなベッドが一つ。

木製の長方形のテーブルにスツール。それだけだ。
Y326937286[1]
もちろんカップル用に作られた部屋なので、プライベート感はムンムン。

夜な夜なその部屋ではカップルたちがナニかしてるんだろうな?

しかしながら、この部屋に男二人で寝るとは…。

ちなみにTKさんは、身長180㎝のBIGサイズ。
小生も身長178㎝あるからにして、LLサイズの男が二人
寄り添って寝るなんて考えられない。

フロントに行き、部屋を変えて欲しいというと、

「あいにく当館は、全て満室です」

と愛想ない返事。

仕方がない。こっちが先に寝るだろうし、
まぁ先にベッドを占領してたら、さすがに布団の中に入りにくいと
思うだろうから、別の部屋で寝るに違いない。

とにかく男同士で寄り添って寝ることだけは、なんとしても避けねばならないのである
さて部屋から出ると、アキちゃんと、ナオちゃんが今から風呂に入るのだという。

「一緒に入らない…♥」

さっきの大出館では、まともに女の子と入ってなかったもので、
彼女たちの方から誘われると、さすがにウレシイ。

さっそく空いている「紫式部の湯」に入ることにしたのだが、
なんと、さっきの「8.2秒バズーカ―」が先客で入ってた…。
pict-RIMG1175
「お嬢さんレッスンこんかつしませんか?」
pict-RIMG1155

「しない、しない」

「ガン見しないから、一緒に入ってもいいですか」

「ていうか、もう入ってるし、なぜかサングラス…」

という訳で、グラサンを外した二人はその後
仲良くこ・ん・か・つすることになりました。

pict-RIMG1180

ちなみに、夕食までまだ時間があるからということで、
女の子からのリクエストで裸芸を披露する彼ら。

「とにかく明るい安村編」
pict-RIMG1190
pict-RIMG1193

流行りネタは何でもパクる。

知らない人たちのために、オリジナルはこう。
https://www.youtube.com/watch?v=9gzxTXAPJlI
https://www.youtube.com/watch?v=UJZBRNsDydY

ちなみにアキちゃんもパクる。

全裸っぽく決めポーズ
pict-RIMG1186
ていうか、全裸なんですが…(;´Д`)

ついでに、クマムシ風に。

「あったかいんだから~♪」
pict-RIMG1115

さて、身体も温まったというところでディナータイムに突入。

他のお客さんもいるために、挨拶は抜きにしてテーブルごとに乾杯。
皆で
「トレビアーン」
pict-RIMG1090

ワイングラスを持つとなぜか口走ってしまうこのフレーズ。

オーナーがフランス仕込みの腕で作ったというコース料理の数々。
pict-RIMG1080
メインは国産牛のヒレステーキ。
3078_meal[1]
デザートもオリジナルで手が込んでいる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「おおっ、うまい。これはうまい!」

那須のペンションで、これだけの料理を出すところもそうはない。
pict-RIMG1083
pict-RIMG1084
pict-RIMG1087
どういうわけか、浴衣とフランス料理との不思議な違和感(^-^;
pict-RIMG1094
pict-RIMG1093

夕食タイムの後は混浴タイムに突入!
pict-DSC_1293

貸切で入るジャグジーと虹色風呂】ジャグジーと虹色に輝くお風呂
ADmSUf[1]

小野小町の湯です。ライトアップが美しい!
oWW00x[1]

他に、楊貴妃、クレオパトラの湯があり、
こちらは2つずつ特長のあるお風呂があります。

Y326937186[1]

24時間使える貸切露天風呂が数か所あるため
深夜2時くらいまで、何度でも入り続けれるため
メンバーさんも女性陣もヘトヘト。

pict-RIMG1102
pict-DSC01048

どちらかというと新人メンバーが長風呂しており、
常連陣は早めに切り上げ部屋で男同士でトランプ
でもするしかなかった…(^-^;

小生もすることないので、早めに寝たかったのだが、
例のダブルルーム。

東京から来たNちゃんがアロマセラピストの免許持ってるってことで、
急きょマッサージルームにしたおかげで、これまた男性陣の順番待ちの状態。

ようやくマッサージが終わり、小生が寝床に着いたのが深夜2時頃。

あー、やっと枕に顔を埋めることができる。

ほのかにアロマの匂いと女の香りがする。
ここで、Nちゃんがマッサージしてたんだろうな。

そういうことを考えてるうちに、だんだんと眠たくなって
まどろみの中で夢を見た。

「ねぇ、只野さん」
「はい、何でしょうか?」
「あたし、彼のことは忘れる」
「ああ、それはいい。いやっ、それはよくない!俺には妻がいる」
「ううん、奥さんがいる男性でもいい…。不倫でもいいの」

俺は、せまいベッドの中でアキを抱いている。成り行き上、仕方がない。

「そりゃそうだ。俺もお前のことが好きだ。だったらひとつの愛を貫きたまえ」
「うん。そうする…♥」

ふと目を覚ましたら、すね毛も股毛も逆立った。

なんと枕を抱いていたつもりが、T氏の背中だったのだ

お後がよろしいようで。

■ガストホフ 那須花(なすか)
●住所: 栃木県那須郡那須町高久乙3442
●客室数:13室
●施設形態:ペンション
●チェックイン 15:00~17:30/チェックアウト 10:00
●泉質: 単純温泉 アルカリ単純泉 麦飯石人工温泉
●効能: 関節痛 五十肩 慢性消化器病
●サイトです。 http://www.e-nasuka.com/

・・・・・・・・・・・

 

次回に続く
http://konyokuroten.com/

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す