■2015年2月度、福井・芦原温泉、越前ガニツアーレポート

 

■2015年2月度、福井・芦原温泉越前ガニツアーレポート

毎年恒例の越前ガニツアー。

今年も、昨年に引き続き福井・あわら温泉にて開催です。

参加人数は14名。男性10名に女性4名の割合。
女性比率が高いのは、やはりカニのせいか?

集まったメンバーは、全国津々浦々から。

とにかく真冬の北陸は雪に覆われるため、
マイカーではリスクが伴うからと、電車で行く方が無難かと思うのだが、
とにかく大阪駅から徳島のNさんを拾い、途中で滋賀のTちゃん、
米原駅で 愛知のAちゃんを拾って、いざ福井最大の湯処、芦原温泉へ。

今回初参加の愛知から来たAちゃん。
単独参加の20代前半の美人さん。

インターネットで「混浴」のキーワードで、ここのサークルを知ったそう。

初めての参加で「もう、ドキドキですゥ!!」とのこと。

初めての人って、なかなか緊張して打ち解けるまで時間が掛かるのですが、
なちゅらるの場合、常連の男性陣や、リピーターの女の子たちが
上手くフォローしてくれるので、初参加の女性の多くはリピーターになっていく。

ほかに東京から、某大手プロバイダーのSEのT氏(20代)も初参加。

仕事が忙しすぎて、温泉に行く暇も、彼女作る暇もないとのこと。

混浴はゲームやドラマの仮想世界でしか想像できなかったので、
現実では起こりえないことと思ってたとのこと。

よって今までも騙されそうな予感がし、参加を躊躇していたらしく、
やっと今回、勇気を出して参加したそうである。

さて北陸自動車道の米原料金所を超えたあたりからは、一面銀世界。

特に敦賀付近は名うての豪雪地帯で、ついこの間も大雪で
車が80台ほど立ち往生したという大変な難所地帯なのである。

この日は運よく晴天だったため、金津ICまでは無事に走らすことが出来た。
(愛車のハスラー4WDの雪道踏破力が発揮できなかったのは残念)

冬の伊吹山もはっきり見えた
o0700046910962128147[1]

おかげで道はスイスイとチェーン規制も無く、
あわら温泉「政竜閣」に無事に到着。

ここで女の子たちは、オリジナルの色浴衣に着替え、 各部屋にて休憩。
pict-RIMG0876

われわれも、まずは一汗流すことに。

ここの旅館の名物は、一度に百名入浴可能な大巨石風呂。
岩石総重量数百トン。さながら渓谷に湯浴みする気分に浸れる。

pict-DSC01330

露天風呂も内湯の外にあるのだが、寒くて入っていられない。

湯船から出た後は部屋に戻ってゆっくりとマッサージ機で
マッサージに浸りながらウトウトしているうちに、 夕食の時間になった。

カニの季節です

冬といえばやっぱりカニ!

ついに今年もやってきました。

pict-DSC01332

pict-RIMG0806

カニの宴会はとにかく無言で、皆もくもくとカニの身をほじっている。
pict-RIMG0808
カニの刺身に、茹でガニ、焼きガニ、カニ丸ごと一匹、そして天ぷら
とこれでもかというほど、カニのオンパレード。

ほとんど酒も飲まず、ひたすらカニを食うメンバーたち。
女子もせっかく色浴衣に着替えているものも、カニを食べるのに必死の様子。
pict-RIMG0803
pict-DSC00005

宴も進むうちに、愛知のAちゃんが、
「お酒なんて、全然だめですゥ~!」
という割には、日本酒だったら飲めるとのこと。

美人と熱燗をさしすさされつ、次第に彼女も顔がピンクに染まりほろ酔い気分に。

「混浴するのは初めてなの」
「昔、つきあってた彼氏と貸切風呂で混浴したことはあるけど、知らない人と混浴するのは初めて。
だから、どんな所なんだろうって好奇心の方があって参加したの」

彼女、今は独り身なので、色んなこと体験してみたいってこと。

そうだよなぁ、ふつう彼氏いりゃ、こんなところには来ないんだろうなぁ…。

まぁ、ここのオフ。嫁というものがおりながら混浴したいっていうエロ親父よりは、
独身の男女が大半を占めるので、ここで婚活いや混活しながらカップルになる率も非常に高いのである。
(実際、主催者の小生も、ここで嫁さんを見つけたほど)

それと変な下心を持って参加すると、参加している女性に見透かされるので、
混浴という特殊な環境においても、紳士的に行動しないと女性陣から嫌われてしまう。

ここでモテる秘訣とは、いかに女性と上手くコミュニケーションしていくかであって、
混浴している時だからこそ、やたら女性をガン見したり、近づいてきたり、
口説いたり、触ったりするようなものなら、すぐにイエローカードもしくは
レッドカードが渡され、屈強な退場マンの手で、湯船から退場させられてしまうのである(笑)

totsuzen-gabacho-taijoman[1]

女性比率が高いので、ラブラブモード!!
pict-DSC00016
pict-RIMG0811
pict-RIMG0815
pict-RIMG0818
pict-DSC00019

カニをたらふく食った後は、お約束の混浴タイム。

貸切の家族風呂(ここもかなり広い)
pict-RIMG0821
pict-DSC00028
pict-RIMG0824
pict-RIMG0825

さて毎年このツアーの目玉は、カニや混浴以外に、
温泉につきものの卓球。

我々の部屋は、露天風呂付き、卓球台付きの豪華客室。

ここでは人目を気にする事なく、 毎年脱衣卓球選手権が繰り広げられるのである。

昨年はシングル対決で勝負が長引いたため、今回は男女ペアのダブルス対決。

10ポイント先に取った方が勝ちで、負ければ一枚ずつ
身ににつけているものを脱いでいかなくてはならないという
まさに恐怖の罰ゲームなのである(笑)

しかも混合ダブルスなので、勝負が早い。
pict-RIMG0841
pict-RIMG0833

昨年、卓球女王に輝いた温水アキちゃん。
pict-DSC_1571
新人のAちゃんも強い強い!
pict-RIMG0843

男は浴衣の下はパンツ一丁。
2回負ければ全裸です(^-^;
pict-RIMG0847
pict-RIMG0859
pict-RIMG0862
pict-RIMG0869
pict-RIMG0871
女の子も脱ぐものがなくなれば、タオルを巻いて再チャレンジ!
但しスマッシュを打つとポロリのハプニングも!

pict-RIMG0873
卓球で汗を流した後は、部屋付の露天風呂に入れるのもウレシイ。

pict-DSC_1576
pict-DSC_0021

この後はお楽しみの2次会。
ここで女の子からバレンタインデーのプレゼントが!!
pict-RIMG0828
pict-RIMG0831 

翌朝の記念撮影
pict-RIMG0883

■あわら温泉「政竜閣」

福井県あわら市西温泉1-102
えちぜん鉄道芦原湯の町駅随時送迎/
JR芦原温泉駅よりバス13分芦原湯の町駅下車/
北陸道 金津ICより約13分/芝政約8分

[種類] 温泉 大浴場 露天風呂 サウナ 家族風呂 岩盤浴
[泉質] アルカリ性低張性鉱泉
[効能] 温熱効果 疲労回復

次に、あわら温泉から車で2時間余りの所にある
滋賀「長浜太閤温泉」に立ち寄り湯に行くことに。

ここの貸切露天風呂。

琵琶湖を一望できて素晴らしいのですが、
琵琶湖の周回道路を走る道路からや、向かいの公園から

何と丸見え!!
pict-DSC_1667

さすがは、「なちゅらる」メンバー。
前から走ってくる車に全裸で手を振っていました(#^.^#)
(たぶん運転手はまともに前を見ていないと思うが…)

pict-DSC_3413

pict-RIMG0884
pict-RIMG0890
pict-RIMG0897
外湯と内湯の両方が貸し切ることが可能。
pict-RIMG0893
なぜか湯船には望遠鏡が…??
(逆覗きか?誰を覗くのでしょう…)
pict-DSC_1672
裸で望遠鏡覗いていると妙に色っぽい(^^;)
pict-RIMG0914
pict-RIMG0917

ここの温泉。湧出時は澄んでいますが、空気に触れると次第に酸化し
錆色の濁った色となります。鉄分を多く含んだ炭酸総鉄イオン泉で、
芯から温まるため冬場でも湯冷めしにくいのがこの温泉の特徴です。

長浜太閤温泉の由来は、豊臣秀吉公が羽柴筑前守と称し
今浜(長浜)に居城した時、秀吉公にとって初めての男子が出生しました。
そのため、この長浜城跡から湧き出た温泉は、子授けの霊験があると伝わり、
この温泉に入ると子宝に恵まれるとして親しまれています。
pict-DSC00045
美女に囲まれ混浴とは、最高のバレンタイン気分です♥♥
pict-RIMG0905

pict-RIMG0928

また長浜は、その季節季節に楽しめる味覚が溢れています。
ここでしか味わえない一品を堪能しました(*^▽^*)

pict-RIMG0900
pict-RIMG0902
pict-RIMG0952

■長浜太閤温泉「浜湖月」

滋賀県長浜市公園町4-25
JR長浜駅より徒歩で約5分
●大浴場・露天風呂入浴可能時間11:00~14:30
●貸切風呂利用可能時間 11:00~15:00
●温泉の泉質 炭酸総鉄イオン泉
●温泉の主な適応症 貧血症、更年期障害、神経痛、
リューマチ、冷え性、不妊症
●露天風呂 有り

次回に続く

・「なちゅらる」混浴オフ会に参加されたい場合は、
http://konyokuroten.com
よりエントリー可能です!

・OKBが行く!ミス秘湯の旅レポート
http://konyokuroten.com/?page_id=4155
※動画視聴会員募集中!

 

秘湯女子図鑑

温泉紹介デジタルPHOTO・映像コンテンツ「秘湯女子図鑑」 2016年2月より配信中!

コメントを残す